希望ヶ丘高校(神奈川県)の公式サイト内のPDFをテキストに変換して表示しています。

このコンテンツは、受験生と保護者の皆様の利便をはかるため取得されました。
取得日:2019年12月10日[更新]

最新コンテンツは、下記の公式サイトURLにて、ご確認ください。
志望校の選定など重要な判断の際には、必ず最新の情報をご確認ください。
https://kibogaoka-h.pen-kanagawa.ed.jp/teijisei/pdf/h29gakkouhyouka/H29gakkoumokuhyoukekka.pdf

検索ワード:説明会[  1   2   3   4   5  ]
[検索結果に戻る]
 
 (第2号様式)(用紙日本工業規格A3横長型)
    神奈川県教育委員会教育長 殿
                                                                                                                                                                                       提出日:平成 30 年4月 10 日
                                                                                                                                                                           学校名:県立希望ケ丘高等学校(定時制)
 
                                                                       平成 29 年度        学校評価報告書(目標設定・実施結果)
                      4年間の目標                                     取 組 の 内 容                                 校   内 評 価                 学校関係者評価                 総合評価( 3月 30 日実施)
             視点                            1年間の目標
                     (平成 28 年度策定)                        具体的な方策          評価の観点          達成状況           課題・改善方策等     (   3月 16 日実施)        成果と課題             改善方策等
                     1生徒の実情や          1異校種間連携   1定通併修の連携を具体   1定通併修による連   1定通併修による     1定通併修科目の導入   1定通併修等で生徒の      1定通併修による連携   2定期試験の共通化を
                      ニーズを踏ま           の取り組みを    化し、生徒の柔軟な学    携や、教育課程の    連携や、教育課      を行う。              学習の場やチャンス       の準備が進み、新た    進め、授業で使用す
                      えた多様な学           進め、柔軟な    びができる教育課程の    構築を図ることが    程の構築を図り     2まだ定期試験共通化    を増やすことはよい       な教育課程を作成す    るワークシート等に
                      習機会の整備           教育課程の運    検討を進める。          できたか。          新たな教育課程      を導入できていない    ことであり、評価で       ることができたので    ついても情報共有す
                      を図る。               用を図る。     2教科担当者間の情報交   2定期試験の共通化    を作成した。        科目について、一部    きる。                   実施する。            ると共に、共通試験
                     2生徒の学習意          2生徒の能力や    換を活発化し、定期試    を図ることができ   2年間を通して、      共通化などを推進し   2基本から学ぶことが      2定期試験の共通化が    対策プリントなどの
                      欲を向上さ             適性に応じた    験問題の共通化、効果    たか。効果的な指    定期試験の共通      すべての科目での共    でき、基礎力をつけ       進んでいるので、生    作成も検討する。
                      せ、基礎的・           授業方法や教    的な指導法の開発に取    導法の開発に取り    化がほとんどの      通化を目指す。        るような分かりやす       徒の学習状況の課題   2生徒が基礎的な学力
                      基本的な知識           材の工夫改善    り組む。                組むことができた    科目で実施でき     3生徒の疲労感や他の    い授業を行っている       を把握し、各定期試    を身につけられるよ
                      の習得とそれ           に取り組むこ   39分総合の充実を目指    か。                た。                連絡事項もあり十分    と感じられ、授業に       験前や試験中の質問    う指導すると共に、
                      らを活用する           とより、授業    した計画立案と実践を   39分総合を計画的   2研究授業を6回      な効果があったとは    ついて行けない生徒       学習への積極的な参    進学を目指す生徒の
      教育課程        力を育む取組           力向上を図      行う。                  に実践することが    実施して、研究      言えなかった。9分    への配慮がよくでき       加を促す手立てを講    学力向上方法につい
 1                   を充実させ             る。                                    できたか。          協議を開催し、      総合のプリントの内    ているので評価でき       ずることが必要であ    て、今まで以上に教
      学習指導        る。                  39分総合の指                                                授業改善授業力      容や方法を改善し、    る。                     る。                  科会等で検討し共有
                     3総合的な学習           導内容や指導                                                向上に役立てる      より効果的な時間と   2学力のある生徒への      39分総合では、プリ    して行く。
                      の時間を充実           方法を充実さ                                                ことが出来た。      する。                進学対策・授業等も       ント学習に取り組     39分総合や1学年の
                      させ、基礎学           せ、指導の体                                               39 分総合におい                            検討するとよい。         み、基礎学力を身に    総合的な学習の時間
                      力の充実、キ           系化を図る。                                                て、漢字、数学                           2教員からの一方的な       着けさせたが、より    について、より効果
                      ャリア支援を                                                                       を中心にプリン                            授業ではなく、生徒       計画的・効果的に実    の上がる内容や方法
                      図る。                                                                             ト学習に取り組                            に考えさせる授業を       施することが必要で    を総合的に検討して
                                                                                                         み、基礎学力を                            行ってほしい。           ある。1学年の総合    行く。
                                                                                                         身に着けさせ                             39分総合の時間がよ       的な学習の時間の計
                                                                                                         た。                                      り効果の上がる時間       画を全体的に見直す
                                                                                                                                                   となるよう検討する       必要がある。
                                                                                                                                                   とよい。
                     1生徒一人ひと          1生徒一人ひと   1SSW 等を活用した研修   1計画的に研修や会   1支援を必要とす     1担任や学年団で把握   1支援を必要とする生      1問題を抱える生徒に   1SCやSSWとの連
                      りの抱える課           りが抱える困    等を教職員等向けに開    議等を行い、生徒    る生徒の課題解      しにくく、対応が難    徒について、きめ細       ついて、全職員間で    携において、出勤日
                      題を踏まえた           り感やニーズ    催したり、ケース会議    一人ひとりが抱え    決に向けてグル      しい生徒の課題に対    かく粘り強い指導が       共通理解を図り、対    数や時間が限られて
                      きめ細かな生           について全職    を開催したりすること    る課題を共有し、    ープと学年団が      して、外部機関との    できているので評価       応し、研修会を実施    いるため、事態が変
                      活指導と相談           員が共通した    で、生徒一人ひとりが    課題解決に向けて    協力し迅速に粘      連携をより深め、ど    できる。生徒の学校       することで課題を共    化してしまうことも
                      体制を充実さ           理解をもっ      抱える課題を全職員が    組織的な対応を行    り強く対応にあ      のように協力し・活    生活等が充実するよ       有し、組織的な対応    あり、迅速な連携の
                      せる。                 て、課題解決    共通に把握し、SC や     うことができた      たるとともに、      用していくか、情報    う、一人ひとりへの       を行った。今後も、    在り方を検討して行
                     2部活動を充実           に向けて組織    SSW を有効活用し、事    か。                SCやSSWを      をどのように共有し    個別支援を継続して       支援を必要とする生    く。
                      させ、生徒が           的支援・指導    案に対し適切に対応す                        有効に活用し、      ていくかが課題であ    ほしい。                 徒に対して、SCや   1学年会での情報共有
      生徒指導・支    有能感を感じ           を行う。        る。                                        研修会を4回実      る。                                           SSWと連携をとり    やSSWとのケース
 2
        援            られる取組を                                                                       施し、適切に事                                                     ながら、より適切な    会議の結果を、どの
                      進める。                                                                           案に対応した。                                                     対応をする必要があ    ようにして実際の指
                                                                                                                                                                            る。                  導により迅速かつ継
                                                                                                                                                                                                  続的に反映させて行
                                                                                                                                                                                                  くかを検討する。
                     生徒一人ひとり   生徒のキャリア   キャリア教育実践プログ   進路決定、進級・卒   進路ガイダンスを    ガイダンスの内容や進   多様な進路希望者に対   校内の進路指導ブース   進路ガイダンスを継続
                     の自己実現を目   意識を高めるた   ラム(12年目)やシチ     業に対する生徒の意   昨年より 1 回多     路指導ブースの活用方   して、きめ細かく時間   を活用し、進路ガイダ   し、生徒の進路意識を
                     指した体系的な   め、4年間を見   ズンシップ教育(13      識を高め、進路実現   く、3回実施し、    法を更に工夫し、学校   をかけて対応している   ンスや総合学習の時間   一層高めるため、ガイ
                     キャリア教育を   通した組織的な   年目)を充実させ、組織    につなげることがで   かなテクカレッジ    見学に生徒を引率し     ので評価できる。進路   を利用することによっ   ダンスの内容や進路指
                     推進する。       進路指導・教科   的・系統的なキャリア支   きたか。             東部校見学会を7    て、さらに進路意識の   未決定者が減るよう、   て、生徒の進路に対す   導ブースの活用方法を
                                      指導を行い、進   援体制で、進路指導に取                        月に新たに実施し    向上を目指す。また、   キャリア指導を継続し   る意識を高めた。       更に工夫し、進路決定
      進路指導・支                    路決定、進級・   り組む。                                      し、生徒の進路意    若者サポートステーシ   てほしい。また、進学   3学年で希望ケ丘高校   者が増加するよう、進
 3
        援                            卒業につながる                                                 識を高めた。        ョンや Menet 等と連    希望者が増えているよ   (定時)型インターン   路意識の向上を目指
                                      教育活動を推進                                                                     携して情報交換会を開   うなので、生徒の希望   シップを実施すること   す。更に、各学年が協
                                      する。                                                                             催し、系統的支援を継   に応じた、進路指導や   で、進路意識をさらに   力しつつ進路指導を工
                                                                                                                         続する。               学習指導を行ってほし   向上させることを目指   夫し、積極的に勉強に
                                                                                                                                                い。                   す。                   取り組んでいる生徒に
                                                                                                                                                                                              対する指導方法も検討
                                                                                                                                                                                              する。
                     保護者や地域に   保護者や地域住   地域貢献活動やボランテ   地域貢献活動 ・ボ    地域貢献活動を実    学校と地域の良好な関   PTA活動が活発化す   地域貢献活動に、部活   地域との連携を図り、
                     信頼される学校   民等と協働・連   ィア活動への生徒の参加   ランティア活 動へ    施し、昨年度より    係を築くために、どの   るよう、活動を会員に   動部員、生徒会、有志   ともに清掃活動ができ
                     を目標として、   携した教育活動   を積極的に支援し、より   の参加意識を 高め    10 名多い、57 名    ような形で地域と連携   もっと周知した方がよ   の生徒が参加し、PT   るなど、よりよい関係
                     学校行事や地域   を展開し、ホー   多くの情報発信を行う。   ることができた       の生徒が参加し      していくかを更に検討   い。                   A、補導員、旭警察に   を築いて行くよう、連
                     貢献活動を通し   ムページや学校                            か。学校説明 会や    た。                して行く。             プリントだと、ほとん   もご協力いただくこと   携をより深め、情報発
                     た開かれた学校   説明会1等により                            ホームページ 等の    校内外で説明会2を    PTA活動が活性化す   ど伝わらないので、マ   ができたので、今後も   信も積極的に行う。
      地域等との協   作りを推進す     広報活動を積極                            活用により、 情報    積極的に行い、毎    ることを目指し、活動   チコミメールを利用し   連携を深めて行く。     保護者連絡をする際
 4                  る。             的に展開する。                            公開をより進 める    月ホームページを    内容等を工夫し、PT   て案内すると良いので   保護者と連絡を密に取   に、時期や要件によっ
       働                                                                       ことができたか。     通して新しい情報    A社会見学や学校行事   はないか。             り合う中で、保護者の   てどのような事を伝え
                                                                                                     の発信ができた。    等において、より多く   希望の定時に入学して   要望と学校の方針をお   る必要があるかを、学
                                                                                                     保護者が PTA 活動   の保護者の参加を目指   よかったという卒業生   互いによく理解し合     年のみでなく学校全体
                                                                                                     の一環として、      す。                   の声が多く、生徒と教   い、今後も協力体制を   で共有し、トラブルを
                                                                                                     PTA 社会見学、文                           員の良い関係があり、   維持して行く。         事前に防止して行く。
                                                                                                     化祭・地域貢献デ                           評価できる。
                                                                                                     ー等に参加した。
                     1生徒にとって    1 生徒の交通安   1 授業や講演会、各種     1 各種指導を通し     1地元の警察署職     1今年度の実践内容を    1地域との交流は評価    1車輌通学希望者への    1車両通学者の交通ル
                      安全・安心な      全・防災・食     説明会3、講習会、訓       て、交通安全・       員を招聘し、講     共有し、次年度の指     できる。生徒の成長     車輌通学説明会4や       ール順守について、
                      学校づくりに      生活に関する     練等の内容や方法を       防災・食生活に       演を通して、交     導に活用し、他校の     にとって貴重な体験     日々の登下校指導の     説明会5や登下校指導
                      取り組む。        意識を向上さ     工夫し、指導の充実       関する生徒の意       通安全に対する     実践事例などの情報     となるので、継続し     中で、交通安全に対     等を通して、粘り強
                     2教職員が事        せる。           を図る。                 識を向上させる       意識を高めた。     も収集し、共有す       てほしい。             する指導を行った。     く指導する。
                      故・不祥事防                                                ことができた       1DIG 訓練を通し      る。                  1交通安全指導を毎日     今後も生徒の交通安    1交通安全や防災、防
                      止に努める。                                                か。                 て防災意識の向    1災害に備え、より効     のように実施してお     全意識の向上を図り     犯等について臨機応
                                                                                                       上を図った。       果的な訓練が実施で     り評価できる。交通     指導を継続する。       変に対応できるよう
                                                                                                     1車輌通学希望者      きるよう工夫し、喫     安全は、生徒の命に    1地元の警察署と連携     関係機関と日ごろか
      学校管理                                                                                         に車輌通学説明     食訓練の方法等も工     係わることなので、     し、犯罪意識啓発の     ら連携し、講演会・
 5                                                                                                    会を行い、毎日     夫して行く。           しっかりとした指導     講演会を行った。       訓練等を実施して、
      学校運営                                                                                         の登下校指導の                            を継続してほしい。     連携を継続して、生     より安全・安心な学
                                                                                                       中で交通安全に                                                   徒の犯罪意識の向上     校作りを継続する。
                                                                                                       対する声かけを                                                   を図る。
                                                                                                       行い、生徒の交                                                  1災害に備え、災害図
                                                                                                       通安全への意識                                                   上(DIG)訓練と避難訓
                                                                                                       向上を図った。                                                   練を実施したが、内
                                                                                                                                                                        容や方法の改善につ
                                                                                                                                                                        いて検討を継続す
                                                                                                                                                                        る。