ホーム > 都道府県の選択 > 福島県の高校 > 郡山市の高校 > 日本大学東北高校 > Wiki更新(02/15) 
日本大学東北高校のWiki
日本大学東北高校 ナビランク(815位/5649校中)
基本情報
校名:日本大学東北高等学校
過去校名:日本大学東北工業高等学校
国公私立:私立学校
設置者:学校法人日本大学
設立年月日:1951年4月15日
校訓:自主創造・真剣力行・忠恕の心
創立記念日:10月4日(大学と同じ)
共学・別学:男女共学
課程:全日制課程
単位制・学年制:学年制による教育
設置学科:普通科
学科内専門コース:普通科 〜コース(日本大学進学コース:体育推薦クラスを含む)・IIコース(国公立大学進学コース・難関私大進学コース)
学期:3学期制
高校コード:07510J
郵便番号:963-1165
所在地:福島県郡山市田村町徳定字中河原1
緯度度:37緯度分:21緯度秒:26.8
経度度:140経度分:22経度秒:46.1
公式サイト

'''日本大学東北高等学校'''(にほんだいがくとうほくこうとうがっこう)
略称・『日大東北』、『日高』、『日大』

・2018.4月グラウンド人工芝完成、
・2020年春新校舎完成予定

概要


県内最大の生徒数を誇る。

設置学科は普通科のみとなり、日本大学への進学を目標とする普通科Iコース、国公立大学や難関私立大学への進学を目標とする普通科IIコースが設置されている。基本的に入試の時点でそれぞれのコースを受験することとなる(第2希望可能)が、2学年進級時にコースの変更が可能である。ただし、IIコースへの編入に関しては特定の学業条件を満たしていなければならず、対象生徒にはカリキュラムや授業レベルの差を考慮しての補習が行われる。

日本大学工学部とキャンパスが共通している側面もあり、全天候型のプールと武道館(柔道場、剣道場等)、相撲場は共用。高校専用施設としては野球部の室内練習場「Fドーム」・食堂と多目的ホールを有する「アカシヤ館」、二つの体育館を備えるほか、全教室冷暖房完備など私立校らしく施設面も年々充実しつづける。制服は男女ともにブレザーであり、ネクタイ・リボンの色(深緑、紺、あずき色の3色:学年持ち上がり)によって学年の区別がなされている。男子は紺のブレザーに水色のシャツ、女子は紺のブレザー・ベストに水色のブラウス(冬)又は濃紺のタータンのベストにクリーム色のブラウス(夏)の組み合わせとなっている。 
2018年から新制服に変更。

〈行事日程〉
4月・入学式、新入生歓迎会、校歌・応援歌練習
5月・生徒総会
6月・校内体育大会
7月・文化祭(アカシヤ祭)、オープンスクール
8月・オープンスクール、夏季進学補習
9月・生徒会役員選挙
10月・衣替え、1年文理クラス分け説明会
11月・修学旅行(2年)
12月・クリスマスフェスタ
1月・センター試験激励会
2月・予餞会(3年生を送る会)
3月・卒業式、春季進学補習

設置課程


・ 全日制課程
  普通科 Iコース
本校の基幹コース。日本大学への進学を目標とするため、2014年度まで普通科の生徒全員が日本大学統一試験を受け、その結果によって各希望学部へと振り分けられていた。2015年度からは新設の「基礎学力到達度テスト(2年4月+3年4月+3年9月)」で判定することになる。スポーツ推薦で入学した生徒(:体育クラス)もこのコースに属することとなる(現在は全員文系選択としているが、今後理系選択の可能性も検討中)。
・ 普通科 IIコース
国公立大学や難関私立大学・日本大学医学部への進学を目標とするため、センター試験や国公立二次試験、私大一般入試等それぞれに対応したカリキュラムが組まれ、参加する模試数も多い。通常授業後に特別指導と呼ばれる補充授業が組まれている。そのため、部活動や委員会活動への参加は可能ではあるが、特指や模試を優先するなどの条件がある。2017年度の1年生から1人に1台iPadを導入している。

沿革


・ 1951年 - '''日本大学東北工業高等学校'''創設。 建設科・機械科・電気科・工業化学科・普通科を設置。男子校であった(昭和30年代前半に2ヶ年のみ女子を受け入れたこと有り)。
・ 1962年 - 建設科を発展的に解消、土木科・建築科を新設。
・ 1978年 - 校名を'''日本大学東北高等学校'''に変更。校章・制服のボタンを変更。
・ 1989年 - 普通科を1990年入学から男女共学へ移行。普通科コース制を導入。制服をブレザーに変更。
・ 1995年 - 工業化学科募集停止。
・ 1998年 - アカシヤ館完成。1階は226席の食堂、2階は多目的ホールにて空調完備。土木科募集停止。
・ 1999年 - 建築科募集停止。
・ 2000年 - 機械科・電気科募集停止。
・ 2001年 - 創設50周年式典挙行。
・ 2002年 - 創設50周年を記念し、第2体育館を竣工。東北で唯一、最新の体操競技練習用ピットを備える。
・ 2004年 - 全教室に冷房設備を設置。
・ 2009年 - IIコースの募集定員を増加させ、2クラスとする。
・ 2014年 - 校内全ての洋式トイレが温水洗浄便座となる。
・ 2018年 -グラウンド人工芝完成
・ 2020年 -福島県内最大規模と言われる新校舎完成

進路概況


日本大学の付属高校であることから進学率は高く、生徒全体の7割強が4年制大学へと進学し、進学希望者の9割強が合格している。
・ 国公立大学 … 近年は現役で47人前後
進学先の大半は地方国公立大学である。近年は東北大学・筑波大学・東京外国語大学などの難関国立大学のほか、福島県立医大医学部合格者も輩出している。IIコースの在籍者からの合格進学者が多いが、Iコースからの合格者も毎年ある。

・ 私立大学 … 例年370人前後
日本大学の付属高校であることから日大進学者が多い。東北各県・関東圏などの他大学にも多くの進学者を輩出している。

・ 短期大学 … 例年10人前後
福島県内・隣県に所在する短期大学への進学者が多い。
主な進学先は、会津大学短期大学部・郡山女子大学短期大学部・福島学院大学短期大学部などが挙げられる。

・ 専門学校 … 例年12人前後
看護・医療系、事務系の専門学校への進学者が多い。

・ 就職 … 公務員・民間企業合計例年5人前後。工業系学科が存在した時代は就職者がもっと多かった。

部活動


・ 本部、文化、体育委員会と愛好会を合わせて32の部活動がある。
・ 野球部は夏の全国高等学校野球選手権大会(甲子園大会)に過去7回出場している。

交通


・ JR東北本線or水郡線で安積永盛駅下車徒歩15分
・ 郡山駅より福島交通バス「日大・徳定」行き利用、「東北高校」バス停下車

著名な出身者


・ 佐藤光浩 - 陸上競技男子400M、4×400Mアテネオリンピック代表。
・ 吉田康夫 - 元オリンピック選手、プロ野球選手。元阪神タイガース。
・ 柳沼美広 - 元プロ野球選手。
・ 栗原貴宏 - バスケットボール選手。
・ 小林毅 -(東京ヴェルディバレーボールチーム)
・ 宗像忠典 - 元野球部監督。
・ 桂幸丸 - 落語家
・ 猪俣理恵 - 福島放送アナウンサー。
・ 菅波栄純 - THE BACK HORN
・ 白鳥久美子 - お笑い芸人(たんぽぽ、ホリプロ)。
・ 小林日出夫 - 前泉崎村村長。
・ 相楽新平 - 前須賀川市市長。
・ 熊久保信重 - D1ドライバー(2006、2012年チャンピオン)、エビスサーキット支配人。
・ ホームランなみち - タレント。
・ 郡司奈桜 - アイドルグループ「カレッジ・コスモス」 メンバー。日本大学芸術学部在籍。
*本多勝実-(政治家)二本松市議会議長

外部リンク


日本大学東北高等学校












お探しの情報がみつかりませんか?
日本大学東北高校のページで質問することもできます。
このページの出典:Wikipedia (75165803)
Copyright (C) 2006- 高校受験ナビ All rights reserved