高校受験ナビ
桐蔭学園高等学校 - 神奈川県横浜市青葉区[ 学校公式サイト ] 
トップイメージ

教育方針イメージ

学校長 榊原 滋

[学校のあり方]
「真のエリート」を目指して

経済力や社会的地位の高さだけがエリートの条件ではありません。世のため人のためという「志」「気概」をもち、とらわれない広い視野でものごとを判断できる人間こそが「真のエリート」です。

そして、エリートとは文武芸の三分野をバランスよく持った人間のことであり、教育とはそれを身につけさせることだと考えています。

教育目標 「真のエリート」の育成

必要な要素(桐蔭学園の文武芸)

文 ・・・ 知性・学力

武 ・・・ 社会性・行動力

芸 ・・・ 感性・創造力

桐蔭学園の教育

大規模校のメリットを生かして

緑あふれる40万屬旅大な敷地に、種々の施設や校舎群が点在する大規模校です。桐蔭学園は大規模校にしかできない教育を実践しています。

こんな教育に力をいれています

○能力別授業

本校の能力別(習熟度別)授業の特徴は、科目ごとに行われている点にあります。英語は得意だが、数学は不得意という生徒は、英語は上位のクラスでスピーディーで難度の高い授業を受け、不得意な数学は下位のクラスで基礎からていねいな授業が受けられます。

また、内部進学生(内進生)と高校からの入学者(外進生)は科目によって、内外混合もしくは別授業となります。

*現代文や地歴・公民および情報・家庭科・芸術・体育は、科目の性質上、能力別は実施していません(ホームルームクラスで授業)。

内進生と外進生の授業クラス

○学業(文)と部活動(武)との両立

本校の授業は、大学入試問題の内容を考慮にいれて組み立てられています。したがって、放課後に塾や予備校に通う必要はありません。部活動をしながら大学受験の準備ができます。生徒には部活動への参加を勧めています。男子部・女子部ともに多くの部活があり、全国大会レベルの部活もたくさんあります。

男子部:運動部22、文化部19

ラグビー部 吹奏楽部

女子部:運動部19、文化部23

弦楽部

○情操教育(芸)

芸術鑑賞を通し、何かに感動する経験をあたえたい。本校には芸術鑑賞の場が身近にあります

鵜川メモリアルホールとメモリアルアカデミウムです。
鵜川メモリアルホールでは、音楽・演劇・古典芸能・映画等の催しが定期的に行われ、生徒は放課後に鑑賞します。

また、メモリアルアカデミウムでは、絵画展や写真展が開催され、生徒は自由に鑑賞できます。

鵜川メモリアルホール

ホール音楽 ホール古典

本校の特長はここ

特殊な男女別学

男子・女子それぞれの良さを伸ばすため、高1・2のときは、授業も部活も行事もすべて男女別ですが、高3になると大学受験のための授業クラス編成を優先して、授業だけが男女合同となります。

男女別学

理数科と普通科(女子は理数コースと普通コース)

理数科(理数コース)・・・ 難関国公立大学(文系・理系)および国公立医歯薬系学部の合格を目指したカリキュラム
普通科(普通コース)・・・ 国公立大学と主要私立大学の合格を目指したカリキュラム

普通科(普通コース)が標準です。理数科(理数コース)は、数学と課題研究に重点をおいた難関国公立大と国公立医歯薬系学部の受験に特化したコースです。

3年間の流れ

<大学受験に対応した3 年間のカリキュラム>

普通科(普通コース)は、高2のときに特別文系(英語・国語・地歴を中心とした私立文系に特化したカリキュラム)があること、高3のときに国公立理系・文系、私立理系・文系の4つに分かれるのが理数科(理数コース)との違いです。

学園第1図書館(勉強場所の提供)

桐蔭学園には、各校舎にある図書室とは別に、年中無休で朝9時〜夜9時まで開いている図書館があります。

これが、学園第1図書館(大学図書館)です。主に高3生が受験勉強の場所として利用していますが、部活が終わってから、ここで9時まで勉強していく生徒も大勢います。

学園第1図書館

行事情報をみる