北野高校(大阪府)の公式サイト内のPDFをテキストに変換して表示しています。

このコンテンツは、受験生と保護者の皆様の利便をはかるため取得されました。
取得日:2024年03月19日[更新]

最新コンテンツは、下記の公式サイトURLにて、ご確認ください。
志望校の選定など重要な判断の際には、必ず最新の情報をご確認ください。
https://www2.osaka-c.ed.jp/kitano/folder02/2nd.pdf

検索ワード:作文[  1   2   3  ]
[検索結果に戻る]
 
                                                                               学校番号           3016
                                             令和3年度         国語科
 
 
         教科       国語科      科目        現代文B            単位数           2          年次          2
    使用教科書 「新      探求現代文B」(桐原書店)
 
 
     教材等       「ちくま評論選」(筑摩書房)他
 
 1 担当者からのメッセージ
    ・現代文の力(語彙力、読解力、思考力、表現力、記述力)を発揮するためには、あらゆる知識を総動員する
    必要があります。社会の多様な事柄に積極的に関心をもち、自分のこととして考える習慣を持ちましょう。
    ・記述力を培うには、粘り強さが必要です。「何度も書き、読んで添削してもらう」経験を繰り返すこと、こ
    の努力において身に付けることのできる力です。
    ・相当な時間と、精神的エネルギーを注入しないと、「現代文」で扱う内容を捉える力は養われません。真摯に
    取り組んでください。
 
 2 学習の到達目標
    ・文章を読んで、構成、展開、要旨などを的確にとらえ、その論理性を評価できる。
    ・文章を読んで、書き手の意図や、人物、情景、心情の描写などを的確にとらえ、表現を味わうことができる。
    ・批評することを通して、人間、社会、自然などについて自分の考えを深めたり発展させたりすることができ
    る。
    ・収集した様々な情報を分析、整理して資料を作成し、自分の考えを効果的に表現することができる。
    ・語句の意味、用法を的確に理解し、語彙を豊かにするとともに、文体や修辞などの表現上の特色をとらえ、
    自分の表現や推敲に役立てることができる。
 
 3 学習評価(評価規準と評価方法)
    観 a:関心・意欲 b:話す・聞く能力                 c:書く能力             d:読む能力        e:知識・理解
    点      ・態度
    観   国語 で伝え合 う力 を 目的や場に応じて効 必要な情報を用い、 近代以降の文章を的 言語文化及び言葉の
 
    点   進ん で高める とと も 果的に話し、的確に 相手や目的、課題に 確に読み取ったり、 特徴やきまりなどに
 
    の   に、言語文化に対する 聞き取ったり、話し 応 じ た 適切な 表現 目的に応じて幅広く つ い て の 理 解 を 深
 
    趣   関心を深め、国語を尊 合ったりして、自分 による文章を書き、 読んだりして、自分 め、知識を身に付け
 
    旨   重し てその向 上を 図 の考えを深め、発展 自分の考えを深め、 の考えを深め、発展 ている。
 
         ろうとする。        させている。         発展させている。       させている。
 
    主 行動の観察            行動の観察           記 述 の 確認及 び分 記述の確認及び分析 行動の観察
 
    た 記述の点検            (発表等のパフォー 析                       (ワークシート)   記述の確認
 
    る (ノート、ワークシ      マンスの評価)     (ワークシート、原 定期考査               (ノート、ワークシ
 
    評     ート等)                                  稿用紙)                                 ート等)
 
    価                                                                                      定期考査・小テスト
    方
    法
    上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
    学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4 学習の活動
    学期 単            学習内容        主な評価の観点             単元(題材)の評価規準            評価方法
         元                       a     b    c    d     e
         名                       態    話   書   読    知
                                  度    す   く   む    識
 
    前期 評   教材:              ○    ○   ○   ◎    ○ a: 考えの進め方や、情景や心情の a、b、c、d、e:
         論   現代評論文                                       推移など、文章の筋道を的確に 行動の観察及び
         の                                                    とらえようとしている。            記述の点検
         内                                                  b: 話したり聞いたり話し合った
         容                                                    りしたことの内容や表現の仕方 c、d、e:
         を                                                    について自己評価や相互評価を 定期考査
         理                                                    行い、ものの見方、感じ方、考
         解                                                    え方を豊かにしている。
         す                                                  c: 自分の考えが、確実な根拠に支
         る                                                    えられ、前後矛盾することなく
         I                                                     論理的に展開している文章を書
                                                               いている。
                                                             d:考えの進め方や、情景や心情の
                                                               推移など、文章の筋道を的確に
                                                               とらえている。
                                                             e:正しく理解し、使いこなせる言
                                                               葉の数を増やしている。
         小   教材:              ○    ○   ○   ◎    ○ a: 考えの進め方や、情景や心情の a、b、c、d、e:
         説   現代小説                                         推移など、文章の筋道を的確に 行動の観察及び
         の   近代小説                                         とらえようとしている。            記述の点検
         内                                                  b: 話したり聞いたり話し合った
         容                                                    りしたことの内容や表現の仕方 c、d、e:
         を                                                    について自己評価や相互評価を 定期考査
         理                                                    行い、ものの見方、感じ方、考
         解                                                    え方を豊かにしている。
         す                                                  c: 自分の考えが、確実な根拠に支
         る                                                    えられ、前後矛盾することなく
         I                                                     論理的に展開している文章を書
                                                               いている。
                                                             d:考えの進め方や、情景や心情の
                                                               推移など、文章の筋道を的確に
                                                               とらえている。
                                                             e:正しく理解し、使いこなせる言
                                                               葉の数を増やしている。
    後期 評   教材:              ○    ○   ○   ◎    ○ a: 考えの進め方や、情景や心情の a、b、c、d、e:
         論   現代評論文                                       推移など、文章の筋道を的確に 行動の観察及び
         の                                                    とらえようとしている。            記述の点検
         内                                                  b: 話したり聞いたり話し合った
         容                                                  りしたことの内容や表現の仕方に c、d、e:
         を                                                  ついて自己評価や相互評価を行 定期考査
         理                                                  い、ものの見方、感じ方、考え方
         解                                                  を豊かにしている。
         す                                                  c: 自分の考えが、確実な根拠に支
         る                                                  えられ、前後矛盾することなく論
         II                                                  理的に展開している文章を書いて
                                                      いる。
                                                      d:考えの進め方や、情景や心情の
                                                      推移など、文章の筋道を的確にと
                                                      らえている。
                                                      e:正しく理解し、使いこなせる言
                                                      葉の数を増やしている。
        小   教材:           ○   ○   ○   ◎   ○ a: 考えの進め方や、情景や心情の a、b、c、d、e:
        説   現代小説                                 推移など、文章の筋道を的確にと 行動の観察及び
        の   近代小説                                 らえようとしている。                 記述の点検
        内                                            b: 話したり聞いたり話し合った
        容                                            りしたことの内容や表現の仕方に c、d、e:
        を                                            ついて自己評価や相互評価を行 定期考査
        理                                            い、ものの見方、感じ方、考え方
        解                                            を豊かにしている。
        す                                            c: 自分の考えが、確実な根拠に支
        る                                            えられ、前後矛盾することなく論
        II                                            理的に展開している文章を書いて
                                                      いる。
                                                      d:考えの進め方や、情景や心情の
                                                      推移など、文章の筋道を的確にと
                                                      らえている。
                                                      e:正しく理解し、使いこなせる言
                                                      葉の数を増やしている。
        評   教材:           ○   ○   ◎ ○     ○ a: 優れた表現に接してその条件 a、b、c、d、e:
        論   近代詩歌                                 を考えたり、書いた文章について 行動の観察及び
        や   近代小説                                 自己評価や相互評価を行ったりし 記述の点検
        小   近代評論文                               て、自分の表現に役立てるととも
        説                                            に、ものの見方、感じ方、考え方 c、d、e:
        の                                            を豊かにしようとしている。           定期考査
        内                                            b: 話したり聞いたり話し合った
        容                                            りしたことの内容や表現の仕方に
        を                                            ついて自己評価や相互評価を行
        表                                            い、ものの見方、感じ方、考え方
        現                                            を豊かにしている。
        す                                            c: : 優れた表現に接してその条件
        る                                            を考えたり、書いた文章について
                                                      自己評価や相互評価を行ったりし
                                                      て、自分の表現に役立てるととも
                                                      に、ものの見方、感じ方、考え方
                                                      を豊かにしている。
                                                      d:考えの進め方や、情景や心情の
                                                      推移など、文章の筋道を的確にと
                                                      らえている。
                                                      e:正しく理解し、使いこなせる言
                                                      葉の数を増やしている。
 ※   表中の観点について a:関心・意欲・態度            b:話す・聞く能力               c:書く能力
                          d:読む能力                   e:知識・理解
 ※ 評価の観点のうち「関心・意欲・態度」と「知識・理解」については、すべての単元に位置付け
      て○印を、また、その単元で主として扱う国語の領域(「話すこと・聞くこと」「書くこと」「読
      むこと」)に関わる観点には◎を付している。
                                                                           学校番号         3016
                                         令和3年度       国語科
 
            教科        国語      科目           古典B           単位数     3単位      年次      2年次
      使用教科書     「高等学校古典B    改訂版〔古文編・漢文編〕」(三省堂)
        副教材等     新精選古典文法(東京書籍)必携新明説漢文(尚文出版)他
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
      ・必ず予習してから授業に臨みましょう。本文に目を通し、単語を調べ、口語訳を考えてくること。
      ・古文、漢文ともに小テストを行います。やりっぱなしにならないよう、計画的に準備しましょう。
      ・語彙、文法知識をしっかり身につけ、それらに基づいた正確な理解を目指しましょう。そこから
      豊かな読解の楽しみが広がります。地道な努力なしに古典の扉は開かれません。
 
 
 
 2   学習の到達目標
      一年次で学習した知識を確かなものにする。優れた古文・漢文の文章や作品に触れることにより、
      人間・社会・自然などに対するものの見方、感じ方、考え方を広くし、人生を豊かにしようとする
      積極的な態度を養う。また、古典に親しむことにより言語感覚を豊かにする。
 
 
 
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
      観
              a:関心・意欲・態度                    b:読む能力                       c:知識・理解
      点
            古典を読む楽しさを味わ       古典を読んで思想や感情などを        伝統的な言語文化及び言葉の
            い、古典に親しむととも       的確に捉えたり、その価値を考察      特徴やきまりなどの理解を深
             に、我が国の伝統と文化に    したりして、自分の考えを深め、 め、知識を身につけている。
       観    対する関心を深めようと      発展させている。
       点
       の    している。
       趣
       旨
 
 
 
 
             行動の観察                  記述の確認及び分析                  行動の観察
             記述の点検                  (ワークシート)                    記述の確認
             (ノート・ワークシート      定期考査                            定期考査
       評    等)                                                            小テスト
       価
       方
       法
 
 
 
 
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4   学習の活動
                                     主な評価の
                                                                単元(題材)の評価規準             評価方法
      学   単                            観点
           元            学習内容
      期   名
                                    a     b     c
 
      前   説   中世説話            ○   ◎     ○   a: 比較的短い説話を読んで、古文に親しみを    行 動の観察 と
      期   話                                          持ち、話のおもしろさを理解する。           確認
                                                     b:話の構成や展開を把握し、登場人物の行動   記述の確認及
                                                       や心情を読み味わう。                       び定期考査
                                                     c:過去の助動詞について理解する。           小テスト
 
           物   歌物語              ○   ◎     ○   a: 比較的短い歌物語を読んで、古文に親し      行 動の観察 と
           語                                          む。                                       確認
           一
                                                     b:話の構成や展開を把握し、和歌から登場人     記述の確認及
                                                     物の行動や心情を読み味わう。                 び定期考査
 
                                                     c:歌物語における和歌の役割について理解す     小テスト
                                                     る。
 
           故   故事                ○   ◎     ○   a: 比較的短い文章を読んで漢文に親しみを      行 動の観察 と
           事
                                                       持ち、話の内容を理解する。                 確認
                                                     b:故事や寓話にこめられた古代中国人のもの     記述の確認及
                                                     の見方・考え方を味わう。                     び定期考査
                                                     本文を訓点に従って正しく読み、書き下し文に   小テスト
                                                     改める。
                                                     さまざまな句形の読みと意味とについて理解
                                                       し、それに即して口語訳をする。
                                                     c:故事成語の由来を正確に理解し、現代にお
                                                     ける故事成語の使い方を習得する。
 
           随   中古随筆            ○   ◎     ○   a: 随筆を読んで、人間、社会、自然などに対    行 動の観察 と
           筆
                                                     する作者の思想や感情を読み取る。             確認
           一
                                                     b:それぞれの章段にふさわしい文体で書かれ     記述の確認及
                                                     ていることを把握する。                       び定期考査
                                                     c:作品の特徴や作者について理解する。         小テスト
 
           日   中古日記            ○   ◎     ○   a: 日記を読んで、人間、社会、自然などに対    行 動の観察 と
           記                                          する作者の思想や感情を読み取る。           確認
                                                     b:文章の内容を構成や展開に即して的確に捉     記述の確認及
                                                     える。                                       び定期考査
                                                     c: 作品の特徴や作者について理解する。        小テスト
 
           文   漢文文章            ○   ◎     ○   a:描かれている当時の中国の人々の生活、も    行 動の観察 と
           章                                        のの見方・考え方を理解する。                 確認
           一
                                                     b:本文の内容を把握し、登場人物の心情を理    記述の確認及
                                                     解する。                                     び定期考査
                                                     c:作者について理解する。                    小テスト
              漢   唐詩等               ◎   ◎    ○   a:漢詩を声に出して読み、音声として味わう。 行 動の観察 と
              詩                                        b:漢詩の表現に即して内容を味わい、作者の    確認
              〈
              近
              体                                        心情を理解する。                             記述の確認及
              詩
                                                        c:漢詩の種類・修辞やその役割について理解    び定期考査
              〉
                                                        する。                                       小テスト
                                                        さまざまな詩人について理解を深める。
 
              史   史記                 ○   ◎    ○   a:『史記』に描かれた当時の中国の人々の生    行 動の観察 と
              伝                                        活、ものの見方・考え方を理解する。           確認
                                                        b:本文の内容を把握し、登場人物の心情を理    記述の確認及
                                                        解する。                                     び定期考査
                                                        c:『史記』や司馬遷について理解する。        小テスト
 
      後      物   源氏物語             ○   ◎    ○   a: 長編物語の構成や展開を把握し、登場人     行動の観察と
      期      語                                          物の行動や心情を読み味わう。               確認
              二
                                                        b:和歌を含む物語を読んで、物語における和    記述の確認及
                                                        歌の役割を考える。                           び定期考査
                                                        c:敬語について理解する。                   小テスト
                                                          『源氏物語』や紫式部について理解する。
 
              随   徒然草               ◎   ◎    ○   a:随筆を読んで、人間、社会、自然などに対    行動の観察と
              筆                                          する作者の思想や感情を読み取る。           確認
              二
                                                        b:文章の内容を構成や展開に即して的確に捉    記述の確認及
                                                        える。                                       び定期考査
                                                        c:表現上の特色を理解し、文体の特徴を理解    小テスト
                                                        する。
                                                        無常観について理解し、日本文化の特質につい
                                                        て考える。
 
              文   漢文文章             ○   ◎    ○   a:描かれている当時の中国の人々の生活、も    行動の観察と
              章                                        のの見方・考え方を理解する。                 確認
              二
                                                        b:本文の内容を把握し、筆者の主張を理解す    記述の確認及
                                                        る。                                         び定期考査
                                                        c:作者や作品について理解する。              小テスト
 
              思   古代思想             ○   ◎    ○   a:描かれている当時の中国の人々の生活、も    行動の観察と
              想                                        のの見方・考え方を理解する。                 確認
                                                        b:各文の内容を把握し、その論理展開を理解    記述の確認及
                                                        する。                                       び定期考査
                                                        c:出典や作者について理解する。              小テスト
 
              物   歴史物語             ○         ○   a:歴史物語を読んで、登場人物の行動や心情    行動の観察と
              語                                          を読み味わう。                             確認
              三
                                                        b:戯曲的な構成を理解し、内容を的確に捉え    記述の確認及
                                                          る。                                       び定期考査
                                                        c:助動詞・敬語について理解し、口語訳に適    小テスト
                                                        切にいかす。
 
 ※        表中の観点について a:関心・意欲・態度          b: 読む能力         c: 知識・理解
 ※   評価の観点のうち「関心・意欲・態度」と「知識・理解」については、すべての単元に位置付
      けて○印を、また、その単元で主として扱う国語の領域(「話すこと・聞くこと」
                                                                              「書くこと」
                                                                                        「読
      むこと」)に関わる観点には◎を付している。
                                                                      学校番号         3016
 
                                     令和 3 年度   地理歴史科
 
 
           教科        地理歴史    科目       世界史A       単位数      2単位    年次     2年次
      使用教科書       世界の歴史 改訂版 (山川出版社)
       副教材等        グローバルワイド最新世界史図表 三訂版 (第一学習社)
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
      ◇近現代の歴史は社会科の他の科目の内容と密接に結びついています。授業で学んだ歴史的事象
        を、日本史と連動させて考えたり、地理的にとらえ直すよう、常に心がけること。そのために、
        ワークシートや小論文などの課題にも積極的に取り組むことが重要である。
      ◇現代社会の出来事について歴史的背景を踏まえて考察し、自らの意見や考えを持ち、発信できる
        力を身につけてほしい。ミニポスターを用いた発表等の機会を大いに活用すること。
 
 2   学習の到達目標
      ◇諸資料に基づいて世界の歴史を理解し、現代社会の諸事象に対する思考力を培う。
      ◇日本史との関連性を意識しながら近現代史を深く理解し、国際社会に生きる日本国民に必要な資
        質を養う。
 
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
      観
            a:関心・意欲・態度   b:思考・判断・表現        c:資料活用の技能          d:知識・理解
      点
            近現代史を中心とす 世界史を学びながら         与えられた教材の中      各歴史的世界の生
            る世界の歴史に対す 日本史的・地理的事象       の史料や、自らの探      活・文化の特色を踏
            る関心を高め、論理的 との関連性を含めて       究活動で得られた諸      まえながら、近現代
      観 に追究する意欲を持 多面的に考察し、現代          資料をもとに、有用      史の基本的な事象と
      点 つ。また、国際社会で 社会の変化を公正に          な情報を選択し、適      歴史的な因果関係を
      の 責任を持って行動で 判断して、歴史的経            切に解釈して、小論      充分に理解してい
      趣
      旨 きる、日本国民として 過・結果や自らの意見        文やミニポスターの      る。また、地理的・
            の資質を形成してい を適切に表現できて         作成にうまく生かし      日本史的事象との関
            る。                 いる。                   ている。                連も意識している。
 
 
            レポート               定期考査               定期考査                定期考査
                                   ワークシート           ミニポスター            ワークシート
 
      評    主題学習においては     主題学習においては     主題学習においては      主題学習においては
      価    小論文の作成           小論文の作成           小論文の作成            小論文の作成
      方
      法
 
 
 
 
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4   学習の活動
                                                         主な評価の観点
      学    単
            元              学習内容                                            単元(題材)の評価規準        評価方法
      期    名                                       a       b    c       d
 
      前    世   *世界史と風土                     ○      ○                a:近現代世界を理解する前提     定期考査
      期    界   *ユーラシア諸文明の特質                   ○        ○        として、ユーラシア諸文明や   ワークシート
      I
 
 
 
 
            の
            一   *ユーラシアの交流                 ○           ○             世界の一体化の過程に関心     レポート
            体
            化   *ヨーロッパの対外進出                          ○   ○        を持っている。
            と   *アジアの繁栄と世界経済           ○                ○      b:学習内容を多面的に考察し、
            日
            本                                                                  歴史的経過や因果関係を適
                                                                                切に表現できている。
                                                                              c:必要な諸資料を収集し、取捨
                                                                                選択して、与えられた主題に
                                                                                適した年表・図・文章などを
                                                                                まとめることができている。
                                                                              d:学習内容を日本史的・地理的
                                                                                事象と関連付け、世界の歴史
                                                                                に対する理解を深めている。
      前    世   *産業革命と工業化                         ○        ○      a:資本主義や国民国家の形成     定期考査
      期    界   *アメリカ独立とフランス革命                    ○   ○        について、意欲的に考察して   ワークシート
      II
 
 
 
 
            の
            一   *ウィーン体制とナショナリス゛ム   ○                ○        いる。                       ミニポスター
            体
            化                                                                b:同上
            と                                                                c:同上
            日
            本                                                                d:同上
 
      前    世   *アシ゛ア・アフリカ・南米の変動   ○                ○      a:植民地化とそれに対する抵     定期考査
      期    界   *東アジアの変容と日本                     ○        ○        抗運動などについて、強い関   ワークシート
      III
 
 
 
 
            の
            一   *帝国主義の到来                                ○   ○        心を持っている。
            体
            化                                                                b:同上
            と                                                                c:同上
            日
            本                                                                d:同上
 
      後    地   *第一次大戦とロシア革命                   ○        ○      a:世界大戦の総力戦としての     定期考査
      期    球   *戦間期の欧米諸国                 ○                ○        性格や、大戦が世界および日   ワークシート
      I
 
 
 
 
            社
            会   *民族運動の高まり                              ○             本に与えた影響について、意   レポート
            と
            日                                                                  欲的に考察している。
            本                                                                b:同上
                                                                              c:同上
                                                                              d:同上
 
      後    地   *ファシズムと第二次大戦                   ○        ○      a:戦後史の理解を深めながら、 定期考査
      期    球   *冷戦と第三世界                   ○           ○             持続可能な世界の構築に向     小論文
      II
 
 
 
 
            社
            会   *統合と混迷の現代世界             ○      ○                  けた自主的な考察を深めて
            と
            日   *主題学習「持続可能な世           ○           ○             いる。
            本     界を実現する統合のあり                                     b:同上
                   方」「現代世界の混迷の要                                   c:同上
                   因」                                                       d:世界の動向と日本のかかわ
                                                                                りに着目しながら、これから
                                                                                の日本社会に必要な知識を
                                                                                獲得している。
 ※   表中の観点について a:関心・意欲・態度     b:思考・判断・表現
                         c:資料活用の技能       d:知識・理解
 
 ※ 原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単
   元)の各項目において重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付
   けている。
                                                                          学校番号             3016
                                       令和3年度    地理歴史科
 
                                                日本史A         単位
            教科       地理歴史      科目                                   2単位      年次      2年次
                                                                  数
      使用教科書                                  日本史A(山川出版社)
       副教材等                                   新詳日本史(浜島書店)
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
         同じ2年生で学習する世界史(近現代中心)の内容を踏まえ、国際環境と日本史を関連づ
            けて考察すること。
         重要史料の解読を通じて日本史に対する認識や知識を深めてみよう。
         教科書・副教材に掲載されている豊富な写真などの図版を積極的に活用しよう。特に文化
             財関係の写真を通じて日本の文化と伝統を学び、文化財保護の重要性を認識すること。
 
 
 2   学習の到達目標
        近現代を中心とする日本史の展開を、世界史的視野に立って考察し、歴史的思考力を培い、民
        主的で平和的な国家・社会を形成する日本国民としての自覚と、国際社会に主体的に対応して
        いくことのできる資質を養う。
 
 
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
        観
            a:関心・意欲・態度 b:思考・判断・表現            c:資料活用の技能             d:知識・理解
        点
              近現代史を中心とす     近現代史を中心とす     近 現 代 史 を中 心 とす   近現代史を中心とす
              る我が国の歴史の展     る我が国の歴史の展     る 我 が 国 の歴 史 の展   る我が国の歴史の展
              開に対する関心と課     開から課題を見いだ     開 に 関 す る諸 資 料を   開についての基本的
              題意識を高め,意欲的   し,世界史的視野に立   収集し,有用な情報を       な事柄を世界史的視
       観     に追究するとともに,   ち我が国を取り巻く     選 択 し て 活用 す るこ   野に立ち我が国を取
       点
       の     国民としての自覚と     国際環境などと関連     と を 通 し て歴 史 的事   り巻く国際環境など
       趣     国際社会に主体的に     付けて多面的・多角的   象 を 追 究 する 方 法を   と関連付けて理解
       旨
              生きる日本人として     に考察するとともに,   身に付けるとともに, し,その知識を身に
              の責任を果たそうと     国際社会の変化を踏     追 究 し 考 察し た 過程   付けている。
              する。                 まえ公正に判断する。   や 結 果 を 適切 に 表現
                                                            する。
              1レポート提出          1定期考査              1定期考査                  1定期考査
              2授業観察              (前期第二中間考       (前期第二中間考           (前期第二中間考
              (授業への積極的参 査・前期末考査・後期       査・前期末考査・後期       査・前期末考査・後
       評     加、発問への回答等) 中間考査・学年末考       中間考査・学年末考         期中間考査・学年末
       価                          査の計 4 回実施)        査の計 4 回実施)          考査の計 4 回実施)
       方
       法                          2レポート提出            2授業観察                  2授業観察
                                     (ワークシート、長     (授業内での積極的         (授業への積極的
                                     期休暇宿題レポート     な史料活用、発問へ         参加、発問への回答
                                     等)                   の回答等)                 等)
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4    学習の活動
                                               主な評価の観点
      学    単
            元              学習内容                                 単元(題材)の評価規準       評価方法
      期    名                                a    b    c       d
 
                     開国以前の江戸時代後     ○                    a: 江戸時代後期の国内動揺と
           揺   序
                章   半の動向を理解する。                            世界の変容の過程に対する
           と
           近                                                        関心と課題意識を高め,多様
           代   近
                世                                                   な学習方法を通じて意欲的     前期第二
           へ
           の   社                                                   に追究している。             中間考
           胎   会
           動   の                                                                                査、前期
                動                                                                                末考査の
                     1開国から江戸幕府の                ○          c: 開国以後,明治維新を経て   2回の考
            第       滅亡に至る過程を国際                            近代日本が急速に形成され     査。
            1       環境と関連させて考察・                          た過程に関する諸資料を収
            章
                     理解する。                                      集し,有用な情報を選択して
            開       2明治政府が、欧米列強                   ○      活用している。
            国
            と       と対等の地位を獲得す                           d: 明治維新を経て近代日本が
            明       るために諸制度の改革                            急速に形成された過程につ
            治
            維       を推進して、近代化を図                          いての基本的な事柄を国際
            新       った経緯を理解する。                            環境と関連付けて理解し,そ
                                                                     の知識を身に付けている。
 
                     1専制政治を強める明                            b: 我が国の対外政策の推移と   授業観
      前             治政府に対抗して自由                            近代産業の成立から課題を     察。
      期             民権運動が高揚したこ                            見いだし,条約改正や日清・
                     と、政府が憲法や議会制                          日露戦争前後の欧米諸国や
                     度を整備する経緯を考                            アジア近隣諸国との関係の
                     察・理解する。                          ○      変化及び産業革命の進行と
                     2明治政府が進めた条                             関連付けて多面的・多角的に
            第       約改正、さらに日清・日                          考察するとともに,国際社会
            2
            章       露戦争・韓国併合などを                          の変化を踏まえ公正に判断
                     国際的な視野に立って                            している。
            立
            憲       考察・理解する。
            国       3産業革命を通じて日                            d: 我が国の対外政策の推移と   レポート
            家
            の       本の近代産業・資本主義                          近代産業の成立についての     提出。
            成       が確立したこと、様々な                          基本的な事柄を条約改正や
            立
                     問題が発生したことを                            日清・日露戦争前後の欧米諸
                     理解する。                    ○                国やアジア近隣諸国との関
                     4明治時代、伝統文化の                           係と関連付けて理解し,その
                     上に欧米文化を取り入                            知識を身に付けている。
                     れた近代文化が成立し
                     たことを具体例につい
                     て考え、理解する。
                 1第一次世界大戦が日                              a: 政党政治の推移と大衆文化
         第      本にどのような影響を       ○                     の形成に対する関心と課題
         3
         章      与え、日本がどのように                            意識を高め,意欲的に追究し
                 対応したかを考察する。                            ている。
         第
         一      2この時期に、政党政                              b: 近代産業の発展とそれが国
         次      治・デモクラシーの風潮                            民生活にもたらした影響か     後期中間
         世
         界      が高揚したことを、具体          ○                ら課題を見いだし,都市や村   考査、学
         大      例を考え、理解する。                              落の生活の変化と社会問題     年末考査
         戦
         と      3大正時代、大衆文化が                             の発生と関連付けて多面     の2回の
         日      発展したことを理解す                              的・多角的に考察している。 考査。
         本
                 る。
                 大戦後の恐慌、関東大震                      ○   d: 日本の立場と国際関係など
       恐   第
       慌   4   災、金融恐慌、世界恐慌                            を関連付けて、二つの世界大
       と   章   などの経済の動向、国際                            戦とその間の内外情勢の変
       満
       州   昭   関係の変化、軍部の台頭                            化についての基本的な事柄
       事   和   による政治状況の変化                              理解し,その知識を身に付け
       変   の
                 について考察する。                                ている。
 
       世   第   満州事変から太平洋戦       ○                    a: 二・二六事件や日中戦争な
       界   5   争に至る経過、戦争が日                            どの内外情勢の変化に対す
 後    大   章
 期    戦        本国民のほか諸国の                                る関心と課題意識を高め,意
       と   第   人々に多大な損害を与                              欲的に追究している。         授業観
       日   二                                                                                  察。
       本        えたことを理解する。
            次
                 終戦後の占領下の民主化                      ○   d: 占領政策と諸改革,平和条
          第
       下 6     政策、サンフランシスコ                            約と独立などの基本的事柄
       の 章     平和条約の締結と独立な                            を当時の国際関係の推移と
       日
       本 占     どの日本の戦後復興の経                            関連付けて総合的に理解し,
          領     過を理解する。                                    その知識を身に付けている。
 
            第   国際社会への復帰、経済               ○          c: 戦後の経済復興,技術革新
       と
       保   7   復興と高度経済成長につ                            と高度成長など日本経済の
       守   章
                 いて現代の事象と関連付                            発展と国民生活の向上に関
       長
       期   経   けながら、考察する。                              するグラフなどの諸資料か
       政   済
            繁                                                     ら考察した過程や結果を適     レポート
       権
            栄                                                     切に表現している。           提出。
                 冷戦終結・平成不況など、        ○               b: 我が国の国際貢献の拡大な
       の   第
       世   8   世界の動向と関連づけて                            どと関連付けて,日本の課題
       界   章   これからの日本のあり方                            及び役割を認識するととも
       と
       日   現   を考える。                                        に社会の変化を踏まえ公正
       本   代                                                     に判断している。
 ※   表中の観点について a:関心・意欲・態度                b:思考・判断・表現
                         c:資料活用の技能                  d:知識・理解
 
 
 ※   原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単元)
      の各項目において重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付けて
      いる。
                                                                                 学校番号              3016
                                         令和 3 年度       地理歴史科
 
                                                                       単位
            教科      地理歴史        科目                                        2単位        年次      2年次
                                                     地理A              数
       使用教科書    「高等学校 新地理A」(帝国書院),「詳解現代地図」(二宮書店)
        副教材等     「最新地理図表 GEO ゲオ」(第一学習社),「2021 テ゛ータフ゛ックオフ゛サ゛ワールト゛」(二宮書店)
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
      地理とは地球上の数多くの「事象」を推理し理論的に解明していく学問である。以下にその主眼
        となる事項を記す。
      ・必要最小限の知識力を身に付ける。授業中に絶対覚えるようと言われた箇所は必ず暗記しておくこ
        とである。
      ・理解力を身に付ける。例えば気候の問題であれば「雨が少ないところ」ではなく「そこはなぜ
        雨が少ないのか」を理解できるようになることである。
      ・読み取る力を身に付ける。例えば人口統計の問題であれば「出生率や都市人口率が低い国はど
        こか」ではなく「発展途上国と先進国では出生率や都市人口率にどのような傾向があるか」を
        読み取れるようになることである。
 2   学習の到達目標
      現代世界の地理的な諸課題を地域性や歴史的背景,日常生活との関連を踏まえて考察し,現代世
      界の地理的認識を養うとともに,地理的な見方や考え方を培い,国際社会に主体的に生きる日本
      国民としての自覚と資質を養う。
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
        観
            a:関心・意欲・態度 b:思考・判断・表現     c:資料活用の技能      d:知識・理解
        点
            現代世界の地理的な 現代世界の地理的事 地図や統計,画像な 現 代 世 界 の 地 理 的
             諸課題に対する関心       象から課題を見いだ          ど地域に関する諸資         な諸課題について
             と課題意識を高め,       し,それを地域性や          料を収集し,有用な         の基本的な事柄や
             それを意欲的に追究       歴史的背景,日常生           情報を選択して,読         追究の方法を理解
       観    し, 国際社会に主体      活との関連を踏まえ          み取ったり図表など         し,その知識を身に
       点
       の    的に生きる日本国民       て多面的・多角的に          にまとめたりしてい         付けている。
       趣
       旨    としての責任を果た       考察し,国際社会の           る。
             そうとする。             変化を踏まえて公正
                                      に判断して,その過
                                      程や結果を適切に表
                                      現している。
             授業での観察             定期考査(記述問題) 定期考査                          定期考査
             発表                     ワークシート         ワークシート                      確認テスト
       評
       価    ノート
       方
       法
 
 
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4   学習の活動
                                             主な評価の観点
       学   単
            元             学習内容                                単元(題材)の評価規準      評価方法
       期   名                              a    b   c       d
 
       前   現     ・地球儀や地図からとら   ○   ○   ○   ○     a:学習内容に対する関心と    定期考査
       期   代      える現代世界                                  課題意識を高め,それを意    授業での
       1   世
            界                                                    欲的に追究し,捉えようと    観察
            の                                                    している。
            特
            色                                                    b:学習内容について,各時
            と
            諸                                                    代の世界観や地図の有用性
            課                                                    などを多面的・多角的に考
            題
            の                                                    察し,その過程や結果を適
            地                                                    切に表現している。
            理
            的                                                    c:学習内容に関する諸資料
            考
            察                                                    を収集し,有用な情報を選
            1                                                    択して,読み取ったり図表
                                                                  などにまとめたりしてい
                                                                  る。
                                                                  d:学習内容について,各時
                                                                  代の世界観や地図の有用性
                                                                  などを理解し,その知識を
                                                                  身に付けている。
       前   現     ・世界の生活・文化の多   ○   ○   ○   ○     a:学習内容および学習内容    定期考査
       期   代      様性                                          に関する諸事情の分布や動    確認テスト
       2   世
            界                                                    向,人間生活との関わり,民    授業での
       後   の                                                    族と国家の関係および現代    観察
       期   特
       1   色                                                    世界の諸地域にみられる地    ノート
            と
            諸                                                    域的特色などに関する考察
            課                                                    を基に,学習内容に対する
            題
            の                                                    関心と課題意識を高め,そ
            地                                                    れを意欲的に追究し,捉え
            理
            的                                                    ようとしている。
            考
            察                                                    b:学習内容について,分布
            2                                                    や動向,人間生活との関わ
                                                                  り,民族と国家の関係およ
                                                                  び現代世界の諸地域にみら
                                                                  れる地域的特色を地域性や
                                                                  歴史的背景,日常生活との
                                                                  関連を踏まえて多面的・多
                                                                  角的に考察し,その過程や
                                                                  結果を適切に表現してい
                                                                  る。
                                                        c:学習内容に関する諸資料
                                                        を収集し,有用な情報を選
                                                        択して,読み取ったり図表
                                                        などにまとめたりしてい
                                                        る。
                                                        d:学習内容について,分布
                                                        や動向,人間生活との関わ
                                                        り,民族と国家の関係およ
                                                        び現代世界の諸地域にみら
                                                        れる地域的特色を多面的・
                                                        多角的に捉える視点や考察
                                                        方法を理解し,その知識を
                                                        身に付けている。
 後   現   ・地球的課題の地理的考   ○   ○   ○   ○   a:学習内容に対する関心と    定期考査
 期   代     察                                         課題意識を高め,それを意    確認テスト
 2   世
      界                                                欲的に追究し,捉えようと    授業での
      の                                                している。                  観察
      特
      色                                                b:環境,資源・エネルギー,    ノート
      と
      諸                                                食料,人口,居住・都市,民
      課                                                族,領土などの問題を大観
      題
      の                                                させ,その過程や結果を適
      地                                                切に表現している。
      理
      的                                                c:学習内容に関する諸資料
      考
      察                                                を収集し,有用な情報を選
      3                                                択して,読み取ったり図表
                                                        などにまとめたりしてい
                                                        る。
                                                        d:環境,資源・エネルギー,
                                                        食料,人口,居住・都市,民
                                                        族,領土などの問題や,多面
                                                        的・多角的に捉える視点や
                                                        考察方法を理解し,その知
                                                        識を身に付けている。
 後   生   ・日常生活と結びついた                       a:学習内容に対する関心と    定期考査
 期   活    地図                              ○   ○   課題意識を高め,それを意    確認テスト
 3   圏
      の   ・自然環境と防災         ○   ○        ○   欲的に追究し,捉えようと    授業での
      諸   ・生活圏の地理的な諸課        ○   ○   ○   している。                  観察
      課
      題    題と地域調査                                                            発表
      の
      地                                                                            ワークシート
      理
      的
      考
      察
                                                         b:生活圏の地理的な諸課
                                                         題を地域性や歴史的背景,
                                                         日常生活との関連を踏まえ
                                                         て、また我が国の自然災害
                                                         を自然環境の特色との関連
                                                         を踏まえて、多面的・多角的
                                                         に考察し,その過程や結果
                                                         を適切に表現している。
                                                         c:学習内容に関する諸資料
                                                         を収集し,有用な情報を選
                                                         択して,読み取ったり図表
                                                         などにまとめたりしてい
                                                         る。
                                                         d: 生活圏の地理的な諸課
                                                         題や我が国の自然災害や,
                                                         多方面的・多角的に捉える
                                                         視点や考察方法を理解し,
                                                         その知識を身に付けてい
                                                         る。
 
 ※   表中の観点について a:関心・意欲・態度       b:思考・判断・表現
                          c:資料活用の技能        d:知識・理解
 
 
 ※ 年間指導計画(例)作成上の留意点
   ・原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単元)
      の各項目において特に重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付
      けている。
                                                                        学校番号           3016
                                          令和3年度      理科
 
                                                                 単位
            教科          理科     科目        地学基礎                  2単位     年次      2年次
                                                                 数
       使用教科書      啓林館「地学基礎」 (啓林館)
        副教材等       セミナー地学基礎 2021(第一学習社)、ニューステージ地学図表(浜島書店)
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
        地学は「地質(固体地球・地史)」「気象」「天文」「環境」の 4 つに分かれます。2 年生で
      は、「気象」までを学びます。「天文」「環境」は 3 年生で扱います。
        文系である皆さんは、詳細を詳しく掘り下げるよりも、教科書の内容を広く学んでください。
      また、暗記科目だと思われがちですが、図や表などの意味、計算式の成り立ちを理解し、自然現
      象をイメージしながら学んでください。そのためにも授業の解説をしっかり聞きましょう。
        毎日の予習復習は不要です。ただし他教科とのバランスを考えつつ定期的に復習しましょう。
 
 2   学習の到達目標
      以下の点について、理解するとともに適切な文章や数式で説明することができる。また、必要な
      表や数式の読み書きができる。
      (地球の大きさ・内部構造/プレートテクトニクスと火山・地震/堆積岩・地球表層の歴史/大
      気圏の構造/風と海流/日本の天気)
 
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
        観
            a:関心・意欲・態度 b:思考・判断・表現           c:観察・実験の技能       d:知識・理解
        点
              授業で取り扱う内     図(グラフを含む)        種々の実習に対し        基礎・基本的な教
            容に、興味や関心を や表から、その内容          て、その目的を理解      科書の内容を理解
            持ち、自ら積極的に を読み取り、説明す          している。              している。
        観 取り組もうとする。 ることができる。               適切に実習に取り        既習事項の用語
        点
        の    適切な授業態度で     数式を解くだけで        組むことができる。      や概念を理解し、そ
        趣 授業に臨み、指示内 はなく、その意味を             グループ活動を円      れらを使って文章
        旨
            容を間違いなく理解 理解し、説明するこ          滑に進めることがで      を述べることがで
             している。             とができる。           きる。                  きる。
 
 
             ノート                 提出物                 提出物                  定期考査
             提出物                 定期考査               定期考査
             授業態度                                      授業態度
       評    積極的提出物
       価
       方
       法
 
 
 
 
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4   学習の活動
        学   単                                   主な評価の観点
             元
        期   名            学習内容                                    単元(題材)の評価規準            評価方法
                                              a      b    c      d
 
                   第1章     地球             〇          〇
        前
        期   第
        中   1
        間   部
 
             固    第2章     活動する地球                 〇
             体
             地
             球
        前
        期
        期   第    第1章     地球史の読み方   〇                 〇
        末   2                                                       a:内容に興味を持てたか
             部
                                                                                                         定期考査
             移                                                       b:図や表・数式が理解でき
             り
             変    第2章     地球と生命の進          〇               たか。
                                                                                                         授業態度
             わ    化
             る
             地                                                       c:実習内容が確実に行えた
        後                                                                                               ノート
        期   球                                                       か。
        中         第1章     大気の構造       〇     〇
        間                                                                                               提出物
                                                                      d: 既 習 事 項 が 身 に つ い た
             第                                                       か。
             3
             部    第 2 章    太陽放射と大           〇
 
             大    気・海水の運動
             気
        学   と
        年   海
        末   洋    第3章     日本の天気                   〇
 
 
 
 
   ※   表中の観点について a:関心・意欲・態度                  b:思考・判断・表現
                           c:観察・実験の技能                  d:知識・理解
 
 
   ※ 年間指導計画(例)作成上の留意点
     ・原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単元)
       の各項目において特に重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付
       けている。
                                                                            学校番号          3016
                                      令和3年度      保健体育科
 
           教科        保健体育     科目        体育(男子)      単位数      3 単位    年次         2 年次
      使用教科書       「最新高等保健体育 改訂版」(大修館書店)
       副教材等        「アクティブスポーツ」    (大修館書店)
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
      自己の能力に応じて体力の向上を図り、その過程において体験する運動の楽しさを学ぶこと。
      また、チームスポーツを通じて協力、責任、リーダーシップ、対戦相手への敬意といった集団行動の資
      質を磨くこと。
 
 
 
 2   学習の到達目標
      生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続する資質や能力を培う。
 
 
 
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
      観
            a:関心・意欲・態度     b:思考・判断         c:運動の技能                        d:知識・理解
      点
          ・自己の体力、技能を ・個々に応じた体力や ・各運動技能を身に                 ・スポーツのルール
            向上させる積極的な 技能を高めるための つける                               や、運動を安全に実
            姿勢を身につける        トレーニングや練習         ・身につけた運動を      施する方法を理解す
      観    ・円滑な集団での運動    を選択する力を身に         速く、正確に、力強      る
      点    実施のために必要と      つける                     く発揮する              ・自己の体力や技能
      の
      趣    なる協力的態度を身 ・ゲーム場面での適切            ・ゲームの場面にお      を高める方法を理解
      旨    につける           なプレーの選択、自己            いて身につけた運動      する
                                    の役割を判断する     を発揮する
                                    ・集団の中での発言、
                                    リーダーシップ
            ・出席の記録            ・技能や記録を伸ばす       ・スキルテストやタ      ・各種目での準備や
            ・積極的姿勢を記録      ための工夫を記録           イム計測などの記録      片付けを観察及び記
            ・協力的姿勢を記録      ・練習方法の観察及び       ・ゲームパフォーマ      録
      評                            記録                       ンス(得点など)の      ・ゲームや記録測定
      価
      方                            ・ゲームパフォーマン       記録                    を観察及び記録
      法                            ス(プレーの選択、周                               ・準備運動、整理運
                                    囲への声かけ、作戦な                               動、補強運動の観察
                                    ど)の記録                                         及び記録
 
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4   学習の活動
                                                             主な評価の観点
                            単
      月                    元        学習内容                                      単元(題材)の評価規準        評価方法
                            名                           a       b    c       d
 
      4     ・バスケット        基本技術               ○      ○   ○   ○      a: 参加意欲、取り組み態度      出席等記録
              ボール              パス、ドリブル                                  b:プレー選択、チーム協力       スキルテスト
                                  シュート                                        c:スキルテスト                 ゲーム
                                 対人練習                                         d:ルール理解
             ・陸上競技          ゲーム
      5                         円盤投げ               ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                 走り高跳び                                       b:練習方法の選択               記録計測
                                                                                  c:記録会                       記録会
             ・体つくり運動                                                       d:安全な実施方法の理解
      6                         縄跳び                 ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                 (前後 2 重跳び)                                b:独自の工夫                   回数記録
                                                                                  c:記録測定
                                                                                  d:仕組みの理解
             ・体育理論
                                 体力トレーニング       ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                 の意義と方法、                                   b:自己に適した方法を理解       トレーニング
                                 体力向上の理解                                   c:補強運動を実施               実施
                                                                                  d:内容の理解
 
 
             ・水泳              4 泳法                 ○      ○   ○   ○      a: 参加意欲、取り組み態度      出席等記録
                                 (バタフライ・背泳・                             b: 自己の体力と各泳法の技能    記録測定
      7
                                 平泳ぎ・クロール)                                 を考えた工夫
                                 4泳法のメドレー                                 c: 記録会
      9
                                                                                  d: ルールと泳ぎの理解
             体育大会練習        体育大会準備           ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                 開会式、閉会式の                                 b:隊形変更等、クラス行進
      10                       練習、出場種目練                                 c:ラジオ体操第二、クラス行進
                                 習                                               d:種目練習
 
             ・ハンドボール      基本技術               ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                  パス、シュート                                  b:プレー選択、チーム協力       スキルテスト
                                  コンビネーション                                c:スキルテスト                 ゲーム
                                 対人練習                                         d:ルール理解
             ・ラグビー          ゲーム
      11                       基本技術               ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                  ランニング                                      b:プレー選択、チーム協力       スキルテスト
 
      12                        ハンドリング                                    c:スキルテスト                 ゲーム
                                  キッキング                                      d:ルール理解
                                 対人練習
                                 ゲーム
      1     ・持久走            30 分間走              ○           ○           a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
      2                 ファルトレク走                  b:走行時間、距離に見合ったペ   タイム計測
                         タイム計測                        ース・走り方の選択
                                                         c:タイム計測
                                                         d:長距離走の走り方の理解
                                                           長距離走の目的の理解
 
 
 ※        表中の観点について a:関心・意欲・態度   b:思考・判断
                               c:運動の技能        d:知識・理解
 
 ※ 原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単
       元)の各項目において重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を
       付けている。
                                                                            学校番号          3016
                                      令和3年度      保健体育科
 
           教科        保健体育     科目        体育(女子)      単位数      3 単位    年次         2 年次
      使用教科書       「最新高等保健体育 改訂版」(大修館書店)
       副教材等        「アクティブスポーツ」    (大修館書店)
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
      自己の能力に応じて体力の向上を図り、その過程において体験する運動の楽しさを学ぶこと。
      また、チームスポーツを通じて協力、責任、リーダーシップ、対戦相手への敬意といった集団行動の資
      質を磨くこと。
 
 
 
 2   学習の到達目標
      生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続する資質や能力を培う。
 
 
 
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
      観
            a:関心・意欲・態度     b:思考・判断         c:運動の技能                        d:知識・理解
      点
          ・自己の体力、技能を ・個々に応じた体力や ・各運動技能を身に                 ・スポーツのルール
            向上させる積極的な 技能を高めるための つける                               や、運動を安全に実
            姿勢を身につける        トレーニングや練習         ・身につけた運動を      施する方法を理解す
      観    ・円滑な集団での運動    を選択する力を身に         速く、正確に、力強      る
      点    実施のために必要と      つける                     く発揮する              ・自己の体力や技能
      の
      趣    なる協力的態度を身 ・ゲーム場面での適切            ・ゲームの場面にお      を高める方法を理解
      旨    につける           なプレーの選択、自己            いて身につけた運動      する
                                    の役割を判断する     を発揮する
                                    ・集団の中での発言、
                                    リーダーシップ
            ・出席の記録            ・技能や記録を伸ばす       ・スキルテストやタ      ・各種目での準備や
            ・積極的姿勢を記録      ための工夫を記録           イム計測などの記録      片付けを観察及び記
            ・協力的姿勢を記録      ・練習方法の観察及び       ・ゲームパフォーマ      録
      評                            記録                       ンス(得点など)の      ・ゲームや記録測定
      価
      方                            ・ゲームパフォーマン       記録                    を観察及び記録
      法                            ス(プレーの選択、周                               ・準備運動、整理運
                                    囲への声かけ、作戦な                               動、補強運動の観察
                                    ど)の記録                                         及び記録
 
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4   学習の活動
                                                             主な評価の観点
                            単
      月                    元        学習内容                                      単元(題材)の評価規準        評価方法
                            名                           a       b    c       d
 
      4     ・ハンドボール      基本技術               ○      ○   ○   ○      a: 参加意欲、取り組み態度      出席等記録
                                  シュート、パス                                  b:プレー選択、チーム協力       スキルテスト
                                  ディフェンス                                    c:スキルテスト                 ゲーム
                                 対人練習                                         d:ルール理解
                                 ゲーム
      5     ・陸上競技          走り高跳び             ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                                                                  b:練習方法の選択               記録計測
                                                                                  c:記録会
                                                                                  d:安全な実施方法の理解
             ・ダンス            創作ダンス             ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                                                                  b:集団でのリーダーシップ       発表観察
                                                                                  c:中間発表会
                                                                                  d:技能の高め方の理解
      6     ・体つくり運動      縄跳び                 ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                 (前後 2 重跳び)                                b:独自の工夫                   回数記録
                                                                                  c:記録測定
                                                                                  d:仕組みの理解
 
                                 体力トレーニング       ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
             ・体育理論
                                 の意義と方法、                                   b:自己に適した方法を理解       トレーニング
                                 体力向上の理解                                   c:補強運動を実施               実施
                                                                                  d:内容の理解
 
 
             ・水泳              4 泳法                 ○      ○   ○   ○      a: 参加意欲、取り組み態度      出席等記録
                                 (バタフライ・背泳・                             b: 自己の体力と各泳法の技能    記録測定
      7
                                 平泳ぎ・クロール)                                 を考えた工夫
                                                                                  c: 記録会
      9
                                 4泳法のメドレー                                 d: ルールと泳ぎの理解
 
 
             体育大会練習        体育大会準備           ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                 開会式、閉会式の                                 b:隊形変更等、クラス行進
      10                       練習、出場種目練                                 c:ラジオ体操第二、クラス行進
                                 習                                               d:種目練習
 
             ・バスケット        基本技術               ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
               ボール             パス、ドリブル                                  b:プレー選択、チーム協力       スキルテスト
                                  シュート、ピボット                              c:スキルテスト                 ゲーム
                                 対人練習                                         d:ルール理解
             ・ダンス            ゲーム
      11                       創作ダンス             ○      ○   ○   ○      a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                                                                                  b:集団でのリーダーシップ       発表観察
      12                                                     c:発表会
                                                               d:技能の高め方の理解
 
      1     ・持久走    30 分間走        ○   ○   ○    ○   a:参加意欲、取り組み態度       出席等記録
                         ファルトレク走                        b:走行時間、距離に見合ったペ   タイム計測
      2                 タイム計測                              ース・走り方の選択
                                                               c:タイム計測
                                                               d:長距離走の走り方の理解
                                                                 長距離走の目的の理解
 
 
 ※        表中の観点について a:関心・意欲・態度         b:思考・判断
                               c:運動の技能              d:知識・理解
 
 
 ※ 原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単
    元)の各項目において重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を
        付けている。
                                                                       学校番号   3016
                                    令和3年度     保健体育科
 
           教科        保健体育   科目         保健           単位数     1単位     年次     2 年次
      使用教科書    「最新高等保健体育 改訂版」(大修館書店)
       副教材等     なし
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
      本校の保健の授業では、教科書と担当者ごとのプリントを使用し授業を進める。
      2 年次は「生涯を通じる健康」と「社会生活と健康」の単元を学習する。また、「現代社会と健康」
      の心肺蘇生法を実習する。
      生涯の各段階における健康、環境と健康など、将来の豊かな社会生活に役立つ知識と習慣を身に付
      ける。
 
 
 
 2   学習の到達目標
      個人及び社会生活における健康・安全について理解を深めるようにし、生涯を通じて自らの健康を
      適切に管理し、改善していく資質や能力を育てる。
 
 
 
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
      観
                a:関心・意欲・態度               b:思考・判断                     c:知識・理解
      点
            個人生活や社会生活におけ     個人生活や社会生活におけ        健康・安全の意義を理解する
            る心身の健康や安全に関心     る心身の健康や安全に関す        とともに、現代社会と健康、
            を持ち、自ら健康で安全な生   る課題の解決を目指して、科      生涯を通じる健康及び社会
      観    活を実践する為、意欲的に学   学的に思考し、総合的に捉え      生活と健康について、課題の
      点
      の    習に取り組もうとする。       る事により、適切な意思決定      解決に役立つ基礎的な事項
      趣                                 を行い、選択すべき行動を適      を理解し、知識を身に付けて
      旨
                                         切に判断している。              いる。
                                                                         心肺蘇生法を実践出来る。
 
 
            授業姿勢の観察               討論                            考査等
            プリント点検等               感想プリント点検等              実習観察
 
      評
      価
      方
      法
 
 
 
 
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4   学習の活動
                                                  主な評価の観点
        学         単
                   元         学習内容                                  単元(題材)の評価規準         評価方法
        期         名                              a    b     c
 
        前         生   人生の各段階の健康        ○    ○   ○    a:プリントへの記入                 ・出席等
        期         涯
                   を   思春期の心と成長                             授業の取り組み                   ・プリント
                   通   思春期のからだの成長                       b:適切な意思決定・行動選択         ・試験実施
                   じ
                   る   結婚生活と健康
                   健
                   康   新しい生命の誕生                           c:生涯を通じる健康の理解
                        幸せで健康な家庭づくり
                                             等
 
        後         社   環境と健康                ○         ○    a:プリントへの記入、授業の取り組   ・出席等
        期         会
        1          生   大気と健康                                 み                                 ・プリント
                   活   水と健康                                   b:適切な意思決定・行動選択         ・試験実施
                   と
                   健   土と健康
                   康
                        産業廃棄物と汚染物質                       c:社会生活と健康の理解
                        地球環境と健康
                                             等
 
        後         現   応急手当                  ○         ○    a:プリントへの記入、授業の取り組   ・出席等
        期         代
        2          社   ・心肺蘇生法                               み                                 ・プリント
                   会                                              b:心肺蘇生法を状況に応じて         ・実技評価
                   と
                   健                                                実施できる                       ・試験実施
                   康
                                                                   c:心肺蘇生法の理解・修得
 
 
   ※        表中の観点について a:関心・意欲・態度           b:思考・判断         c:知識・理解
 
 
   ※        原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単
             元)の各項目において重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を
             付けている。
                                                                      学校番号           3016
                                  令和3年度     芸術〔音楽〕
 
 
     教科          芸術        科目        音楽I         単位数       1単位     年次    2年次
  使用教科書    「MOUSA1」 (出版)
   副教材等     ワークシート等のプリント
 
 1 担当者からのメッセージ(学習方法等)
     ・「歌唱」「鑑賞」の2つの分野を1年次に引き続き学習する。
     ・学習の到達度は、授業で配付するワークシートや実技テストで評価する。
     ・音楽の授業で大切なことは、知識や技能を習得、音楽的な感受や知覚によるものを自らにイ
       ンプットし、それらについて思考や判断を重ね、他者との協働でさらに深め発展させ、最終的
       に表現としてアウトプットすることである。それは人間の品位や人格、物事に対する理解力
       や創造力に結びついている、言わば人間として持つべき基礎的教養を身につけることに繋が
       る。
 
 
 2 学習の到達目標
     音楽の幅広い活動を通して、生涯にわたり音楽を愛好する心情を育てるとともに、感性を高め、
     創造的な表現と鑑賞の能力を伸ばし、音楽文化についての理解を深める。
 
 
 3 学習評価(評価規準と評価方法)
 
      観      a:音楽への関心・    b:音楽表現の創意工
                                                          c:音楽表現の技能          d:鑑賞の能力
      点        意欲・態度                夫
 
            音楽や音楽文化に      音楽を形づくってい     創意工夫を生かした      音楽を形づくって
            関心をもち、歌唱、 る要素を知覚し、そ        音楽表現をするため      いる要素を知覚し、
            器楽、創作、鑑賞の    れらの働きを感受し     に必要な歌唱、器楽、 そ れ ら の 働 き を 感
            学習に主体的に取      ながら、歌唱、器楽、 創作の技能を身に付        受しながら、楽曲や
      観
      点    り組もうとする。      創作の音楽表現を工     け、創造的に表して      演奏を解釈したり、
      の                          夫し、どのように歌     いる。                  それらの価値を考
      趣
      旨                          うか、演奏するか、音                           えたりして、音楽に
                                  楽をつくるかについ                             対する理解を深め、
                                  て表現意図をもって                             よさや美しさを創
                                  いる。                                         造的に味わってい
                                                                                 る。
            観察                  観察                   演奏の聴取              観察
      評    ワークシート          ワークシート           提出作品                ワークシート
      価
      方    演奏の聴取            演奏の聴取
      法
 
     上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめる。
     学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価する。
 4 学習の活動
                                      主な評価の観点
     学        題
               材     学習内容                                         題材の評価規準                評価方法
     期        名                     a    b    c    d
 
                     【歌唱】                             a:曲想と文化的・歴史的背景との関わりに   観察
                ハ
                ー                                          関心をもち、歌う学習に主体的に取り組
                モ   混声4部合唱     ○   ○   ○                                                 ワークシート
                ニ                                          もうとしている。
                ー
                の                                                                                 演奏の聴取
          じ                                              b:旋律、リズム、速度など音楽を形づくっ
                美
          取    し                                          ている要素を知覚し、それらの働きが生
          っ    さ
          て                                                み出す特質や雰囲気を感受し、曲種に応
          歌    や
          お    言                                          じた発声の特徴を生かした表現を工夫
          う    葉
                の                                          し、どのように歌うかについて表現意図
                響                                          をもっている。
                き
                を                                        c:表現したいことを伝えるための歌唱の
                感
                                                            技能を身に付けている。
                     【歌唱】                             a:「この道」の曲想や歌詞が表す情景や心   観察
               日
               本                                           情、楽曲の背景との関わりに関心をも
               語    この道           ○   ○   ○                                                 ワークシート
               の                                           ち、イメージをもって歌う学習に主体的
               美                                                                                  演奏の聴取
                                                            に取り組もうとしている。
               し
               い                                         b:「この道」のリズム、速度、旋律、強弱
               語
               感                                           を知覚し、それらの働きが生み出す特質
               を                                           や雰囲気を感受し、どのように歌うかに
               生
               か                                           ついて表現意図をもっている。
               し
               て                                         c:曲想を歌詞や楽曲の背景と関わらせて、
               表                                           イメージをもって音楽表現するために
               現
               し                                           必要な発声、日本語の発音、呼吸法、読
               よ
     前        う                                           譜などの技能を身に付けている。
     期
                     【歌唱】                             a:曲想と文化的・歴史的背景との関わりに   観察
             旋
             律                                             関心をもち、歌う学習に主体的に取り組
             の      一日の終わり     ○   ○   ○                                                 ワークシート
             美                                             もうとしている。
             し      に                                                                            演奏の聴取
                                                          b:旋律、リズム、速度など音楽を形づくっ
             さ
             や      宿屋の主人                             ている要素を知覚し、それらの働きが生
             言
                     の歌                                   み出す特質や雰囲気を感受し、曲種に応
          お 葉
          う の                                             じた発声の特徴を生かした表現を工夫
             響      民衆の歌
             き                                             し、どのように歌うかについて表現意図
             を      ワンデイモア                           をもっている。
             感
             じ      エピローグ                           c:表現したいことを伝えるための歌唱の
             取
             っ                                             技能を身に付けている。
             て
             歌
 
                     【鑑賞】                             a:歴史的背景や情景、登場人物の性格を想   観察
                                                            像し、それらと歌唱表現やオーケストラ
               歴    映画             ○             ○                                            ワークシート
               史                                           との関わりに関心をもち、鑑賞する学習
               的    レ・ミゼラブル
                                                            に主体的に取り組もうとしている。
               名
               作                                         d:音楽を形づくっている要素を知覚し、そ
               を                                           れらの働きが生み出す特質や雰囲気な
               味
               わ                                           どを感受しながら、それらの価値を考え
               お
               う                                           たりして、音楽に対する理解を深め、総
                                                            合芸術としてのよさや美しさを味わっ
                                                            ている。
                   【歌唱】                            a:曲想と文化的・歴史的背景との関わりに   観察
              旋
              律                                         関心をもち、歌う学習に主体的に取り組
              の   一日の終わり    ○   ○   ○                                                 ワークシート
              美                                         もうとしている。
              し   に                                                                           演奏の聴取
                                                       b:旋律、リズム、速度など音楽を形づくっ
              さ
              や   宿屋の主人                            ている要素を知覚し、それらの働きが生
              言
                   の歌                                  み出す特質や雰囲気を感受し、曲種に応
           お 葉
           う の                                         じた発声の特徴を生かした表現を工夫
              響   民衆の歌
              き                                         し、どのように歌うかについて表現意図
              を   ワンデイモア                          をもっている。
              感
              じ   エピローグ                          c:表現したいことを伝えるための歌唱の
              取
      後      っ                                         技能を身に付けている。
      期      て
              歌
 
              日   【鑑賞】                            a:日本の伝統音楽と諸外国の民族音楽に     観察
              本                                         関心をもち、鑑賞する学習に主体的に取
              の   日本の伝統      ○             ○                                            ワークシート
              伝                                         り組もうとしている。
              統   音楽と諸外国
           族 音                                       d:音楽を形づくっている要素を知覚し、そ
           音 楽   の民族音楽                            れらの働きが生み出す特質や雰囲気な
           楽 と
              諸                                         どを感受しながら、それらの価値を考え
              外                                         たりして、音楽に対する理解を深め、総
              国
              の                                         合芸術としてのよさや美しさを味わっ
              民
                                                         ている。
 
 
 ※   表中の観点について a:音楽への関心・意欲・態度                 b:音楽表現の創意工夫
                              c:音楽表現の技能                      d:鑑賞の能力
 ※ 原則として、
              「歌唱」「器楽」「創作」の分野は a,b,c の3観点で、「鑑賞」の分野は a,d の2観
      点で評価をする。
 ※   年間を通して全ての観点について評価することとなるが、学習内容(題材)の各項目において
      重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付けている。
                                                                                 学校番号        3016
                                            令和 3 年度 芸術科(美術)
 
                 教科             芸術      科目         美術I       単位数        1単位      年次        2年次
      使用教科書             「高校生の美術1」 (日本文教出版)
 
 1 担当者からのメッセージ(学習方法等)
        感じ取ったことから考える「絵画・彫刻」
                                            、目的や機能から考える「デザイン」
                                                                            、感じ取ったこ
     と・目的や機能から考える「映像メディア表現」など、美術はいろんな形でわたしたちの周りに
     あります。こういったものを表現としてとらえ、日常の中で興味・関心を持って見るようにしま
     しょう。発想や表現方法のたくさん入った引き出しを持つことが、みんなの美術の力になります。
 
       美術は造形による表現です。「表現したいもの」とそれを表す「形」が必要です。自分なりの
     感じ方や見方、表現を自分で取り出せるよう自らへの理解を深めて行きましょう。そして、造形
     の基礎知識、効果的な技能への理解も深めて行きましょう。授業では、ふたつのバランスを取り
     ながら、頭で考えすぎず、手を動かして、感じながら、取り組みましょう。
 
 
 2 学習の到達目標
     美術の幅広い創造活動を通して、美的体験を豊かにし、美術を愛好する心情を育てるとともに、感性
     を高め、創造的な表現と鑑賞の能力を伸ばし、美術文化についての理解を深める。
 
 
 3 学習評価(評価規準と評価方法)
      観       a:美術への
                                b:発想・構想の能力                   c:創造的な技能              d:鑑賞の能力
      点    関心・意欲・態度
                     美術の創造活動の喜     感性や想像力を働か     創 造 的 な 美術 の 表現   美術作品などの表現
                     びを味わい、多様な表   せて、感じ取ったこと   を す る た めに 必 要な   方法の特徴や美術文
       観点 の趣旨
 
 
 
 
                     現方法や美術文化に     や考えたこと、目的や   技能を身に付け、意図       化などを理解し、そ
                     関心を持ち、主体的に   機能、美しさなどから   に応じて、表現方法を       のよさや美しさを創
                     表現や鑑賞の創造活     主題を生成し、創造的   工夫している。             造的に味わってい
                     動に取り組もうとす     な表現の構想を練っ                                る。
                     る。                   ている。
 
 
 
                     制作の様子             制作の様子             制作の様子                 鑑賞の様子
                     作品                   ワークシート           制作途中の作品             鑑賞レポート
       評価方法
 
 
 
 
                                            制作途中の作品         作品                       交流用紙
                                            作品
 
 
 
 
     個々の作品評価点、出席、作品制作状況、レポート等の状況も加味して、上に示す観点に基づい
     て、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
     学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4 学習の活動単 元名
      学 期
 
 
 
                                                                         主な評価の観点
                                             学習内容                                           単元(題材)の評価規準        評価方法
                                                                     a       b    c       d
 
                                   ・年間計画のガイダンス                                     c:対象を見つめて、形体の特徴   学習活動の
                                   【表現】【絵画・彫刻】                                       をつかみ、画面への入れ方な   様子
              オリエンテーション
 
 
 
 
                                   ・人物クロッキー                              〇             どを工夫している。           制作の様子
                                    生徒相互がモデルになって                                  c:クロッキーの目的を理解し、 作品
                                    クロッキーをする。人物の骨                                  鉛筆の特性を生かして表現
                                    格、重心、バランス、動勢な                                  している。
                                    どに注意する。毎授業開始
                                    時に行う
                                   【鑑賞】【絵画・彫刻】           ○                〇      a: 作家の人生や、表現方法の    鑑賞の様子
                                   ・浮世絵師 葛飾北斎につい                                    特徴などに関心を持ち、美意   鑑賞レポート
                                     て映像を鑑賞する                                           識や美を求める意欲を感じ
              鑑賞
 
 
 
 
                                   ・作家の人生、時代背景、                                     取ろうとする。
                                    美意識、表現方法の特徴な                                  d: 作家の表現の特質を味わ
                                    どについて知る                                              い、自己の意見を述べること
      前
 
 
 
 
                                   ・浮世絵版画の表現や魅力、                                   ができる。
                                    作品の背景について知る
      期
 
 
 
 
                                   【表現】【絵画・彫刻】                                     a:木版画制作に関心を持ち、材   制作の様子
                                   葛飾北斎の浮世絵作品をトリ                                   料や用具の活用に積極的に     下絵
                                   ミングし、多色木版画技法で                                   取り組んでいる。             作品
                                   ポストカードをつくる。                                     b:感性豊かに、図案づくりが
                                   ・北斎作品の表現と味わいに       ○                          できる。
                                    関心を持ち単純化した図案                                  c:木版画の彫り、刷りの特性を
              版 の表現
 
 
 
 
                                    と色彩の効果などを生かす                                    理解し、表現効果を考えて生
                                   ・原画を選び、トリミングし、ポ                               かす。
                                    ストカードサイズの図案をつ              ○
                                    くる
                                   ・4枚の版木に図案の必要な                    ○
                                    部分をそれぞれ転写し、彫
                                    刻刀で彫る
                                   ・1版目から順番に刷り重ねて
                                      いく
                   【彫刻】                                                a: モチーフの特徴を表現する      制作の様子
                   角材から鎖を彫り出す                                      ことに関心を持ち、表現や鑑     図面
                    ・木彫の制作工程を学ぶ                                   賞の活動に主体的に取り組       制作中の作
             W
             O
                    ・木彫技法を学ぶ                   ○                    もうとしている。               品
             O
             D
             Y
             C      ・デザインを三面図におこす                             b: 表現形式の特性を生かし、      作品
                    ・鋸、糸鋸ノミ、彫刻刀による            〇               形体を工夫して表現の構想
             H
             A
             I
                      成形後、木工ヤスリ、サンホ゛               〇          を練っている。
             N
     後
 
 
 
 
             M
             I
             N        ヘ゜ーハ゜ーで研磨、木工ワック                       c: 素材、用具の特性を生かし、
     期
 
 
 
 
             I
                      ス塗装仕上げ                                           表現方法を工夫して表現し
                                                                             ている。
                   【鑑賞】                                                a:作者の意図や表現の工夫な       鑑賞の様子
                    12月校内展示を行う。             ○             〇     どに関心を持ち、その人独自     交流用紙
          文芸祭
 
 
 
 
                    原則として、全員前期課題                                 のものとして尊重している。
                    を展示する。                                           d:表現のよさや効果的な工夫を
                    ・相互鑑賞                                               感じ取り、それに対して自己
                                                                             の意見を述べることができる。
 
 ※ 表中の観点について a:美術への関心・意欲・態度                          b:発想や構想の能力
                       c:創造的な技能                                      d:鑑賞の能力
 
 ※ 年間指導計画作成上の留意点
  ・原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することになりますが、学習内容にお
    いて特に重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付けています。
 
 ※ 授業時間数や担当者の都合により、実施順序や内容に変更がある場合があります。
                                                                           学校番号   3016
                                           令和3年度 芸術科(書道)
 
                教科           芸術        科目       書道I       単位数     1単位    年次      2年次
     使用教科書             「書I」(教育図書)
      副教材等              なし
 
 1 担当者からのメッセージ(学習方法等)
    漢字・仮名の書で学習した内容を踏まえつつ、作品制作を通して、より幅広い文字表現を学びます。
    かつ、古典を通して文字表現の多様性を学ぶことで先人が築き上げてきた文化を実感しつつ、現代にお
    ける意義ある芸術活動としての書表現の方法を理解し、習得しましょう。
 
 
 2 学習の到達目標
    書道の幅広い活動を通して、生涯にわたり書を愛好する心情を育てるとともに、感性を高め、書写
    能力の向上を図り、表現と鑑賞の基礎的な能力を伸ばし、
                                                      書の伝統と文化についての理解を深める。
    古典を通して書のさまざまな美について学び、書風を理解し制作することができる。
 
 3 学習評価(評価規準と評価方法)
    観 a:書への関心・意欲・ b:書表現の構想と工      c:創造的な書表現の
                                                                                         d:鑑賞の能力
    点            態度                 夫                   技能
          書の創造的活動の喜 書のよさや美しさを 創造的な書表現をす                    日常生活の書の効用
          びを味わい、書の伝統 感じ取り、感性を働か るために、基礎的な                や書の伝統と文化に
          と文化に関心を持っ せながら、自らの意図 能力を活かし、効果                  ついて幅広く理解
      観点 の趣旨
 
 
 
 
                    て、主体的に表現や鑑   に基づいて構想し、表 的な表現の技能を身    し、その価値を考え、
                    賞の創造的活動に取     現を工夫している。   に付け表している。    書のよさや美しさを
                    り組もうとする。                                                  創造的に味わってい
                                                                                      る。
 
 
 
 
                    観察                   観察                観察                   観察
                    レポート               レポート            レポート               レポート
                    ワークシート           ワークシート        ワークシート           ワークシート
      評価方法
 
 
 
 
                    ポートフォリオ         ポートフォリオ      ポートフォリオ         ポートフォリオ
                                           提出作品            提出作品               提出作品
 
 
 
 
    上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
    学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4 学習の活動
 
             単 元名
     学 期
                                                   主な評価の観点
                              学習内容                                単元(題材)の評価規準         評価方法
                                                  a    b    c    d
             漢字 の書
     4月
 
 
 
 
                         楷書の古典を学ぼう       ○                 a:さまざまな楷書の古典の美    観察
                                                                     とその技法に関心を持ち、表現   レポート
     5月
 
 
 
 
                                                                     方法を高めようとしている。筆   ワークシート
     6月
 
 
 
 
                                                                     者の感興や意図と字形や線質     ポートフォリオ
 
                                                                     との関わりに関心を持ち、意欲   提出作品
                                                                     的、主体的に漢字の美を味わお
                                                                     うとしている。
                                                                     b:楷書の構築的な構造や変化
                                                                     と統一などを理解し、字形の構
                                                                     成や全体の構成を工夫してい
                                                                     る。
                                                                     c:楷書の基本的な点画や線質
                                                                     の表し方と用筆・運筆の関係を
                                                                     理解し、創造的な表現を身につ
                                                                     け表している。
                                                                     d:さまざまな楷書の古典の美
                                                                     とその技法について理解して
                                                                     いる。
             漢字 の書
     7月
 
 
 
 
                         楷書の古典に表現を学ぶ        ○   ○       a:楷書の古典のよさや美しさ     観察
                                                                     に関心を持ち、意欲的に取り組   レポート
     8月
 
 
 
 
                                                                     んでいる。                     ワークシート
                                                                     表現の構想から完成に至るま     ポートフォリオ
 
                                                                     で、意欲的、主体的に表現活動   提出作品
                                                                     に取り組もうとしている。
                                                                     b:楷書の古典の美しさを感じ
                                                                     とり、自己の表現の狙いを達成
                                                                     するために、自らの表現意欲を
                                                                     高め、表現を工夫している。
                                                                     c:古典のよさや美しさを生か
                                                                     して表現する技能を身につけ
                                                                     表している。
                                                                     用具、用材の特性を生かした表
                                                                     現効果を理解し、表現に応じた
                                                                     用具、用材を効果的に選択して
                                                                     いる。
                                                                     d:古典のよさや美しさを生か
                                                                     して表現することを理解して
                                                                     いる。
      漢字 の書
 9               行書の古典に学ぼう   ○   ○           a:さまざまな行書の古典の美
 月                                                      とその技法に関心を持ち、表現          観察
 10                                                      方法を高めようとしている。筆          レポート
 月                                                      者の感興や意図と字形や線質            ワークシート
 
                                                         との関わりに関心を持ち、意欲          ポートフォリオ
 
                                                         的、主体的に漢字の美を味わお          提出作品
 
                                                         うとしている。
                                                         b:行書の美とその技法を学び、
                                                         古典に応じて表現の違いがあ
                                                         ることを理解し、表現技法を工
                                                         夫する。
                                                         c: 行 書 の 基 本 的 な 点 画 や 用
                                                         筆・運筆の関係を理解し、創造
                                                         的な表現を身につけ表してい
                                                         る。
                                                         d:さまざまな行書の古典の美
                                                         とその技法について理解して
                                                         いる。
      作品制作
 
 
 
 
 11               作品制作                          ○   a:他者の作品を鑑賞し、それぞ          観察
 月               表具                                   れの表現意図に迫ることで書            レポート
 12                                                      表現の幅広さや自己を表現す            ワークシート
 月                                                      ることの意味を創造的に味わ            ポートフォリオ
 
                                                         うことができる。                      提出作品
 
                                                         b:基礎的な技術をもとに、自身
                                                         の感性に適した書法や文字造
                                                         形を工夫する。
                                                         c:自身の作品について、選文し
                                                         た理由や制作意図等を客観的
                                                         に説明することができる。
                                                         d:線質、字形、紙面構成の工夫
                                                         など創作における効果的な表
                                                         現を理解している。
           作品制作
    1月              ・自由課題による作品制作               ○   a:様々な表現方法に触れ、くら   観察
                                                                  しの中に書を生かそうとした     レポート
    2月
 
 
                      ・仮名を生かした作品制作                    り、くらしに生きる書に関心を   ワークシート
    3月
 
 
 
 
                                                                  持っている                     ポートフォリオ
 
                                                                  b:書道の学習で身につけたこ     提出作品
 
                                                                  とをいかして、くらしの中に書
                                                                  を生かす工夫をしている。
                                                                  c:書道の学習で身につけたこ
                                                                  とを生かし、くらしの中に書を
                                                                  生かすことができる。
                                                                  d:作品制作を行うことや発表
                                                                  し、創造的活動のよさを理解
                                                                  し、幅広い書の活動に興味関心
                                                                  を持ち、鑑賞への意欲を持って
                                                                  いる。
 
 
 ※ 表中の観点について a:書への関心・意欲・態度                   b:書表現の構想と工夫
                                    c:創造的な書表現の技能        d:鑑賞の能力
 
 ※ 原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単
    元)の各項目において重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を
    付けている。
                                                                       学校番号      3016
                                           令和3年度     家庭科
            教科       家庭         科目       家庭総合       単位数    2単位     年次    2年次
       使用教科書   家庭総合 自立 共生 創造 (東京書籍)
        副教材等    2020 生活学Navi (実教出版)
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
      家庭科は、自分を大切にする力(自立)、他者と共に生きる力(共生)を互いに育てあう教科で
      す。
      これから社会生活を送る上で必要な知識技術を、自ら生活する者の立場で学び、自分らしい生活
      を創造していく力を身につけましょう。
      ・自分の人生や生活上の課題を、ワークや演習等を通して考え、理解を深め知識を身につけると
          共に、考察をまとめ、発信できるようにしましょう。また、他者の考察を知り、多様な考え方
          を学び、尊重すると共に、自分の考えを深めましょう。
      ・実践的・体験的な学習を通して、科学的な理解に基づいた確かな技術を身につけ、周囲の人を
          助け、リーダーとなることができる能力を身につけます。
      ・学んだことを自分の生活の問題として捉え、よりよい生活をめざしましょう。
 2   学習の到達目標
          人の一生と家族・家庭、子供や高齢者とのかかわりと福祉、消費生活、衣食住などに関する知
      識と技術を総合的に習得させ、家庭や地域の生活課題を主体的に解決するとともに、生活の充実
      を図る能力と実践的な態度を育てる。
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
        観
              a:関心・意欲・態度 b:思考・判断・表現           c:技能          d:知識・理解
        点
              人の一生と家族・家 人の一生と家族・家 人の一生と家族・家 人の一生と家族・家
             庭、子供や高齢者と     庭、子供や高齢者と      庭、子供や高齢者と    庭、子供や高齢者と
             の関わりと福祉、消     の関わりと福祉、消      の関わりと福祉、消    の関わりと福祉、消
             費生活、衣食住など     費生活、衣食住など      費生活、衣食住など    費生活、衣食住など
       観    について関心をも       について生活の充実      に関する技術を総合    に関する知識を総
       点    ち、その充実向上を     向上を図るための課      的に身に付けてい      合的に身に付けて
       の
       趣    めざして主体的に取     題を見いだし、その      る。                  いる。
       旨    り組むとともに、実     解決をめざして思考
             践的な態度を身に付     を深め、適切に判断
             けている。             し、工夫し創造する
                                    能力を身につけてい
                                    る。
             学習状況の観察         学習状況の観察          学習状況の観察        学習状況の観察
             プリントやワークシ     プリントやワークシ      プリントやワークシ    プリントやワーク
             ートの記述             ートの記述              ートの記述            シートの記述
             レポート               レポート                レポート              レポート
       評
       価    実習記録、             実習記録、              実習記録、            実習記録、
       方    調理計画、製作計画、   調理計画、製作計画、    製作作品、写真        調理計画、製作計
       法
             発表                   発表                    発表                  画、発表
             自己評価 等            定期考査の結果          定期考査の結果        定期考査の結果等
                                    自己評価・相互評価      自己評価・相互評価
                                    等                      等
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4   学習の活動
                                                     主な評価の観点
       学   単
            元                学習内容                                      単元(題材)の評価規準          評価方法
       期   名                                   a       b    c       d
 
       前   衣     ○家庭科の学び方             ○      ○        ○      a: 衣生活・文化に関心を持ち、 授業観察
       期   生
            活     ○被服の役割と機能を整理     ○      ○   ○   ○        人間と被服、気候と被服のか     プリント
       4   を       する。                                                 かわりを考え、被服材料、被     ワークシート
            つ
       5   く     ○被服材料の特徴を理解し、   ○      ○   ○   ○        服構成、縫製技術に関心をも     製作計画
            る
       6
       月            平面構成と立体構成の違                                 ち、被服製作に取り組もうと     実習記録
                     いを学ぶ。                                             している。                     レポート
                   ○被服製作の基本的事項を     ○      ○   ○   ○      b:衣服の役割、被服材料、被服     製作作品
                     確認し、自分に合った被服                               管理、適切な着装について考     写真
                     の製作ができる。                                       えを深めている。               定期考査
                    *エプロン製作実習                                    c:調理実習で使用するエプロ
                   ○生涯を通じて健康で安全な   ○      ○   ○   ○        ンについて、着装、被服材料、
                     衣生活が営めるようにな                                 管理、性能、安全に配慮した
                     る。                                                   被服計画を立て、被服製作が
                                                                            できる。
                                                                          d: 着装、被服材料、被服構成、
                                                                            被服製作、被服管理などにつ
                                                                            いて科学的に理解し、持続可
                                                                            能な衣生活の必要性を理解
                                                                            している。
 6   食   ○食べることとはどういうことか   ○   ○        ○   a:自分の体、食生活に関心を持   授業観察
 7   生
      活     知る。                                               ち、日本の風土と食物の関係   プリント
 月
      を   ○消化管の働きを知る。           ○   ○        ○     を考え、食生活の問題点を考   ワークシート
      つ
      く   ○世界の食文化から人間は         ○   ○   ○   ○     えようとしている。           調理計画
      る
             何を食べてきたかを知る。                           ・調理実習では、科学的な視点   実習記録
           *人間は何を食べてきたか                               を持ち、総合力を養うため、 レポート
           ○ヒトの食性、食文化につい       ○   ○        ○     積極的に取り組もうとして     発表
             て学び、 日本の風土の豊                              いる。                       定期考査
             かさと食物との関係を知る。                         b:現代の食生活と食事の意義
           *調理実習 5 回                                        について思考を深め、栄養と
                       (6月2月)                               健康な食生活のかかわりに
                                                                  ついて考えている。
                                                                ・食品成分表を活用して、調理
                                                                  実習の栄養点検を行い、食事
                                                                  摂取基準との比較や使用し
                                                                  た食品について、調査してま
                                                                  とめたり、発表している。
                                                                c:主体的に食生活を営むため
                                                                  に必要な情報を収集・整理
                                                                  し、検討することができる。
                                                                ・食生活をよりよくするため
                                                                  の調理に関する基礎的・基本
                                                                  的な技術を身につけ、食品成
                                                                  分表を活用して、栄養計算を
                                                                  することができる。
                                                                d:現代の食生活の課題、日本の
                                                                  風土との関係を理解し、栄
                                                                  養、食品、調理及び食品衛生
                                                                  など、食事と健康とのかかわ
                                                                  りについて、科学的に理解し
                                                                  ている。
                                                                ・調理実習を通して、食生活の
                                                                  自立に必要な知識を身につ
                                                                  けている。
 8   ○ホームプロジェクトと学校家   ○   ○   ○   ○   a:ホームプロジェクトと学校     レポート
 9   庭クラブ活動                                         家庭クラブ活動について関     発表
 月
      *自由テーマ                                         心を持ち、主体的に学習に取   自己評価
       調査研究、個人発表                                  り組もうとしている。         相互評価
                                                         b:生活上の課題を見出し、その
                                                           解決をめざして科学的に探
                                                           究し、表現している。
                                                         c:計画に沿ってホームプロジ
                                                           ェクトや学校家庭クラブ活
                                                           動を実践することができる。
                                                         d:ホームプロジェクトと学校
                                                           家庭クラブ活動の実践に必
                                                           要な知識を身に付けている。
 後         食   ○日本の風土で生きるために     ○   ○        ○   a:先人の知恵・文化に関心を持   授業観察
 期         生
            活     生み出した食物と文化・知                           ち、食生活と健康の関わりを   プリント
 10 11 12
 
            を     恵を知り、伝承について考                           考え、意欲的に食生活の改     ワークシート
            つ
            く     える。                                             善・向上に努めようとしてい   調理計画
            る
                  *里山で継承されている文      ○   ○   ○   ○     る。                         実習記録
 1                  化を学ぶ                                       ・食生活点検や食品成分表を     レポート
 月
                 ○近年の食生活の歴史と現                             活用して栄養計算し、食生活   発表
                   代人の食の問題を知り、自     ○   ○        ○     の問題点を考えようとして     定期考査
                   分の食生活を振り返る。                             いる。
                 ○食生活の変化や問題点を                           ・調理実習では、科学的な視点
                   知り、環境や食料自給率の     ○             ○     を持ち、総合力を養うため、
                   問題を考える。                                     積極的に取り組もうとして
                 ○日常的な食品の栄養的特                             いる。
                   質や調理上の性質につい       ○   ○        ○   b:近年の食生活の歴史や食品
                   て科学的に理解する。                               をめぐる事例から、健康や日
                 ○日本人の食事摂取基準や                             本の農業、食生活の安全性や
                   食事バランスガイドを知り、   ○             ○     環境について思考を深めて
                   自分や家族に当てはめる。                           いる。
                  *食生活点検                                      ・食品成分表を活用して、献立
                 ○食品の選択や調理の際の       ○   ○   ○   ○     の栄養点検を行い、食事摂取
                   安全に関する必要事項を                             基準と比較し、食生活の改善
                   学ぶ。                                             に向けて課題を調査してま
                 ○食生活の自立に必要な基                             とめたり、発表している。
                   本的な調理技術を科学的       ○   ○   ○   ○   c: 食生活をよりよくするため
                   な視点から学び、日常食を                           の調理に関する基礎的・基本
                   作れるようになる。                                 的な技術を身につけ、食品成
                 ○生涯を通じて健康で安全な     ○   ○   ○   ○     分表を活用して、栄養計算を
                   食生活が営めるようになる                           することができる。
                                                                    d: 現代の食生活の課題、食文
                                                                      化、食品の安全性と環境につ
                                                                      いての課題を認識し、その知
                                                                      識を身につけている。
                                                                    ・栄養、食品、調理及び食品衛
                                                                      生など、食事と健康とのかか
                                                                      わりについて、科学的に理解
                                                                      している。
                                                                    ・調理実習を通して、食生活の
                                                                      自立に必要な知識を身につ
                                                                      けている。
      2   住   ○バリアフリーの考え方を理   ○   ○        ○   a:安全で快適な住生活や住ま            授業観察
      月   生
           活     解し、身につける。                               い方について考えようとし            プリント
           を   ○気候風土に応じたさまざま   ○             ○     ている。                            ワークシート
           つ
           く     な住様式が存在することを                       b: 近年の安全な住環境の課題           定期考査
           る
                  学ぶ。                                           について考えを深め、まとめ
                ○住環境における地域社会と   ○   ○   ○   ○     ている。
                  のつながりの重要性を理解                       c:よりよい居住環境を整備す
                  し、持続可能な住生活とは                         るために必要な平面図を読
                  何か考える。                                     み取り、家族構成やライフス
                                                                   テージ、生活価値観に応じた
                                                                   住空間の計画ができる。
                                                                 d:住居の機能、住空間の計画、
                                                                   住環境など、安全で快適な住
                                                                   まいについて科学的に理解
                                                                   している。
 
      3   生   ○今までの学習を踏まえ、キ   ○   ○        ○   a: 生涯を見通した自己の生活           授業観察
      月   活
           を     ャリアの視点から生涯の生                         設計について関心をもち、自          プリント
           設     活設計に必要な要素をまと                         己のライフスタイルや生活            ワークシート
           計
           す     める。                                           資源の活用の観点から、将来          定期考査
           る
                ○自分のめざすライフスタイ   ○   ○   ○   ○     の生活設計について考えよ
                  ルを考え、高校卒業後の生                         うとしている。
                  活設計を立てる。                               b: 資源を有効活用した生活設
                                                                   計について考え、工夫した
                                                                   り、自己実現をめざして、生
                                                                   活設計を考え、まとめてい
                                                                   る。
                                                                 c: 生活設計の立案に必要な情
                                                                   報を収集・整理し、検討を行
                                                                   い、具体的な生活設計を立て
                                                                   ることができる。
                                                                 d: 充 実 し た 人 生 を 送 る た め
                                                                   に、生涯を見通した生活設計
                                                                   の必要性を理解し、生活設計
                                                                   の意義や生活設計に必要な
                                                                   要素など、生活設計を行うた
                                                                   めに必要な知識を身につけ
                                                                   ている。
 
 ※  表中の観点について a:関心・意欲・態度         b:思考・判断・表現
                         c:技能                    d:知識・理解
 ※ 年間指導計画(例)作成上の留意点
   ・原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単元)
      の各項目において特に重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付
      けている。
                                                                                      学校番号            3016
                                                    令和3年度 理数科
 
                教科            理数         科目         理数数学II       単位数       6単位     年次          2年次
     使用教科書              改訂版「数学II」「数学 B」「数学III」(数研出版)
                             チャート式 「基礎からの数学II+B」「基礎からの数学III」 (数研出版)
      副教材等
                             シニア数学演習IAIIB(数研出版),文科のみメジアン数学演習IAIIB(数研出版)
 
 1 担当者からのメッセージ(学習方法等)
    ・授業では知識の蓄積だけでなく,例題および問題演習を積極的に行うことにより,それらの知識
    を活用する力と論理的に表現する力を育成していきます。
    ・「予習」→「授業」→「復習」のサイクルをしっかり身に着けよう。
    ・問題演習の扱いについては担当者の指示に従ってください。
    ・家庭学習で既習事項の定着をしっかりはかってください。
    文科においては,IIB の内容が終わり次第,入試演習となります。自分でしっかり解けるように粘
    り強く問題に取り組もう。
    理科においては,IIB の内容が終わり次第,数学IIIの内容に入ります。計算量もかなり増えますか
    ら,正確に解けるようにしていこう。
 
 2 学習の到達目標
    1年次に学習した内容を基礎とし、さらに発展的な内容を学習する。
    ・数学IIの「微分法・積分法」の内容を学習する。
    ・数学Bの「数列」「平面上のベクトル」「空間のベクトル」の内容を学習する。
    ・その後、文科では数学IIIABの演習に入る。
      理科では数学IIIの「極限(数列の極限),(関数の極限)」「平面上の曲線」「複素数平面」「微分
      法」「積分法」を学習する。
 
 
 
 3 学習評価(評価規準と評価方法)
    観
          a:関心・意欲・態度   b:思考・判断・表現                             c:技能                d:知識・理解
    点
                    数学的活動を通して,微   数学的活動を通して,微    数学的活動を通して,微    数学的活動を通して,微
                    分法と積分法、極限、微   分法と積分法、極限、微    分法と積分法、極限、微    分法と積分法、極限、微
                    分法、積分法、数列、ベ   分法、積分法、数列、ベ    分法、積分法、数列、ベ    分法、積分法、数列、ベ
                    クトル、複素数平面、式   クトル、複素数平面、式    クトル、複素数平面、式    クトル、複素数平面、式
                    と曲線における考え方に   と曲線における数学的な    と曲線において,事象を    と曲線における基本的
      観点 の趣旨
 
 
 
 
                    関心をもつとともに,数   見方や考え方を身につ      数学的に考察し,処理す    な概念,原理・法則,用
                    学的な見方や考え方のよ   け,事象を数学的に捉え, る仕方や推論の技能を身     語・記号などを理解し,
                    さを認識し,それらを事   論理的に考察するととも    につけ,的確に問題を解    基礎的な知識を身につ
                    象の考察に活用しようと   に,過程を振り返り多面    決できる。                けている。
                    する。                   的・発展的に考察し,表    文科においては演習を通    文科においては演習を
                    文科においては演習を通   現できる。                して既習単元において      通して既習単元におけ
                    して既習単元において数   文科においては演習を通    様々な事象を数学的に表    る基本的な概念、原理・
                    学のよさを認識し、それ   して既習単元において数    現・処理する仕方や推論    法則などを体系的に理
                    らの事象への考察に活用   学的な見方や考え方を身    の方法などの技能を身に    解し、知識を身に付けて
                    しようとする。           に付けている。            付けている。              いる。
                 プリント,ノート                     プリント ノート            プリント ノート                プリント ノート
                 課題等提出物                         課題等提出物               課題等提出物                   課題等提出物
      評価方法
 
                 観察等                               定期考査 宿題考査          定期考査 宿題考査              定期考査 宿題考査
                                                      観察等                     観察等                         観察等
 
 
 
 
    上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
    学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 
 
 
 4 学習の活動
                  単 元名
     学 期
 
 
 
 
                                                                    主な評価の観点
                                           学習内容                                         単元(題材)の評価規準           評価方法
                                                                a       b    c       d
     前期
 
                  微分法 ・
 
 
 
 
                                  微分係数と導関数             ○      ○   ○   ○      a: 微分法と積分法に関心をも         定期考査
                                  接線                                 ○   ○   ○      つとともに,それらの有用性を        提出物
                         積分法
 
 
 
 
                                  関数の増減と極大・極小                    ○   ○      認識し,事象の考察に活用しよ        授業中の態
 
                                  最大値・最小値,方程式・不                ○   ○      うとしている。                      度等
 
                                  等式                                                   b: 微分法と積分法を考察し,
 
                                  不定積分                     ○      ○   ○   ○      その過程を振り返ったりする
                                                                                         ことなどを通して,数学的な見
                                  定積分                       ○      ○   ○   ○
                                                                                         方や考え方を身につけている。
                                  面積                                 ○   ○
                                                                                         c: 微分法と積分法の特徴をい
                                  体積                                 ○   ○
                                                                                         ろいろな方法で表現・処理する
                                                                                         技能を身につけている。
                                                                                         d: 微分法と積分法に関する基
                                                                                         本的な概念を理解し,知識を身
                                                                                         につけている。
     前期
 
                  数列
 
 
 
 
                                  等差数列                     ○      ○   ○   ○      a: 数 列に 関 心 を も つ と とも   定期考査
                                  等比数列                     ○      ○   ○   ○      に,それらの有用性を認識し, 提出物
                                  種々の数列                           ○                事象の考察に活用しようとし          授業中の態
                                  漸化式と数列                         ○   ○           ている。                            度等
 
                                  種々の漸化式                              ○   ○      b: 数列を考察し,その過程を
 
                                  数学的帰納法                 ○      ○                振り返ったりすることなどを
                                                                                         通して,数学的な見方や考え方
                                                                                         を身につけている。
                                                                                         c: 数列の特徴をいろいろな方
                                                                                         法で表現・処理する技能を身に
                                                                                         つけている。
                                                                                         d: 数列に関する基本的な概念
                                                                                         を理解し,知識を身につけてい
                                                                                         る。
        前期
 
                      平面上のベクトル
                                         ベクトルの演算                 ○   ○   ○   ○   a: 平面上のベクトルに関心を         定期考査
 
                                         ベクトルの成分                      ○   ○   ○   もつとともに,それらの有用性        提出物
                                                                                            を認識し,事象の考察に活用し        授業中の態
                                         ベクトルの内積                      ○   ○
                                                                                            ようとしている。                    度等
                                         位置ベクトル,ベクトルと図形        ○        ○
                                                                                            b: 平面上のベクトルを考察し,
                                         ベクトル方程式                      ○   ○
                                                                                            その過程を振り返ったりする
                                                                                            ことなどを通して,数学的な見
                                                                                            方や考え方を身につけている。
                                                                                            c: 平面上のベクトルの特徴を
                                                                                            いろいろな方法で表現・処理す
                                                                                            る技能を身につけている。
                                                                                            d: 平面上のベクトルに関する
                                                                                            基本的な概念を理解し,知識を
                                                                                            身につけている。
        前期
 
                      空間上のベクトル
 
 
 
 
                                         空間の座標                     ○   ○   ○   ○   a: 空間のベクトルに関心をも         定期考査
                                         空間のベクトル,ベクトルの成        ○   ○   ○   つとともに,それらの有用性を        提出物
                                         分                                                 認識し,事象の考察に活用しよ        授業中の態
                                         空間のベクトルの内積                ○   ○        うとしている。                      度等
                                         位置ベクトル,ベクトルと図形        ○   ○        b: 空間のベクトルを考察し,そ
 
                                         座標空間の図形                 ○             ○   の過程を振り返ったりするこ
 
                                         平面の方程式,直線の方程                      ○   となどを通して,数学的な見方
 
                                         式                                                 や考え方を身につけている。
                                                                                            c: 空間のベクトルの特徴をい
                                                                                            ろいろな方法で表現・処理する
                                                                                            技能を身につけている。
                                                                                            d: 空間のベクトルに関する基
                                                                                            本的な概念を理解し,知識を身
                                                                                            につけている。
 前期
        前期 〔
 
                      関数
 
 
 
 
                                         分数関数・無理関数             ○   ○   ○   ○   a: 関 数に 関 心 を も つ と とも   定期考査
             理科〕
 
 
 
 
                                         逆関数と合成関数                    ○   ○        に,それらの有用性を認識し, 提出物
                                                                                            事象の考察に活用しようとし          授業中の態
                                                                                            ている。                            度等
                                                                                            b: 関数を考察し,その過程を
                                                                                            振り返ったりすることなどを
                                                                                            通して,数学的な見方や考え方
                                                                                            を身につけている。
                                                                                            c: 関数の特徴をいろいろな方
                                                                                            法で表現・処理する技能を身に
                                                                                            つけている。
                                                                                            d: 関数に関する基本的な概念
                                                                                            を理解し,知識を身につけてい
                                                                                            る。
               複 素数 平 面
 後期 〔
      理科〕                   複素数平面                   ○   ○   ○   ○   a: 複素数平面に関心をもつと         定期考査
                               複素数の極形式                    ○   ○   ○   ともに,それらの有用性を認識        提出物
                               ド・モアブルの定理                     ○   ○   し,事象の考察に活用しようと        授業中の態
 
                               複素数と図形                 ○   ○             している。                          度等
                                                                                b: 複素数平面を考察し,その
                                                                                過程を振り返ったりすること
                                                                                などを通して,数学的な見方や
                                                                                考え方を身につけている。
                                                                                c: 複素数平面の特徴をいろい
                                                                                ろな方法で表現・処理する技能
                                                                                を身につけている。
                                                                                d: 複素数平面に関する基本的
                                                                                な概念を理解し,知識を身につ
                                                                                けている。
               極限
 後期 〔
 
 
 
 
                               数列の極限                   ○   ○   ○   ○   a: 極 限に 関 心 を も つ と とも   定期考査
      理科〕
 
 
 
 
                               無限級数                          ○   ○   ○   に,それらの有用性を認識し, 提出物
                               関数の極限                        ○        ○   事象の考察に活用しようとし          授業中の態
 
                               関数の連続性                      ○   ○        ている。                            度等
 
                                                                                b: 極限を考察し,その過程を
                                                                                振り返ったりすることなどを
                                                                                通して,数学的な見方や考え方
                                                                                を身につけている。
                                                                                c: 極限の特徴をいろいろな方
                                                                                法で表現・処理する技能を身に
                                                                                つけている。
                                                                                d: 極限に関する基本的な概念
                                                                                を理解し,知識を身につけてい
                                                                                る。
               式と曲線
 後期 〔
 
 
 
 
                               放物線,楕円,双曲線         ○   ○   ○   ○   a: 式と曲線に関心をもつとと         定期考査
      理科〕
 
 
 
 
                               2 次曲線と直線                    ○   ○        もに,それらの有用性を認識          提出物
                               2 次曲線の接線                    ○   ○        し,事象の考察に活用しようと        授業中の態
 
                               2 次曲線の性質,2 次曲線と        ○   ○   ○   している。                          度等
 
                               領域                                             b: 式と曲線を考察し,その過
 
                               媒介変数表示                      ○   ○        程を振り返ったりすることな
                                                                                どを通して,数学的な見方や考
                               極座標,極方程式             ○             ○
                                                                                え方を身につけている。
                                                                                c: 式と曲線の特徴をいろいろ
                                                                                な方法で表現・処理する技能を
                                                                                身につけている。
                                                                                d: 式と曲線に関する基本的な
                                                                                概念を理解し,知識を身につけ
                                                                                ている。
               微分法
 後期 〔
      理科〕                   微分係数と導関数             ○   ○   ○   ○   a: 微分法に関心をもつととも    定期考査
                               導関数の計算                           ○   ○   に,それらの有用性を認識し, 提出物
                               三角,対数,指数関数の導関             ○   ○   事象の考察に活用しようとし     授業中の態
                               数                                               ている。                       度等
 
                               高次導関数,関数のいろいろ        ○   ○   ○   b: 微分法を考察し,その過程
                               な表し方と導関数                                 を振り返ったりすることなど
                                                                                を通して,数学的な見方や考え
                                                                                方を身につけている。
                                                                                c: 微分法の特徴をいろいろな
                                                                                方法で表現・処理する技能を身
                                                                                につけている。
                                                                                d: 微分法に関する基本的な概
                                                                                念を理解し,知識を身につけて
                                                                                いる。
               微分法 の応用
 後期 〔
 
 
 
 
                               接線と法線                   ○   ○   ○   ○   a: 微分法の既習事項を利用し    定期考査
      理科〕
 
 
 
 
                               平均値の定理                      ○   ○        て応用しようとしている。       提出物
 
                               関数の値の変化,最大・最小        ○        ○   b: 微分法の既習事項を利用し    授業中の態
 
                               関数のグラフ                 ○   ○             て数学的な見方や考え方で応     度等
                                                                                用しようとしている。
                               方程式・不等式の応用              ○   ○
                                                                                c: 微分法の既習事項を利用し
                               速度と加速度,近似式         ○             ○
                                                                                て表現・処理する技能において
                                                                                応用しようとしている。
                                                                                d: 微分法の既習事項を利用し
                                                                                て応用的な知識を身につけて
                                                                                いる。
               積分法
 後期 〔
 
 
 
 
                               不定積分とその基本性質       ○   ○   ○   ○   a: 積分法に関心をもつととも    定期考査
      理科〕
 
 
 
 
                               不定積分の置換積分法・                 ○   ○   に,それらの有用性を認識し, 提出物
                               部分積分法                                       事象の考察に活用しようとし     授業中の態
                               いろいろな関数の不定積分               ○   ○   ている。                       度等
 
                               定積分とその基本性質         ○   ○   ○   ○   b: 積分法を考察し,その過程
 
                               定積分の置換積分法・                   ○   ○   を振り返ったりすることなど
 
                               部分積分法                                       を通して,数学的な見方や考え
 
                               定積分で表された関数              ○   ○        方を身につけている。
                                                                                c: 積分法の特徴をいろいろな
                               定積分と和の極限,不等式               ○   ○
                                                                                方法で表現・処理する技能を身
                                                                                につけている。
                                                                                d: 積分法に関する基本的な概
                                                                                念を理解し,知識を身につけて
                                                                                いる。
    後期 〔
 
                  入試問題演習
         文科〕                  理数数学I・II全般の    ○   ○   ○    ○   a:入試問題に関心をもち,既習   定期考査
                                 入試演習                                    の単元の性質を考察しようと     提出物
                                 数と式                                      している。                     授業中の演
                                 関数と方程式・不等式                        b:入試問題演習を通して,数学   習等
                                 式と証明,論理                              的な見方や考え方を身につけ
                                 整数の性質                                  ている。
                                 場合の数・確率                              c:既習の単元の内容を用いて
                                 図形の性質                                  表現・処理する仕方などの技能
                                 図形と式                                    を身につけている。
                                 三角・指数・対数関数                        d: 既習の単元の基本的な性質
                                 微分法・積分法                              を理解し,知識を身につけてい
                                 ベクトル                                    る。
                                 数列
                                 データの分析
 
 
 
 
 ※ 表中の観点について a:関心・意欲・態度                              b:思考・判断・表現
                       c:技能                                          d:知識・理解
 
 
 ※ 年間指導計画作成上の留意点
   ・原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単
     元)の各項目において特に重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について
     ○を付けている。
                                                                      学校番号         3016
                                          令和3年度   理数科
 
           教科        理数        科目        理数物理      単位数      2単位     年次      2年次
      使用教科書    改訂版 物理(数研出版)
       副教材等     四訂版 リードα 物理基礎・物理 (数研出版)
 
 1   担当者からのメッセージ(学習方法等)
      ・予習よりも復習に重点をおいて学習してください。
      ・次の授業までに、前回の授業を復習し、疑問点は質問するなりして解消してください。
      ・授業用のノートを用意してください。
      ・問題集は、解ける問題は日頃からコツコツ解いておいてください。また、問題集用のノートまた
        は、ルーズリーフを作っておくことを薦めます。
 
 2   学習の到達目標
      物理的な事物・現象についての講義や観察・実験を通して、自然に対する探究心を高め,物理的に
      探究する能力と態度を身につけるとともに,物理学の基本的な概念や原理・法則の系統的な理解を
      深め,自然界の事物・現象を分析的,総合的に考察する科学的な自然観をもてるようになる。
 
 
 3   学習評価(評価規準と評価方法)
      観
            a:関心・意欲・態度   b:思考・判断・表現             c:技能               d:知識・理解
      点
            物理的な事物・現象に   物理的な事物・現象の     物理学的な事物現        物理学的な事物・現
            関心や探究心をもち、   中に問題を見いだし、   象に関する観察,思考    象に関する基本的な
            主体的に探究しようと   探究する過程を通し     実験などを行い,それ    概念や原理・法則につ
            するとともに、科学的   て、事象を科学的に考   らの過程や結果を的      いて理解を深め、知識
      観
      点    態度を身に付けてい     察し、導き出した考え   確に記録,整理し,自    を身に付けている。
      の    る。                   を的確に表現してい     然の事物・現象を科学
      趣
      旨                           る。                   的に探究する技能を
                                                          身に付けている。
 
 
 
 
            学習状況の観察,問答   学習状況の観察,問     学習状況の観察,問      学習状況の観察,問
                                   答,定期考査の結果     答,定期考査の結果      答,定期考査の結果
 
      評
      価
      方
      法
 
 
 
 
      上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
      学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 
 
 4   学習の活動
                                                  主な評価の観点
    学   単
         元                学習内容                                      単元(題材)の評価規準        評価方法
    期   名                                   a       b    c       d
 
 前 前   力   1. 平面内の運動                      ○                b: 平面上の物体の運動につい    学習状況の
 期 期   と
         運   (ア) 曲線運動の速度と加速度                                て、直線上の運動と関連させ   観察,問答,
         動   平面内を運動する物体の運                                   て考察し、考えを表現してい   定期考査の
              動について理解すること。                                   る。                         結果
              (イ) 放物運動                                            a: 剛体にはたらく力のつりあ
               斜方投射された物体の運動                                  いなどに関心を持ち,身近な
              を理解すること。                                           物体について定量的に考え
              2.剛体                       ○           ○             ようとしている。
              (ア) 剛体のつり合い                                      c: 大きさのある物体を用いた
              大きさのある物体にはたらく                                 つりあいについて,観察・実
              力のつり合いを理解すること。                               験を行い,力学実験における
              3.運動量の保存                       ○        ○        操作を習得するとともに,そ
              (ア) 運動量と力積                                          れらの過程や結果を的確に
              運動量と力積の関係につい                                   記録,整理している。
              て理解すること。                                         d:運動量と力積の関係につい
              (イ) 運動量の保存                                          て理解し、知識を身に付けて
              物体の衝突や分裂における                                   いる。
              運動量の保存を 理解す るこ                               b: 衝突や分裂における運動量
              と。                                                       と力積の関係について考察
              (ウ) はね返り係数                                          し、考えを表現している。
              衝突におけるはね返りについ
              て理解すること。
 
         力   4.円運動と万有引力                   ○   ○   ○      b:円運動と単振動,慣性系と非   学習状況の
         と
         運   (ア) 円運動と慣性力                                        慣性系の関係について考察     観察,問答,
         動   円運動を表す方法や働く力                                   し、考えを表現している。     定期考査の
              などについて、慣性系と非慣                               c: 円運動と単振動について観    結果
              性系の違いに留意して理解                                   察・実験を行い,力学実験に
              すること。                                                 おける操作を習得するとと
              (イ) 単振動                                                もに,それらの過程や結果を
              単振動を表す方法や働く力                                   的確に記録,整理している。
              などについて理解すること。                               d:円運動と単振動の関係,およ
              5.万有引力                                               び慣性力について理解し,知
              (ア) 惑星の運動                ○                ○        識を身に付けている
              惑星の運動に関する法則を                                 a:惑星の運動と万有引力発見
              理解すること。                                             の過程に関心を持ち,科学的
              (イ) 万有引力                                              探究の方法を学ぼうとして
              万有引力の法則及び万有引                                   いる。
              力による物体の運動について                               d: ケプラーの法則,万有引力
              理解すること。                                             について理解し,知識を身に
                                                                         付けている。
    学   単                                      主な評価の観点
         元              学習内容                                       単元(題材)の評価規準       評価方法
    期   名                                  a       b    c       d
 
 後 後   熱   1.気体のエネルギーと状態    ○      ○        ○      a: 気体の状態変化に関心を     学習状況の
 期 期   と
         気   変化                                                    もち,熱機関の原理や熱効率    観察,問答,
         体   (ア) 気体の法則と分子の運動                             について学び,エネルギーの    定期考査の
              気体の状態に関する諸法則                                有効利用について,科学的に    結果
              について、気体分子の運動と                              考えようとしている。
              圧力の関係をとおして理解す                              b: 気体の法則と分子の運動
              ること。                                                の関連について,考察し,考
              (イ) 気体の内部エネルギー                               えを表現している。
              気体の内部エネルギーにつ                                d: 気体の状態変化と分子運動
              いて,気体の分子運動と関連                               について理解し,知識を身に
              付けて理解すること。                                     付けている。
              (ウ) 気体の状態変化
              気体の状態変化における熱,
              仕事及び内部エネルギーの
              関係を理解すること。
 
         波   1.音                                ○                b: ドップラー効果について考   学習状況の
              (ア) 音のドップラー効果                                  察し,考えを表現している。 観察,問答,
              2次元の音のドップラー効果                              a: 光の伝わり方について関心   定期考査の
              について理解すること。                                   をもち,像のでき方などにつ   結果
              2.光                                                   いて探究しようとしている。
              (ア) 光の伝わり方                                       c:光の屈折やレンズについて
              光の伝わり方について理解す                               実験の技能を習得するとと
              ること。                                                 もに,それらの過程や結果を
              (イ) 光の回折と干渉           ○           ○   ○       的確に記録,整理している。
              光の回折と干渉について理                                d: 光の進み方,光の干渉につ
              解すること。                                             いて理解し,知識を身に付け
                                                                       ている。
 
         電   1.電気と電流                ○      ○   ○   ○      a: 電気による現象について関   学習状況の
         気
         と   (ア) 電荷と電場                                          心をもち、探究しようとして   観察,問答,
         磁   電荷が相互に及ぼし合う力や                               いる。                       定期考査の
         気
              電場の表し方を理解するこ                                b: 電気現象について電場や電   結果
              と。                                                     位の概念をもとに考察し、考
              (イ) 電場と電位                                          えを表現している。
              電場と電位の関係を理解する                              c: 電流について実験などを行
              こと。                                                   い、電気に関する測定の操作
              (ウ) 物質と電気抵抗                                      を習得するとともに,結果を
              電流を電荷の移動としてとら                               的確に記録,整理している。
              え、物質によって抵抗率が異                              d: 電場や電位などの概念を理
              なることを理解すること。                                 解し、電流に関する知識を身
                                                                       に付けている。
 ※   表中の観点について a:関心・意欲・態度      b:思考・判断・表現
                         c:技能                 d:知識・理解
 
 ※ 年間指導計画(例)作成上の留意点
   ・原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単
     元)の各項目において特に重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について
     ○を付けている。
                                                                                  学校番号
                                                                                                     3016
 
                                                     令和三年度 理数科
 
 
                 教科             理数      科目         理数化学        単位数       2 単位     年次       2 年次
      使用教科書              化学改訂版(啓林館)
                              自主編集プリント集,ニューステージ化学図表(浜島書店),セミナー化学基礎+化学(第一学
        副教材等
                              習社)
 
 1 担当者からのメッセージ(学習方法等)
    物質及び化学変化に積極的に興味関心をもち、自主的にこれを探究する態度と周囲の物質やその変化の理解
    を通して、科学的な思考力に基づく自然観を養成する。
    1年の化学基礎で学習した内容をふまえ、2年では化学の「電池と電気分解」と「有機化学」の内容につい
    て学習していく。
 
 2 学習の到達目標
    実験・観察に重点を置き、直接、物質に触れることによって科学的態度や思考力の育成を図る。自ら調べ、
    考えをまとめ、内容を適切に表現できるよう、生徒の個々の主体的取り組みを重視する。
 
 
 
 
 3 学習評価(評価規準と評価方法)
    観
            a:関心・意欲・態度                b:思考・判断・表現            c:技能                 d:知識・理解
    点
            化学的な事物・現象に              化学的な事物・現象の     化学的な事物・現象に    化学的な事物・現象に
          関心や探究心をもち、主            中に問題を見いだし、探   関する観察、実験などを    関する基本的な概念や
          体的に探究しようとす              究する過程を通して、事   行い、基本操作を習得す    原理・原則について理
       観点 の趣旨
 
 
 
 
          るとともに、科学的態度            象を科学的に考察し、導   るとともに、それらの過    解を深め、知識を身に
          を身に付けている。                きだした考えを的確に     程や結果を的確に記録、    付けている。
                                            表現している。           整理し、自然の事物・現
                                                                     象を科学的に探究する
                                                                     技能を身に付けている。
 
 
 
                     普段の授業態度         小テスト                 実験の技能習得            小テスト
                     宿題提出などの提出物   定期考査                 レポート                  定期考査
                     実験・観察の取り組み
       評価方法
 
 
 
 
     上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
     学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4 学習の活動
                                                                       主な評価の観点
                単元名
      学期
 
 
                                                    学習内容                                        単元(題材)の評価規準               評価方法
                                                                   a     b      c        d
      前期 1
 
 
                化学反応とエネルギー
 
 
 
                                       電池                             ○              ○   a:電池と電気分解に関する事物・現象に   授業観察
          (                                                                                  関心を持ち、意欲的にそれらを探究し、 実験レポート
          )
                                                                                             科学的態度を身に付けている。           問題演習
                                                                                             b:電池と電気分解に関する事物・現象の   小テスト・定期考
                                                                                             中に問題を見出し、観察、実験などを通   査
                                                                                             じて、事実を分析的・総合的に捉え、実
                                                                                             証的、論理的に考察して問題を解決し、
                                                                                             科学的に判断できる。
                                       電気分解                   ○           ○            c:観察、実験の技能を習得するととも
                                                                                             に、電池と電気分解に関する事物・現象
                                                                                             を科学的に探究する方法を身に付け、そ
                                                                                             れらの過程や結果及びそこから導き出
                                                                                             した自らの考えを的確に表現できる。
                                                                                             d:観察、実験を通じて、電池と電気分解
                                                                                             に関する事物・現象についての基本的な
                                                                                             概念や原理・法則を理解し、基本的な知
                                                                                             識を身に付けている。
      前期 2
 
 
                有機化合物
 
 
 
 
                                       有機化合物の特徴                                 ○   a:有機化合物に関する事物・現象に関心   授業観察
          (                                                                                  や探究心を持ち、意欲的にそれらを探究   実験レポート
          )
                                                                                             し、科学的態度を身に付けている。       問題演習
                                       有機化合物の構造式の決定         ○
                                                                                             b:有機化合物に関する事物・現象の中に   小テスト・定期考
                                                                                             問題を見出し、観察、実験などを通じて、 査
      前期 3
 
 
                炭化水素
 
 
 
 
                                       飽和炭化水素               ○           ○            事実を分析的・総合的に捉え、実証的、 授業観察
          (                                                                                  論理的に考察して問題を解決し、科学的   実験レポート
          )
                                                                                             に判断できる。                         問題演習
                                       不飽和炭化水素             ○           ○            c:観察、実験の技能を習得すると共に、 小テスト・定期考
                                                                                             有機化合物に関する事物・現象を科学的   査
                酸素を含む有機化合物
      後期 1
 
 
 
 
                                       アルコールとエーテル       ○           ○            に探究する方法を身に付け、それらの過   授業観察
          (                            アルデヒドとケトン         ○           ○            程や結果及びそこから導き出した自ら     実験レポート
                                                                                             の考えを的確に表現する。
          )
                                                                                                                                    問題演習
                                       カルボン酸とエステル       ○           ○
                                                                                             d:観察、実験などを通じて、有機化合物   小テスト・定期考
                                       油脂とセッケン                   ○                   に関する事物・現象についての基本的な   査
                                                                                             概念や原理・法則を理解し、知識を身に
                芳香族化合物
      後期 2
 
 
 
 
                                       芳香族炭化水素                                   ○   付けている。                           授業観察
          (                                                                                                                         実験レポート
          )                            酸素を含む芳香族化合物     ○           ○
                                                                                                                                    問題演習
                                       窒素を含む芳香族化合物     ○           ○                                                   小テスト・定期考
 
                                       芳香族化合物の分離               ○                                                          査
 
 
  ※ 表中の観点について a:関心・意欲・態度        b:思考・判断・表現
                          c:技能                  d:知識・理解
  ※ 年間指導計画(例)作成上の留意点
    ・原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単元)の各項目
      において特に重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付けている。
                                                                           学校番号        3016
                                           令和3年度 理数科
 
          教科          理数        科目          理数生物        単位数       2単位     年次      2年次
     使用教科書     「生物」 (東京書籍)
                    リードα生物基礎+生物 (数研出版)
                    スクエア最新図説生物(第一学習社)
      副教材等
 
 
 
 
 1 担当者からのメッセージ(学習方法等)
    ・日常生活の中で起こるさまざまな自然現象に興味をもち,その法則性について考える態度をもつこと。
    ・単に用語を暗記するのではなく、自然現象のメカニズムを理解することが重要である。
    ・予習よりも、復習に重点をおいて学習する。
    ・学習した単元の問題演習を行い、理解を深める。
 
 
 
 2 学習の到達目標
 
    1 「生物基礎」との関連を図りながら,生物や生物現象を更に広範囲に取り扱い,生物学的に探究する能力と態度を身
      に付けさせる。
    2 生物学の基本的な概念や原理・法則の理解を深めさせ,科学的な自然観を育てる。
    3 観察・実験を通して自然を科学的に探究する能力を育てる。さらに,実験に対する目的,仮説,準備,方法,結果,
      考察,発展という手順に従ったレポートを作成する能力を育てる。
    4 命の営みを学習することで生命に対する畏敬の念を育て,生命を尊重する精神を養う。
 
 
 3 学習評価(評価規準と評価方法)
     観
            a:関心・意欲・態度       b:思考・判断・表現               c:技能                d:知識・理解
     点
           自然の事物・現象に関心   生物や生物現象の中に      観察、実験を行い、そ      自然の事物・現象につ
           や探究心をもち、意欲的   問題を見いだし、探究す    れらの結果を予測し、      いて、基本的な概念や
     観    にそれらを探究しよう     る過程を通して、事象を    自然の事物・現象を科      原理・法則を理解し、
     点
     の    とするとともに、科学的   科学的に考察し、導き出    学的に探究する技能を      知識を身に付けてい
     趣    態度を身に付けている。 した考えを適切に表現        身に付けている。          る。
     旨
                                    している。
 
 
 
           学習状況の観察、問答     学習状況の観察、問答、 学習状況の観察、問答、 学習状況の観察、問答、
                                    定期考査の結果            定期考査の結果            定期考査の結果
 
     評
     価
     方
     法
 
 
 
 
    上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
    学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4 学習の活動
                                                   主な評価の観点
     学   単
          元              学習内容                                         単元(題材)の評価規準             評価方法
     期   名                                   a      b     c       d
 
     前   生     生物基礎の復習               ○                ○      a:生命現象と物質に関する事物・現     学習状況の
     期   命
     1   現     生体物質と細胞                      ○         ○      象に関心を持ち、意欲的にそれらを     観察、問答、
          象                                                            探究し、科学的態度を身に付けてい     定期考査の
          と
          物                                                            る。                                 結果
          質
                                                                        b:生命現象と物質に関する事物・現
     前          生命現象を支えるタンパク質          ○    ○           象の中に問題を見出し、観察、実験     学習状況の
     期
     2                                                                 などを通じて、事実を分析的・総合     観察、問答、
                                                                        的に捉え、実証的、論理的に考察し     定期考査の
                                                                        て問題を解決し、科学的に判断でき     結果
                                                                        る。
 
                 代謝とエネルギー                    ○    ○           c:観察、実験の技能を習得するとと     学習状況の
     前
     期                                                                 もに、生命現象と物質に関する事
     3                                                                                                      観察、問答、
                                                                        物・現象を科学的に探究する方法を     定期考査の
                                                                        身に付け、それらの過程や結果及び     結果
                                                                        そこから導き出した自らの考えを的
                                                                        確に表現できる。
                                                                        d:観察、実験を通じて、生命現象と
                                                                        物質に関する事物・現象についての
                                                                        基本的な概念や原理・法則を理解し、
                                                                        基本的な知識を身に付けている。
   後   遺   遺伝情報の発現             ○        ○   ○   a:遺伝子のはたらきに関する事物・     学習状況の
   期   伝
   1   子   遺伝子の発現調節                          ○   現象に関心を持ち、意欲的にそれら     観察、問答、
        の   バイオテクノロジー              ○             を探究し、科学的態度を身に付けて     定期考査の
        は
        た
        ら                                                  いる。                               結果
        き                                                  b:遺伝子のはたらきに関する事物・
                                                            現象の中に問題を見出し、観察、実
                                                            験などを通じて、事実を分析的・総
                                                            合的に捉え、実証的、論理的に考察
                                                            して問題を解決し、科学的に判断で
                                                            きる。
                                                            c:観察、実験の技能を習得するとと
                                                            もに、遺伝子のはたらきに関する事
                                                            物・現象を科学的に探究する方法を
                                                            身に付け、それらの過程や結果及び
                                                            そこから導き出した自らの考えを的
                                                            確に表現できる。
                                                            d:観察、実験を通じて、遺伝子のは
                                                            たらきに関する事物・現象について
                                                            の基本的な概念や原理・法則を理解
                                                            し、基本的な知識を身に付けている。
 
   後   生   生物と生殖と配偶子の形成        ○        ○   a:生殖と発生に関する事物・現象に     学習状況の
   期   殖
   2   と   動物の発生                 ○        ○        関心を持ち、意欲的にそれらを探究     観察、問答、
        発
        生   動物の発生のしくみ              ○             し、科学的態度を身に付けている。     定期考査の
             発生をつかさどる遺伝子          ○             b:生殖と発生に関する事物・現象の     結果
             植物の発生                 ○                  中に問題を見出し、観察、実験など
                                                            を通じて、事実を分析的・総合的に
                                                            捉え、実証的、論理的に考察して問
                                                            題を解決し、科学的に判断できる。
                                                            c:観察、実験の技能を習得するとと
                                                            もに、生殖と発生に関する事物・現
                                                            象を科学的に探究する方法を身に付
                                                            け、それらの過程や結果及びそこか
                                                            ら導き出した自らの考えを的確に表
                                                            現できる。
                                                            d:観察、実験を通じて、生殖と発生
                                                            に関する事物・現象についての基本
                                                            的な概念や原理・法則を理解し、基
                                                            本的な知識を身に付けている。
 
 
 ※ 表中の観点について a:関心・意欲・態度          b:思考・判断・表現
                        c:技能                     d:知識・理解
 ※ 年間指導計画(例)作成上の留意点
  ・原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単元)の
    各項目において特に重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付けてい
    る。
                                                                                              学校番号            3016
                                                            令和3年度           理数科
 
                 教科                   理数         科目         課題研究           単位数      1単位     年次         2年次
      使用教科書                    各講座担当者作成教材
       副教材等                     各講座担当者作成教材
 
 1 担当者からのメッセージ(学習方法等)
     具体的な研究テーマの設定から、課題解決へのアプローチまですべて生徒が主体的に取り組んで
     いくなかで、社会の発展を図る創造的な能力と実践的な態度を養ってほしい。
 
 
 2 学習の到達目標
     主に自然科学系の現象に関する課題を設定させ、長期にわたる研究を実施することにより創造性・
     科学的な思考力・判断力を養うとともに、グループ活動に必要な自主性・協調性を育成する。また、
     それぞれの研究成果について発表する機会や論文としてまとめる機会を設け、プレゼンテーショ
     ン能力や報告書作成能力の向上も図る。
 
 
 3 学習評価(評価規準と評価方法)
      観
          a:関心・意欲・態度    b:思考・判断・表現                                      c:技能                 d:知識・理解
      点
          自ら設定した課題に 主体的な研究方法の                               課題解決に必要な情           自然の事物・現象に
       観点 の趣旨
 
 
 
 
          関心をもち、その課題 工夫や諸課題の解決                             報を収集・整理し、観         ついて、基本的な概
          への心構えや研究方 をめざして自ら思考                               察や実験を行って、           念や原理・法則を理
          法を自ら工夫して取 を深める。自らの取り                             自然の事物・現象を           解し、知識を身につ
          り組む意欲的,計画的 組みを相手に対し、的                           科学的に探究する技           けている。
                     な態度がある。                  確にわかりやすく表       能を身につけてい
                                                     現できる。               る。
       評価方法
 
 
 
 
                     出席状況                        研究の創意工夫           観察や実験への取り 研究ノートや論文の
                     研究に取り組む態度              発表会の内容             組み                         内容
 
 
     上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
     学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 
 
 4 学習の活動
                      単 元名
       学 期
 
 
 
 
                                                                主な評価の観点
                                        学習内容                                        単元(題材)の評価規準           評価方法
                                                            a       b    c       d
 
                                ・研究テーマの設定          ○                        a:意欲的な研究態度             出席状況
                                ・テーマへの迫り方の模索                      ○      b:研究への創意工夫             取組姿勢
                                ・具体的な研究                           ○           c:観察や実験技能               創意工夫
                                ・研究発表会、論文作成              ○                d:研究内容の知識・理解         発表内容
 
  ※ 表中の観点について a:関心・意欲・態度       b:思考・判断・表現
                         c:技能                  d:知識・理解
  ※ 原則として一つの単元(題材)で全ての観点について評価することとなるが、学習内容(小単元)の各項
      目において重点的に評価を行う観点(もしくは重み付けを行う観点)について○を付けている。
                                                                                                         学校番号                  3016
                                                              令和3年度 英語科
         教科                              科目                  単位数            指導学年                      教材名・副教材名
 
                                                                                                          啓林館 Revised Element
         英語                            総合英語                   1             第2学年
                                                                                                       English Communication II
 
   1        担当者からのメッセージ(学習方法等)
   授業では「読む」
                 「聞く」だけでなく,理解した事柄についてその概要や,自分の考えを「話す」
                                                                                       「書く」
   活動を,ペア・ワークやグループ・ワークで行うことが多くなります。英語でコミュニケーションしよ
   うとする意欲を持ち,多様な言語活動に意欲的に取り組んで下さい。
   音読や口頭での表現活動もたくさん行います。音読は授業で行うだけではなく,自宅でも十分に練習す
   るようにして下さい。音読練習によって、語彙・文法・リスニングの力が大きく伸びます。
   日ごろから英語で考える習慣を身につけましょう。見た、聞いた、感じたことについて「これは英語で
   どう表現するのか」と問いかけ、調べ、実際に使う事を習慣化してみましょう。このプロセスを経るこ
   とで、
       「使える英語」としての表現が増えていきます。
 
   2 学習の到達目標(CAN-DO リストによる当該学年の4技能の到達目標)
   【第2学年】履修科目:
                       「異文化理解」(2単位)、
                                               「総合英語」
                                                         :(1単位)及び「英語表現」
                                                                                   (3単位)
                         主な教材:上記科目の教科書、教科書の内容に関連した別教材
               話すこと                                 書くこと                          聞くこと                           読むこと
 
                              科目・評                             科目・評                          科目・評                             科目・評
        学習到達目標                           学習到達目標                        学習到達目標                      学習到達目標
                                価                                   価                                価                                   価
 
 ・特定の情報や自分の考え     総合英語       ・自分の意見を具      総合英語        ・自然な速さ     総合英語      ・評論、エッセイなど    総合英語
 などについて相手に説明し                    体的な事例や理由                      で話される講                   を一定時間内に読
                              異文化理解                           異文化理解                       異文化理解                            異文化理解
 たり、また相手に質問する                    を添えて論理の明                      義やスピー                     み、各段落のトピッ
 など、情報交換や意見交換     英語表現       確な複数の段落か      英語表現        チ、会話を聞     英語表現      ク、サポート、例示、 英語表現
 をすることができる。
                              ・スピーチ     らなる英文で、時      ・定期考査      いて論旨を捉     ・定期考査    詳細などを抑えなが      ・定期考
 ・興味・関心のあるトピック                  間をかけた修正を                      えた上で、概                   ら全体の概要を把握
                              ・会話テス                           ・パラグラ                       ・リスニン                            査
 に関して具体的な理由を示                    経て書くことがで                      要や要点を理                   することができる。
 しながら説得力をもって、     ト             きる。                フライテ        解することが     グテスト      ・あるまとまった文      ・X-reading
 賛成や反対の意見を述べる                    ・与えられたトピ                      できる。                       章を辞書に頼りすぎ
                              ・プレゼン                           ィング
 ことができる。                              ックに関して、少                      ・自然な速さ                   ることなく、一定の
 ・様々なトピックに関して、   テーショ       しの時間の準備で                      で標準的な発                   速度で読み続け、全
 他者の意見を聞き、自分の     ン             自分の意見を明確                      音で話される                   体の概要を把握する
 意見を正確に表明し、円滑                    にしながらまとま                      会話の流れに                   ことができる。
 に会話を進めることができ                    りのある英文を書                      ついていくこ
 る。                                        くことができる。                      とができる。
 
 
   3 学習評価(評価の観点と実施方法)
        観        コミュニケーションへの                                                                                 言語や文化についての
                                                           英語表現の能力                     英語理解の能力
        点          関心・意欲・態度                                                                                           知識理解
              コミュニケーションに関心を            CAN-DO リストによる「話すこ      CAN-DO リストによる「聞くこ      英語やその運用についての知
        実
              もち、積極的に言語活動を行            と」と「書くこと」の到達目標     と」と「読むこと」の到達目標     識を身に付けているととも
        施
              い、コミュニケーションを図            を的確に評価できる方法で実       を的確に評価できる方法で実       に、その背景にある文化など
        方
              ろうとしているかを的確に評            施。                             施。                             を理解しているかどうかを的
        法
              価できる方法で実施。                                                                                    確に評価できる方法で実施。
        上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
        学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4   学習の活動
 
       単元
                    題材内容          単元の目標            主な学習内容          単元の評価規準           評価方法
  (配当時間)
  English         ・宇宙ごみと    「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」
  Communication   は何かを理解    宇宙ごみについて知っ   ワークシートを利用し    宇宙ごみについてペ     ワークシートを提
  IILesson 5      する。          ていることや思ってい   て、知っていることを    ア・ワークやグルー     出させ、その内容
  Space           ・宇宙ごみが    ることを発言しようと   メモに取り、まとめ      プ・ワークにおいて積   を取り組み状況の
                    引き起こす    したり聞こうとしたり   る。                    極的に自分の考えを述   判断材料として、
  Debris                          する。                                         べようとする。         活用する。
                    問題を理解
  (7 時間)          する。
                  ・宇宙ごみ問    「英語表現の能力」
                    題の解決の    本文の要点をまとめ     キーワードをもとに要    本文の要点をまとめる   言語活動を観察す
                    ために行わ    る。聞き手に伝わるよ   約文を作り、ペアやグ    ことができる。聞き手   る。ワークシート
                    れている取    うに発表する。         ループ、クラスで発表    に伝わるように発表す   を提出させ、その
                    り組みにつ                           し合う。                ることができる。       内容を取り組み状
                                                                                                        況の判断材料とし
                    いて理解す
                                                                                                        て、活用する。
                    る。
                  ・宇宙探査に    「英語理解の能力」
                    資金を費や    宇宙ごみについての説   セクションごとに本文    宇宙ごみについての説   定期考査の筆記テ
                                  明を聞くこと,読むこ   の音声を聞いたり読ん    明を聞くこと,読むこ   ストにおいて、内
                    すべきかに
                                  とで理解する。         だりして、ワークシー    とで理解することがで   容理解を問う出題
                    ついて議論
                                                         トを用いながら、内容    きる。                 により、内容理解
                    する。                               を理解していく。                               ができているかを
                                                                                                        判断する。
                                  「言語や文化についての知識・理解」
                                  ・宇宙ごみに関する語    例文を通じて、その性   ・宇宙ごみについての   定期考査の筆記テ
                                    彙についての知識が    質を理解する。           知識を発信できる。   ストにおいて、知
                                    ある。                                       ・用いられている文法   識が身についてい
                                  ・用いられている文法                             事項/英語表現を理    るかを判断する。
                                    事項/英語表現を理                              解することができ
                                    解する。                                       る。
  English        ・ブルースと 「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」
  Communication    ワトソンの ゴルフが結んだ友情・ ゴルフが結んだ友情・          ゴルフが結んだ友情・   ペア・ワークやグ
  IILesson 6       関係がどの 人間愛について自分な 人間愛について自分の          人間愛についてについ   ループ・ワークの
  Caddy      for   ようなもの りに考えた意見を発言 経験・感想などをペア          て自分なりに考えた意   言語活動を観察す
                   だったかを しようとしたり,しっ で話し合う                    見を発言しようとした   る。
  Life
                   理解する。 かり聞こうとしたりす                               り,しっかり聞こうと
  (7 時間)                      る。                                             したりしている。
                 ・2人の別離と
                   再会について 「英語表現の能力」
                   理解する。 本文の要点をまとめ キーワードをもとに要            本文の要点をまとめる   言語活動を観察す
                                る。聞き手に伝わる 約文を作り、ペアやグ          ことができる。聞き手   る。ワークシート
                 ・ブルースの ように発表する。          ループ、クラスで発表     に伝わるように発表す   を提出させ、その
                   病気と,病                           し合う。                 ることができる。       内容を取り組み状
                   気に対して                                                                           況の判断材料とし
                   どのように                                                                           て、活用する。
                   立ち向かっ
                   たかについ 「英語理解の能力」
                   て理解す     ゴルフが結んだ友情・    セクションごとに本文     ゴルフが結んだ友情・   定期考査におい
                   る。         人間愛についての意見    の音声を聞いたり読ん     人間愛についての話を   て、内容理解を問
                 ・日米での好 を理解する。              だりして、ワークシー     聞くこと,読むことで   う出題により、内
                   きなスポー                           トを用いながら、内容     理解することができ     容理解できている
                   ツの違いに                           を理解していく。         る。                   かを判断する。
                   ついて議論
                   する。       「言語や文化についての知識・理解」
                                  ・日米のスポーツにつ   例文を通じて、その性    ・ゴルフが結んだ友     定期考査におい
                                    いて知識がある。     質を理解する。            情・人間愛について   て、文法知識が身
                                  ・用いられている文法                             理解できる。         についているかを
                                    事項/英語表現を理                            ・用いられている文法   判断する。
                                    解する。                                       事項/英語表現を理
                                                                                   解することができ
                                                                                   る。
      単元
                  題材内容         単元の目標            主な学習内容          単元の評価規準             評価方法
 (配当時間)
 English         ・山中博士    「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」
 Communication     がiPS細胞   iPS 細胞の研究につい   ワークシートを利用し    iPS 細胞の研究につい     ワークシートを提
 IILesson 7        の研究を    て,知っていることや   て、知っていることを    て関心を持ち,ペア・     出させ、その内容
 iPS Cells (7      始めた経    思っていることを発言   メモに取り、まとめ      ワークやグループ・ワ     を取り組み状況の
 時間)                         しようとしたり,聞こ   る。                    ークにおいて積極的に     判断材料として、
                   緯を理解
                   する。      うとしたりする。                               自分の考えを述べよう     活用する。
                                                                              とする。
                 ・iPS細胞で
                   どのよう    「英語表現の能力」
                   な問題が    本文の要点をまとめ     キーワードをもとに要    本文の要点をまとめる     言語活動を観察す
                   解決する    る。聞き手に伝わるよ   約文を作り、ペアやグ    ことができる。聞き手     る。ワークシート
                   かを理解    うに発表する。         ループ、クラスで発表    に伝わるように発表す     を提出させ、その
                   する。                             し合う。                ることができる。         内容を取り組み状
                                                                                                       況の判断材料とし
                 ・激化する
                                                                                                       て、活用する。
                   再生医療
                   分野での    「英語理解の能力」
                   競争につ    iPS 細胞の研究につい   セクションごとに本文    iPS 細胞の研究につい     定期考査の筆記テ
                               ての説明を聞くこと,   の音声を聞いたり読ん    ての説明を聞くこと,     ストにおいて、内
                   いて理解
                               読むことで理解する。   だりして、ワークシー    読むことで理解するこ     容理解を問う出題
                   する。
                                                      トを用いながら、内容    とができる。             により、内容理解
                 ・有名な日                           を理解していく。                                 ができているかを
                   本人研究                                                                            判断する。
                   者につい
                               「言語や文化についての知識・理解」
                   て意見を
                               ・ iPS 細胞の研究に     例文を通じて、その性   ・ iPS 細胞の研究に      定期考査の筆記テ
                   交換す        ついての知識があ      質を理解する。           ついての知識を発信     ストにおいて、知
                   る。          る。                                           できる。               識が身についてい
                               ・用いられている文法                           ・用いられている文法     るかを判断する。
                                 事項/英語表現を理                              事項/英語表現を理
                                 解する。                                       解することができ
                                                                                る。
 English         ・犬と人間    「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」
 Communication     とのかか    犬の品種改良について    犬の品種改良に関して   犬の品種改良について     ペア・ワークやグ
 IILesson 8        わりにつ    自分なりに考えた意見    自分の感想などをペア   自分なりに考えた意見     ループ・ワークの
 Selective         いて理解    を発言しようとした      で話し合う             を発言しようとした       言語活動を観察す
 Breeding                      り,しっかり聞こうと                           り,しっかり聞こうと     る。
                   する。
 (7 時間)                      したりする。                                   したりしている。
                 ・犬の品種
                   改良の利
                               「英語表現の能力」
                   点につい
                               本文の要点をまとめ     キーワードをもとに要    本文の要点をまとめる     言語活動を観察す
                   て理解す
                               る。聞き手に伝わる     約文を作り、ペアやグ    ことができる。聞き手     る。ワークシート
                   る。        ように発表する。       ループ、クラスで発表    に伝わるように発表す     を提出させ、その
                 ・犬の品種                           し合う。                ることができる。         内容を取り組み状
                   改良の欠                                                                            況の判断材料とし
                   点につい                                                                            て、活用する。
                   て理解す
                   る。        「英語理解の能力」
                 ・品種改良    犬の品種改良や犬と人   セクションごとに本文    犬の品種改良に関する     定期考査におい
                   の是非に    間とのかかわりについ   の音声を聞いたり読ん    話を聞くこと,読むこ     て、内容理解を問
                   ついて議    て理解する。           だりして、ワークシー    とで理解することがで     う出題により、内
                   論する。                           トを用いながら、内容    きる。                   容理解できている
                                                      を理解していく。                                 かを判断する。
 
 
                               「言語や文化についての知識・理解」
                               ・犬の品種改良につい    例文を通じて、その性   ・犬の品種改良につい     定期考査におい
                                 ての知識がある。      質を理解する。          ての知識を発信でき      て、文法知識が身
                               ・用いられている文法                            る。                    についているかを
                                 事項/英語表現を理                            ・用いられている文法事   判断する。
                                 解する。                                      項/英語表現を理解する
                                                                               ことができる。
                                                                                                    学校番号                  3016
                                                             令和3年度 英語科
    教科                                 科目                     単位数          指導学年                  教材名・副教材名
                                                                                                      啓林館 Revised Element
                                                                                                   English Communication II
    英語                           異文化理解                        2           第 2 学年
                                                                                                      啓林館 Revised Element
                                                                                                   English Communication III
 
   1 担当者からのメッセージ(学習方法等)
     授業では「読む」「聞く」だけでなく,理解した事柄についてその概要や,自分の考えを「話す」
                                                                                           「書
   く」活動を,ペア・ワークやグループ・ワークで行うことが多くなります。英語でコミュニケーション
   しようとする意欲を持ち,多様な言語活動に意欲的に取り組んで下さい。
     音読や口頭での表現活動もたくさん行います。音読は授業で行うだけではなく,自宅でも十分に練習
   するようにして下さい。音読練習によって、語彙・文法・リスニングの力が大きく伸びます。
     日ごろから英語で考える習慣を身につけましょう。見た、聞いた、感じたことについて「これは英語
   でどう表現するのか」と問いかけ、調べ、実際に使う事を習慣化してみましょう。このプロセスを経る
   ことで、「使える英語」としての表現が増えていきます。
 
   2 学習の到達目標(CAN-DO リストによる当該学年の4技能の到達目標)
   【第2学年】履修科目:
                       「異文化理解」
                                   (2単位)
                                           、「総合英語」
                                                       :(1単位)及び「英語表現」
                                                                                 (3単位)
                          主な教材:上記科目の教科書、教科書の内容に関連した別教材
              話すこと                               書くこと                         聞くこと                          読むこと
 
                               科目・                           科目・評                        科目・評                             科目・評
     学習到達目標                           学習到達目標                      学習到達目標                       学習到達目標
                               評価                               価                              価                                   価
 
 ・特定の情報や自分の考え     総合英語    ・自分の意見を具     総合英語     ・自然な速さで     総合英語      ・評論、エッセイなど    総合英語
 などについて相手に説明し                 体的な事例や理由                  話される講義や                   を一定時間内に読
                              異文化理                         異文化理解                      異文化理解                            異文化理解
 たり、また相手に質問する                 を添えて論理の明                  スピーチ、会話を                 み、各段落のトピッ
 など、情報交換や意見交換     解          確な複数の段落か     英語表現     聞いて論旨を捉     英語表現      ク、サポート、例示、 英語表現
 をすることができる。         英語表現    らなる英文で、時     ・定期考査   えた上で、概要や   ・定期考査    詳細などを抑えなが      ・定期考
 ・興味・関心のあるトピッ                 間をかけた修正を                  要点を理解する                   ら全体の概要を把握
                              ・スピー                         ・パラグラ                      ・リスニン                            査
 クに関して具体的な理由を                 経て書くことがで                  ことができる。                   することができる。
 示しながら説得力をもっ       チ          きる。               フライテ     ・自然な速さで     グテスト      ・あるまとまった文      ・X-reading
 て、賛成や反対の意見を述                 ・与えられたトピ                  標準的な発音で                   章を辞書に頼りすぎ
                              ・会話テ                         ィング
 べることができる。                       ックに関して、少                  話される会話の                   ることなく、一定の
 ・様々なトピックに関し       ス ト       しの時間の準備で                  流れについてい                   速度で読み続け、全
 て、他者の意見を聞き、自分   ・プレゼ    自分の意見を明確                  くことができる。                 体の概要を把握する
 の意見を正確に表明し、円                 にしながらまとま                                                   ことができる。
                              ン
 滑に会話を進めることがで                 りのある英文を書
 きる。                       テーショ    くことができる。
 
                              ン
 
 
 
   3 学習評価(評価の観点と実施方法)
      観         コミュニケーションへの                                                                             言語や文化についての
                                                          英語表現の能力                 英語理解の能力
      点           関心・意欲・態度                                                                                       知識理解
              コミュニケーションに関心を           CAN-DO リストによる「話すこ    CAN-DO リストによる「聞くこ    英語やその運用についての知
      実      もち、積極的に言語活動を行           と」と「書くこと」の到達目標   と」と「読むこと」の到達目標   識を身に付けているととも
      施      い、コミュニケーションを図           を的確に評価できる方法で実     を的確に評価できる方法で実     に、その背景にある文化など
      方      ろうとしているかを的確に評           施。                           施。                           を理解しているかどうかを的
      法      価できる方法で実施。                                                                               確に評価できる方法で実施。
 
     上に示す観点に基づいて、学習のまとまりごとに評価し、学年末に5段階の評定にまとめます。
     学習内容に応じて、それぞれの観点を適切に配分し、評価します。
 4 学習の活動
       単元
                     題材内容          単元の目標            主な学習内容          単元の評価規準           評価方法
  (配当時間)
  English          ・ジャック      「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」
  Communication      が研究を      世界を変える高校生の   ワークシートを利用し    世界を変える高校生の   ワークシートを提
  IILesson 3         始めた経      大発見の話について、   て、知っていることを    大発見の話に関心を持   出させ、その内容
  A Teenager         緯につい      知っていることや思っ   メモに取り、まとめ      ち,ペア・ワークやグ   を取り組み状況の
  To Change                        ていることを発言しよ   る。                    ループ・ワークにおい   判断材料として、
                     て理解す
  the  World                       うとしたり聞こうとし                           て積極的に自分の考え   活用する。
                     る。
  (10 時間)                        たりする。                                     を述べようとする。
                   ・研究にお
                     けるジャ
                                   「英語表現の能力」
                     ックの苦
                                   本文の要点をまとめ     キーワードをもとに要    本文の要点をまとめる   言語活動を観察す
                     労につい      る。聞き手に伝わるよ   約文を作り、ペアやグ    ことができる。聞き手   る。ワークシート
                     て理解す      うに発表する。         ループ、クラスで発表    に伝わるように発表す   を提出させ、その
                     る。                                 し合う。                ることができる。       内容を取り組み状
                   ・ジャック                                                                            況の判断材料とし
                     が成功し                                                                            て、活用する。
                     た理由に      「英語理解の能力」
                     ついて理      世界を変える高校生の   セクションごとに本文    世界を変える高校生の   定期考査の筆記テ
                     解する。      大発見の話についての   の音声を聞いたり読ん    大発見の話についての   ストにおいて、内
                   ・世界を変      説明を聞くこと,読む   だりして、ワークシー    説明を聞くこと,読む   容理解を問う出題
                     えるため      ことで理解する。       トを用いながら、内容    ことで理解することが   により、内容理解
                     に何がで                             を理解していく。        できる。               ができているかを
                     きるかに                                                                            判断する。
                     ついて書    「言語や文化についての知識・理解」
                     く。        ・世界を変える高校生    例文を通じて、その性     ・テーマについての知   定期考査の筆記テ
                                   の大発見の話に関す    質を理解する。             識を発信できる。     ストにおいて、知
                                   る語彙についての知                             ・用いられている文法   識が身についてい
                                   識がある。                                       事項/英語表現を理    るかを判断する。
                                 ・用いられている文法                               解することができ
                                   事項/英語表現を理                                る。
                                   解する。
  English       ・イレーナがユダ 「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」
  Communication ヤ人のために行っ 2,500 人のユダヤ人を    ユダヤ人を救った女性     ユダヤ人を救った女性   ペア・ワークやグ
  IILesson 4    たことを理解す   救った女性の話につい    の話に関して自分の経     の話について自分なり   ループ・ワークの
  Life in a Jar る。             て自分なりに考えた意    験・感想などをペアで     に考えた意見を発言し   言語活動を観察す
                                 見を発言しようとした    話し合う                 ようとしたり,しっか   る。
    (10 時間)   ・イレーナが警
                                 り,しっかり聞こうと                             り聞こうとしたりして
                察につかまって
                                 したりする。                                     いる。
                  から解放される
                                   「英語表現の能力」
                  までの経緯を理
                                   本文の要点をまとめ     キーワードをもとに要    本文の要点をまとめる   言語活動を観察す
                  解する。
                                   る。聞き手に伝わるよ   約文を作り、ペアやグ    ことができる。聞き手   る。ワークシート
                  ・イレーナの後
                                   うに発表する。         ループ、クラスで発表    に伝わるように発表す   を提出させ、その
                  悔について理解                          し合う。                ることができる。       内容を取り組み状
                  する。                                                                                 況の判断材料とし
                  ・自分がイレー                                                                         て、活用する。
                  ナの立場だった   「英語理解の能力」
                  らどうするかに   ユダヤ人を救った女性   セクションごとに本文    ユダヤ人を救った女性   定期考査におい
                  ついて書く。     の話についての意見を   の音声を聞いたり読ん    の話に関する話を聞く   て、内容理解を問
                                   理解する。             だりして、ワークシー    こと,読むことで理解   う出題により、内
                                                          トを用いながら、内容    することができる。     容理解できている
                                                          を理解していく。                               かを判断する。
 
 
                                   「言語や文化についての知識・理解」
                                   ・ユダヤ人を救った女    例文を通じて、その性   ・ユダヤ人を救った女   定期考査におい
                                     性の話についての知    質を理解する。           性の話について理解   て、文法知識が身
                                     識がある。                                     できる。             についているかを
                                   ・用いられている文法                           ・用いられている文法   判断する。
                                     事項/英語表現を理                              事項/英語表現を理
                                     解する。                                       解することができ
                                                                                    る。
      単元
                    題材内容            単元の目標            主な学習内容          単元の評価規準           評価方法
 (配当時間)
 English           ・統計がどの     「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」
 Communication     ように嘘をつ     統計にひそむ嘘につい   ワークシートを利用し    統計にひそむ嘘に関心   ワークシートを提
 IIILesson 1       くかについて     て,知っていることや   て、知っていることを    を持ち,ペア・ワーク   出させ、その内容
 Lies,             理解する。       思っていることを発言   メモに取り、まとめ      やグループ・ワークに   を取り組み状況の
                   ・折れ線グラ     しようとしたり,聞こ   る。                    おいて積極的に自分の   判断材料として、
 Damned                             うとしたりする。                               考えを述べようとす     活用する。
                   フを使ったデ
                                                                                   る。
 Lies,       and   ータの見え方
                   の違いを理解     「英語表現の能力」
 Statistics
                   する。           本文の要点をまとめ     キーワードをもとに要    本文の要点をまとめる   言語活動を観察す
 (10 時間)         ・統計を利用す   る。聞き手に伝わるよ   約文を作り、ペアやグ    ことができる。聞き手   る。ワークシート
                   る際に筆者と     うに発表する。         ループ、クラスで発表    に伝わるように発表す   を提出させ、その
                   読者が気をつ                            し合う。                ることができる。       内容を取り組み状
                                                                                                          況の判断材料とし
                   けるべきこと
                                                                                                          て、活用する。
                   について理解
                   する。           「英語理解の能力」
                   ・なぜ誤解を生   統計にひそむ嘘につい   セクションごとに本文    統計にひそむ嘘につい   定期考査の筆記テ
                                    ての説明を聞くこと,   の音声を聞いたり読ん    ての説明を聞くこと,   ストにおいて、内
                   むような統計
                                    読むことで理解する。   だりして、ワークシー    読むことで理解するこ   容理解を問う出題
                   データが使用
                                                           トを用いながら、内容    とができる。           により、内容理解
                   されるのか,ま
                                                           を理解していく。                               ができているかを
                   たそれをどの                                                                           判断する。
                   ように見抜く
                                    「言語や文化についての知識・理解」
                   かについて話
                                    ・統計にひそむ嘘に関    例文を通じて、その性   ・統計にひそむ嘘につ   定期考査の筆記テ
                   し合う。
                                      する語彙についての    質を理解する。           いての知識を発信で   ストにおいて、知
                                      知識がある。                                   きる。               識が身についてい
                                    ・用いられている文法                           ・用いられている文法   るかを判断する。
                                      事項/英語表現を理                              事項/英語表現を理
                                      解する。                                       解することができ
                                                                                     る。
 English           ・何が言語を     「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」
 Communication     消滅させるの     言語の消滅について自    言語の消滅に関して自   言語の消滅について自   ペア・ワークやグ
 III Lesson 2      かを理解す       分なりに考えた意見を    分の感想などをペアで   分なりに考えた意見を   ループ・ワークの
 Language          る。             発言しようとしたり,    話し合う               発言しようとしたり,   言語活動を観察す
                                    しっかり聞こうとした                           しっかり聞こうとした   る。
                   ・言語が消滅す
 Extinction                         りする。                                       りしている。
                   るときに私た
   (10 時間)       ちが失うもの
                                    「英語表現の能力」
                   は何かを理解
                                    本文の要点をまとめ     キーワードをもとに要    本文の要点をまとめる   言語活動を観察す
                   する。
                                    る。聞き手に伝わるよ   約文を作り、ペアやグ    ことができる。聞き手   る。ワークシート
                   ・世界の言語
                                    うに発表する。         ループ、クラスで発表    に伝わるように発表す   を提出させ、その
                   を守るために                            し合                    ることができる。       内容を取り組み状
                   どのような取                            う。                                           況の判断材料とし
                   り組みが行わ                                                                           て、活用する。
                   れているかを
                   理解する。       「英語理解の能力」
                   ・日本で英語     言語の消滅や世界の言   セクションごとに本文    言語の消滅に関する話   定期考査におい
                   を話す人々が     語を守る取り組みにつ   の音声を聞いたり読ん    を聞くこと,読むこと   て、内容理解を問
                   増えれば,日     いて理解する。         だりして、ワークシー    で理解することができ   う出題により、内
                   本語も消滅す                            トを用いながら、内容    る。                   容理解できている
                   ると思うかに                            を理解していく。                               かを判断する。
                   ついて話し合
                   う。             「言語や文化についての知識・理解」
                                    ・言語の消滅について    例文を通じて、その性   ・言語の消滅について   定期考査におい
                                      の知識がある。        質を理解する。           の知識を発信でき     て、文法知識が身
                                    ・用いられている文法                             る。                 についているかを
                                      事項/英語表現を理                            ・用いられている文法   判断する。
                                      解する。                                       事項/英語表現を理
                                                                                     解することができ
                                                                                     る。
                                                                                                    学校番号                  3016
                                                             令和3年度          英語科
           教科                          科目                  単位数       指導学年                       教材名・副教材名
                                                                                              桐原書店 Jump to Writing
           英語                      英語表現                      3       第2学年
                                                                                              数研出版 Write to the Point
    1         担当者からのメッセージ(学習方法等)
    ・1 年次において学んできた英文法の知識を生かしながら英作文1の練習を行っていきます。
    ・英文法は「理論」としてとても大切なものですが、それは「実践」を通してさらなる理解につながり
          ます。その「実践」を行うのが本科目の目的です。
    ・用いる教材は文法の項目別に章立てされています。英作文2力を上げていくとともに、英文法の復習も
          行っていきます。
    ・英作文3力、つまり「書く」力は「話す」力と密接にリンクしています。
                                                                    「書く」だけではなく、
                                                                                        「話す」
          ことも意識しながら、英語の理解を深めていきましょう。学ぶ英文を瞬時に「書く」だけではなく「話
          す」ことも意識しながら学ぶと、さらなる応用につながっていきます。
 
 
    2 学習の到達目標(CAN-DO リストによる当該学年の4技能の到達目標)
    【第2学年】履修科目:
                        「異文化理解」(2単位)、
                                                「総合英語」
                                                          :(1単位)及び「英語表現」
                                                                                    (3単位)
                          主な教材:上記科目の教科書、教科書の内容に関連した別教材
               話すこと                            書くこと                         聞くこと                             読むこと
 
                           科目・評                            科目・評                         科目・評
    学習到達目標                           学習到達目標                     学習到達目標                        学習到達目標         科目・評価
                             価                                  価                               価
 
 ・特定の情報や自分の考   総合英語       ・自分の意見を具     総合英語     ・自然な速さで      総合英語      ・評論、エッセイなど    総合英語
 えなどについて相手に説                  体的な事例や理由                  話される講義や                    を一定時間内に読
                          異文化理                            異文化理                         異文化理                              異文化理解
 明したり、また相手に質                  を添えて論理の明                  スピーチ、会話を                  み、各段落のトピッ
 問するなど、情報交換や   解             確な複数の段落か     解           聞いて論旨を捉      解            ク、サポート、例示、 英語表現
 意見交換をすることがで
                          英語表現       らなる英文で、時     英語表現     えた上で、概要や    英語表現      詳細などを抑えなが      ・定期考査
 きる。                                  間をかけた修正を                  要点を理解する                    ら全体の概要を把握
                          ・スピーチ                          ・定期考査                       ・定期考査                            ・速読
 ・興味・関心のあるトピ                  経て書くことがで                  ことができる。                    することができる。
 ックに関して具体的な理   ・プレゼン     きる。               ・パラグラ   ・自然な速さで      ・授業内活    ・あるまとまった文      ・X-reading
 由を示しながら説得力を                  ・与えられたトピ                  標準的な発音で                    章を辞書に頼りすぎ
                          テーショ                            フライテ                         動
 もって、賛成や反対の意                  ックに関して、少                  話される会話の                    ることなく、一定の
 見を述べることができ     ン             しの時間の準備で     ィング       流れについてい      ・リスニン    速度で読み続け、全
 る。                     ・     Small   自分の意見を明確                  くことができる。 グテスト         体の概要を把握する
 ・様々なトピックに関し                  にしながらまとま                                                    ことができる。
                          Talk
 て、他者の意見を聞き、                  りのある英文を書
 自分の意見を正確に表明                  くことができる。
 し、円滑に会話を進める
 
 ことができる。
 
 
 
    3 学習評価(評価の観点と実施方法)
          観      コミュニケーションへの                                                                             言語や文化についての
                                                          英語表現の能力                英語理解の能力
          点        関心・意欲・態度                                                                                       知識理解
                コミュニケーションに関心を        CAN-DO リストによる「話すこ    CAN-DO リストによる「聞くこ      英語やその運用についての知
          実
                もち、積極的に言語活動を行        と」と「書くこと」の到達目標   と」と「読むこと」の到達目標     識を身に付けているととも
          施
                い、コミュニケーションを図        を的確に評価できる方法で実     を的確に評価できる方法で実       に、その背景にある文化など
          方
                ろうとしているかを的確に評        施。                           施。                             を理解しているかどうかを的
          法
                価できる方法で実施。                                                                              確に評価できる方法で実施。
 4   学習の活動
     単元
                  題材内容              単元の目標             主な学習内容       単元の評価規準         評価方法
  (配当時間)
  Jump     to   1.主語・動詞・      「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」
  Writing       基本文型            自分の意見を表現す     教材で用いられてい     ペア・ワークやグ   ワークシート
  Write    to   2. 時 を 表 す 表   るとともに,積極的     る文を積極的に音読     ループ・ワークに   観察
  the Point     現                  にコミュニケーショ     する。間違いを恐れ     おいて積極的に自
  (50)                              ンを図る。             ず、自分の意見を表     分の考えを述べよ
                3.助動詞
                4.受動態                                   現し、コミュニケー     うとする。
                                                           ションする。
                5.不定詞
                6.動名詞            「英語表現の能力」
                7.分詞              学んだ文法・表現を     学んだ英文法をもと     学んだ文法・表現   定期考査
                8.比較              効果的に用いて正確     に、和文英訳を正確     を使って,効果的   観察
                9.関係詞            な文を書くことがで     に行う。また、その     に文を書くことが
                10.仮定法           きる。また、オーラ     和文英訳を瞬時にオ     できる。文法の誤
                11.否定             ルでも行うことで知     ーラルで行う。         りを少なくしてい
                                    識の定着をすすめ                              る。
                12.疑問詞・疑
                                    る。
                問文
                                    「英語理解の能力」
                13. 強 調 ・ 倒
                                    英文を文法的に理解     生徒の書いた英文を     文法的なミスを正   定期考査
                置・省略・語法      し、自分で書いた英     確認し合うことで、     確に訂正すること   ワークシート
                など                文が文法的に正しい     文法的に確認し添削     ができる。ほかの   観察
                14.名詞             かどうかを確認する     し合う。               生徒が書いた英文
                15.形容詞           ことができる。                                を添削することが
                16.副詞                                                           できる。
                17.接続詞           「言語や文化についての知識・理解」
                                    ポイントとなる英文     1 年次で学んだ英文法   学んだ文法・表現   定期考査
                1. 主 語 の 決 定   法の知識を理解して     の知識を復習する。     を理解し,知識と
                (1)                 いる。                                        して定着させてい
                2. 主 語 の 決 定                                                 る。
                (2)
 
                3.目的の表現
                4.理由の表現
                5.時制(1)
                6.時制(2)
                7.動詞の語法
                8.関係詞
                9.時間の表現
                10. 数 字 の 表
                現
                11.仮定・条件
                の基本
                12 .仮定・条件
                の応用
                13. 比 較 の 基
                本
                14. 比 較 の 応
                用
                15. 譲 歩 の 表
                現
                16. 重 要 表 現
                (1)
                17. 重 要 表 現
                (2)
 
                18. A は…だ