ホーム > 都道府県の選択 > 福島県の高校 > いわき市の高校 > いわき光洋高校 > Wiki更新(12/10) 
いわき光洋高校のWiki
いわき光洋高校 ナビランク(1498位/5645校中)
基本情報
校名:福島県立いわき光洋高等学校
設置者:福島県
設立年月日:1993年4月1日
共学・別学:男女共学
課程:全日制課程
単位制・学年制:単位制
設置学科:文理科
郵便番号:970-8047
所在地:福島県いわき市中央台高久四丁目1番地
公式サイト

'''福島県立いわき光洋高等学校'''(ふくしまけんりつ いわきこうようこうとうがっこう)は、福島県いわき市中央台高久四丁目に所在する県立高等学校。

概要


日本初の公立単位制(文理科)高校。

その特徴は、1学年時のみ全員が共通科目を履修し、2・3学年時は科目選択の自由度が高い点(理論的には生徒1人ごとに時間割ができる)である。

開校後は旧帝大や早慶などの難関大に合格者を輩出するようになり、「共学の進学校」としての役割を果たすようになった。しかし、2001年に福島県立磐城高等学校・福島県立磐城女子高等学校(現・福島県立磐城桜が丘高等学校)両校の共学化と、大学進学を重視した私立いわき秀英高等学校の開校が重なり、同校の特色が薄らいでしまう結果を招いた。その為、2004年には定員増と校舎・周辺設備の拡充が図られている。

同校は三自の精神(自主、自学、自律)を校訓に掲げ、自立した生徒を育成することを目指している。

また、同校には制服はなく、私服を着用し、個性を尊重している。

沿革


・ 1993年 - 全国初の全日制単位制(文理科)高校として開校。募集定員80人(1学級40人・2学級)。学校施設は定時制高校の旧福島県立いわき中央高等学校を大規模改修した。旧福島県立いわき中央高等学校の定時制教育課程を引き継いだ。
・ 1994年 - 募集定員を120人に増員(1学級40人・3学級)。
・ 2002年 - 創立10周年記念式典挙行。
・ 2004年 - 募集定員を240人に増員(1学級40人・6学級)。いわき市中央台の新校舎に移転。
  定時制単位制普通科課程は、旧校舎にて福島県立いわき翠の杜高等学校として独立。
・ 2005年 - いわき明星大学と高大連携開始(2・3学年の希望者が履修可能)

設置課程


・ 全日制課程 
  単位制文理科

進路概況


・ 国公立大学 - 延べ10人前後
  3学級体制時の最盛期には30人以上の合格者を輩出し、進学校としての地歩を固めていた。
  2004年の新校舎移転に伴う6学級体制時には50人以上を目標数として掲げていた。近年の進学状況は学年全体の5%にも満たない程度である。
・ 私立大学 - 延べ230人前後
  合格者数が多いのは距離的に至近のいわき明星大学や帝京大学、東海大学、日本大学などである。
・ 専門学校 - 延べ70人前後
  看護系、食品系、理容・美容系などの専門学校への進学が多い。
・ 就職 - 延べ30人前後
  民間企業・公務員など。

部活動


水泳部は、福島県で優勝するほどの実力をもつ。また、クイズ研究会も1997年に、第17回全国高等学校クイズ選手権で全国3位になるなど、実力を兼ね備えている。野球部は、2017年夏の高校野球福島県大会で創部初となる準優勝を果たした。

交通アクセス


・ JR常磐線・磐越東線いわき駅より新常磐交通バス利用光洋高校前バス停下車。

著名な出身者


・ 渡邉啓太 (プロ野球選手)

外部リンク


福島県立いわき光洋高等学校 公式ウェブサイト












お探しの情報がみつかりませんか?
いわき光洋高校のページで質問することもできます。
このページの出典:Wikipedia (71625103)
Copyright (C) 2006- 高校受験ナビ All rights reserved