希望ヶ丘高校(神奈川県)の公式サイト内のPDFをテキストに変換して表示しています。

このコンテンツは、受験生と保護者の皆様の利便をはかるため取得されました。
取得日:2019年12月10日[更新]

最新コンテンツは、下記の公式サイトURLにて、ご確認ください。
志望校の選定など重要な判断の際には、必ず最新の情報をご確認ください。
https://kibogaoka-h.pen-kanagawa.ed.jp/teijisei/pdf/h30gakkouhyouka/H30gakkoumokuhyousettei.pdf

検索ワード:生徒数[ 0 ]
分割ワード:生徒[  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  ]
分割ワード:数[  1  ]
[検索結果に戻る]
 
 (第2号様式)(用紙日本工業規格A3横長型)
    神奈川県教育委員会教育長 殿
                                                                                                                                                                                提出日:平成 30 年4月 27 日
                                                                                                                                                                    学校名:県立希望ケ丘高等学校(定時制)
 
                                                                        平成 30 年度         学校評価報告書(目標設定・実施結果)
                      4年間の目標                                      取 組 の 内 容                               校   内 評 価             学校関係者評価                 総合評価( 月 日実施)
             視点                            1年間の目標
                     (平成 28 年度策定)                        具体的な方策            評価の観点       達成状況          課題・改善方策等   (   月   日実施)        成果と課題            改善方策等
                     1生徒1の実情や          2定期試験の共   2定期テストやワークシ     2定期試験・授業プ
                      ニーズを踏ま           通化を進め、    ートの共通化を、各教      リント等の共通化
                      えた多様な学           授業で使用す    科で検討する。            を図ることができ
                      習機会の整備           るワークシー   2生徒2が基礎的な学力を      たか。教科会等を
                      を図る。               ト等について    身につけられるよう、      定期的に実施し効
                     2生徒3の学習意           も情報共有を    効果的な指導方法につ      果的な指導法の開
                      欲を向上さ             進める。        いて、各教科で検討        発に取り組むこと
                      せ、基礎的・          2生徒4が基礎的    し、進学を目指す生徒5      ができたか。
                      基本的な知識           な学力を身に    の学力向上方法につい     31学年の総合的な
                      の習得とそれ           つけられるよ    ても検討する。            学習や9分総合の
                      らを活用する           う指導すると   31学年の総合的な学習      時間の計画を見直
      教育課程        力を育む取組           共に、進学を    の時間や9分総合につ      し、具体的な改善
 1                   を充実させ             目指す生徒6の    いて、より効果の上が      案を作ることがで
      学習指導        る。                   学力向上方法    る方法を、学習支援G      きたか。
                     3総合的な学習           についても検    を中心に全職員で検討     32年生以降の 10
                      の時間を充実           討し共有す      する。                    分ホームルームを
                      させ、基礎学           る。           31年生の9分総合の内      効果的に運用する
                      力の充実、キ          31学年の総合    容を充実させる。ま        ことができたか。
                      ャリア支援を           的な学習の時    た、2年生以降の 10 分
                      図る。                 間や9分総合    ホームルームでの取組
                                             の実施方法・    みを検討する。
                                             内容等につい
                                             て、総合的に
                                             検討する。
 
                     1生徒7一人ひと          1生徒8一人ひと   1SCやSSWとの連携     1計画的にSCやS
                      りの抱える課           りが抱える困    において、迅速な連携      SWとの連携を行
                      題を踏まえた           り感やニーズ    の在り方を検討し、学      い、ケース会議や
                      きめ細かな生           について全職    年会での情報共有やケ      研修会等を実施
                      活指導と相談           員が共通した    ース会議の結果を、実      し、生徒9一人ひと
                      体制を充実さ           理解をもっ      際の指導に迅速かつ継      りが抱える課題を
                      せる。                 て、課題解決    続的に反映させる。        共有しつつ、課題
                     2部活動を充実           に向けて組織   2部活動への参加の呼び      解決に向けて迅速
                      させ、生徒10が           的支援・指導    かけを、生徒支援Gを      かつ組織的に対応
      生徒指導・支    有能感を感じ           を行う。        中心に全職員で取り組      することができた
 2                   られる取組を          2生徒が有能感    む。                      か。
        援            進める。               を感じられる                             2部活動を通して、
                                             よう、部活動                              生徒が有能感をも
                                             週間等を充実                              つことができた
                                             させる。                                  か。
                     生徒一人ひとり   生徒のキャリア   生徒のキャリア意識を一   生徒のキャリア意識
                     の自己実現を目   意識を高めるた   層高め、進路決定者が増   を高めることで、進
                     指した体系的な   め、4年間を見   加するよう、各学年で進   路決定に対する意識
                     キャリア教育を   通した組織的な   路指導の方法を工夫し、   を高め、進路を実現
      進路指導・支   推進する。       進路指導・教科   ガイダンス、説明会、面   する卒業生の1が増
 3
        援                            指導を行い、進   談等を効果的に実施す     加したか。
                                      路決定、進級・   る。
                                      卒業につながる
                                      教育活動を推進
                                      する。
                     保護者や地域に   保護者や地域住   地域との連携をより深     地域貢献活動 ・ P
                     信頼される学校   民等と協働・連   め、保護者との連絡も密   TA活動への 参加
                     を目標として、   携した教育活動   にし、学年のみでなく学   意識を高める こと
                     学校行事や地域   を展開し、ホー   校全体で情報を共有し、   ができ、参加 者を
                     貢献活動を通し   ムページや学校   開かれた学校作りを推進   増やすことが でき
      地域等との協   た開かれた学校   説明会等により   する。                   たか。
 4
       働            作りを推進す     広報活動を積極                            学校説明会や ホー
                     る。             的に展開する。                            ムページ等の 活用
                                                                                により、広報 活動
                                                                                や情報発信を 推進
                                                                                することがで きた
                                                                                か。
                     1生徒にとって    1 生徒の交通安   1 交通安全や防災、防     1 交通安全・防
                      安全・安心な      全・防災・食     犯等について関係機       災・防犯に関す
                      学校づくりに      生活に関する     関と日ごろから連携       る生徒の意識を
                      取り組む。        意識を向上さ     し、講演会、講習         向上させるた
                     2教職員が事        せる。           会、訓練等を実施し       め、説明会、講
                      故・不祥事防    2 不祥事防止に     て、より安全・安心       習会、訓練等を
                      止に努める。      教職員が主体     な学校作りを行う。       実施することが
      学校管理                          的に取り組     2 定期テストの共通         できたか。
 5                                     む。             化、指導情報の共有     2 定期テストの共
      学校運営                                           化等で職員個人によ       通化等によりミ
                                                         るミスを無くし、事       スや事故を起こ
                                                         故を未然に防ぐ。         し難い職場環境
                                                       2 事故防止会議への教       を作ることがで
                                                         職員の主体的取り組       きたか。
                                                         みを推進する。         2 事故防止会議を
                                                                                    毎月開催するこ
                                                                                    とができたか。