ホーム > 過去問講座 > 過去問に取り組む時期など更新 
過去問講座
過去問に取り組む時期
過去問はとにかく早めに解いてみることが大切です。遅くとも中3の夏休みには取り組むべきです。特に難関校を目指す人は3年生になってからと言わずに、中2の秋くらいから取り組みましょう。

なぜ過去問を早めに解いてみることが大切なのでしょうか。それはゴールを知ることができるからです。過去問を軽視する人の中には「ゴールなんか知らなくても、とにかくがんばればいい。」と考える人がいます。

ですが、ゴール(目的地)が決まらないと人は能力を最大限に発揮することができません。例えばマラソン選手は常にゴールまでの距離を意識して走ります。これはレース本番は当然として練習中も同様です。少なくともプロ選手の中には「とにかくがんばって走ればいい。」と言う人はいません。
克服すべき壁
中2や中3の春くらいに過去問に取り組むと、全然解けなくて驚くかもしれません。これは気にする必要が全くありません。ほとんど解けないのはみんな同じだからです。過去問を解き終えたら必ず採点して得点を計算してください。過去問は解くことに意味があるのではありません。

受験日までに「どういう勉強をすれば合格できるのか」を知ることが過去問に取り組む目的です。採点を終えたら、志望校合格に必要な点数から、あなたの得点を引きます。その結果導き出される数値が、あなたが克服するべき壁です。
目標得点
例えば1科目100点(500点満点)の試験で、志望校合格に350点(7割)をとる必要があったとします。あなたの今の得点が150点なら、あと200点必要と分かります。

まずはこれ(200点)を5(科目)で割ってみましょう。するとそれぞれの科目で得点を40点伸ばせばいいことが分かります。ここで分析を終わりにして「よし。各科目40点アップを目指そう!」というのでは、まだ不十分です。目標が曖昧(あいまい)だからです。

さっきのマラソンの例で言えば、ゴールが箱根と分かった時点で走り出すようなものです。箱根と言ってもとても広いですね。それに事前にきちんと調べることで、箱根(ゴール)への近道だって見つかるかもしれません。
続いて >> 点数だけでなく >>
過去問講座 掲示板
Copyright (C) 2006-2017 高校受験ナビ All rights reserved