情報科学高校(島根県)の公式サイト内のPDFをテキストに変換して表示しています。

このコンテンツは、受験生と保護者の皆様の利便をはかるため取得されました。
取得日:2020年11月04日[更新]

最新コンテンツは、下記の公式サイトURLにて、ご確認ください。
志望校の選定など重要な判断の際には、必ず最新の情報をご確認ください。
http://johokoko.ed.jp/wp-content/uploads/2019/05/60bbc91281b946065dada866aa6eda14.pdf

検索ワード:野球[  1  ]
[検索結果に戻る]
 
                          情報科学高等学校   部活動に係る活動方針
 
 1   基本方針
 
      (1) 学業と部活動の両立を図 り、学校生活の充実を図る。
 
      (2) 生徒の自主性、自発性に基づいた活動を通して、生涯にわたり豊かなライフス
             テージを実現するための能力を 育成する。
 
      (3)技術、競技力の向上 はもとより、仲間と協力し、楽しむことも味わう。
 
 2   本年度の部活動
 
      (1)設置部活動
              1運動部       野球1部、サッカー部(男子) 陸上競技部、卓球部
                                                      、
                            バレーボール部(男女)、ソフトテニス部(男女)
                            バドミントン部(女子)、剣道部
                 2文化部    演劇部、吹奏楽部、ワープロ部、美術部、茶道部、生活科学部
                            情報科学部、放送部
 
      (2)活動時間・休養日等
              1活動時間 学期中       平日3時間程度    週休日等4時間程度
                        長期休業中 4時間程度
              2休養日 週当たり1日以上とする。
              3その他 定期試験の 1 週間前から原則として休養日とする。ただし、試験
                        終了後 2 週間以内に公式戦のある場合は試験前日まで、試験終了
                        後 1 週間以内の場合には試験中も 1 時間程度の活動を許可す る。
 
      (3)大会参加について
              1高体連・高文連主催、共催、後援の大会
              2その他の大会については校長が許可した もの
 
 3   部活動運営について
 
      (1)体罰等の根絶
              部活動指導者は、いかなる理由があっても、部活動での指導で体罰を正当化
              することは誤りであり、決して許されないものであるとの認識を持ち、体罰
              等のない指導に徹する。
 
      (2)安全管理と事故防止
              1生徒の健康管理の把握を行う。
              2事故の未然防止のため、施設・設備の点検を行う。
              3危機管理体制の徹底を行う。
 
      (3)保護者の理解と協力
              保護者の理解と協力は、部活動の運営上欠かすことができないたいせつなこ
              とであるため、活動計画等を明確にし、保護者に理解を得る。
 
 4   その他
 
      (1) 大会および練習試合等における生徒引率において、部活動指導者が運転をする
             車輌に生徒を同乗させる場合には、事前に保護者の同意を得る。
 
      (2) 生徒への個別連絡に係る携帯電話等の使用については、事前に校長の承認を得
             たうえで、保護者の承諾を得る。