ホーム > 都道府県の選択 > 鹿児島県の高校 > 鹿児島市の高校 > 鹿児島玉龍高校 > Wiki更新(11/11) 
鹿児島玉龍高校のWiki
鹿児島玉龍高校 ナビランク(750位/5645校中)
基本情報
校名:鹿児島市立鹿児島玉龍中学校
鹿児島玉龍高等学校
国公私立:公立学校
設置者:学区:鹿児島学区
併合学校:私立鶴嶺高等女学校
校訓:溌剌
躍進
玲瓏
設立年月日:1940年
創立記念日:5月11日
共学・別学:男女共学
中高一貫教育:併設型
課程:全日制課程
単位制・学年制:学年制
設置学科:普通科
高校コード:46175A
郵便番号:892-0806
所在地:鹿児島県鹿児島市池之上町20-57
公式サイト

'''鹿児島市立鹿児島玉龍中学校・鹿児島玉龍高等学校'''(かごしましりつぎょくりゅうちゅうがっこう・かごしまぎょくりゅうこうとうがっこう)は、鹿児島県鹿児島市池之上町にある市立中学校・高等学校。通称は「玉龍」。

概要


校訓
・潑剌(体) - 身体を鍛錬し、常に溌剌と気力にみちてあれ。
・躍進(知) - 学問に沈潜し、知識を磨き、日々躍進せよ。
・玲瓏(徳) - 実践を重んじ、修養に励み、玲瓏の若人となれ。

校章

校名の由来
本校が玉龍山福昌寺跡に位置するため。

玉中戦(中玉戦、鹿児島玉龍高校・鹿児島中央高校スポーツ交歓会)
・ 1992年から鹿児島県立鹿児島中央高等学校との間で、スポーツ交歓会が行われている。
・ 2014年現在、10種目で競技が行われている。また、中学生も全校応援を行う。

進路・進学
1958年度、国公立大学合格者数が県内一で、1950年から2016年までの東大合格者は68名。
2012年からは、玉龍中1期生-5期生において、東大合格者を1名ずつ。また、他にも京都大学・九州大学・鹿児島大学などに合格者多数。

中高一貫教育
・2006年度より鹿児島市立鹿児島玉龍中学校を併設した。
・県内初の併設型公立中高一貫教育校。
・高校2年生からは文理クラス編成。また、高校1年生では、習熟度別クラスが2クラス。
・中学校と高校にて相互教育(教員乗り入れ)を行っている。また,中学2年生からは英語と数学にて習熟度別編成クラス。

選抜方法
中学校では市内全域を通学域とし,入学者募集を実施している。定員を超えた場合は毎年1月に作文・総合問題・面接による選抜を実施する。
高校へは中学生全員が無選抜で入学することができる。
高校から入学するには、鹿児島県公立高校入試において合格する必要がある。募集人数は定数240名の内玉龍中からの内部進学生を除いた数であり、約120名となる。

中学校倍率
・1期生 2006年度入試11.23倍
・2期生 2007年度入試 6.57倍
・3期生 2008年度入試 5.7倍
・4期生 2009年度入試 5.17倍
・5期生 2010年度入試 5.28倍
・6期生 2011年度入試 5.5倍
・7期生 2012年度入試 5.35倍
・8期生 2013年度入試 5.81倍
・9期生 2014年度入試 5.58倍
・10期生2015年度入試 5.4倍

生徒数
中学校は1学年3クラスで各120名の360名、高校は1学年6クラスで各240名の720名在籍している。

施設設備
・ 第一・第二体育館
・ 屋内プール
・ 購買部・学生食堂
・ 多目的ホール(安田ホール) - 中高問わず自由に学習することができる。
・中学生用特別教室棟
・芸術棟

部活動
複数回の全国大会(甲子園、花園、高校総体等)出場経験を有する部がある(野球部、ラグビー部、バレー部、弓道部、剣道部、陸上部、放送部など)。
・野球部 ・春の甲子園に3回、夏の甲子園に4回出場し最高戦績は夏の甲子園8強。
・ラグビー部 ・花園に7回出場し、最高戦績は8強。
・男子バレーボール部 ・春高バレーにおいて2度(第1,3回大会)4強進出経験があり、高校総体にも複数回出場。
・剣道部 ・男女とも昔から県でベスト4
に入る強豪。インターハイ出場経験もある。
・中学校では数々の部活動が高校と協力しながら活動し、2012年鹿児島県中学生総合体育大会に出場する部もある。2013年には、男子バドミントン部が、九州大会に出場。

 体育祭
玉龍の体育祭は毎年9月に実施する。中高一緒に開催し高校生は学年色,中学生は3学年分の同クラスで三色の計六チームで活動する。

特色ある教育
玉龍中では、中高一貫教育を生かして、様々な工夫が行われている。
・ 授業編成……通常の時数よりも多めに設定されており、週32時間。
・ 発展的学習……数学などでは、中学3年にて数1の内容を履修。

アクセス
・ JR…鹿児島本線・日豊本線 - 「鹿児島駅」下車、徒歩約20分
・ 鹿児島市電…「桜島桟橋通り電停」下車、徒歩約15分
・ 鹿児島市営バス…2、6、6-2、6-3、22番線 - 「玉龍高校前」バス停下車、徒歩約3分
・ 鹿児島市営バス…3番線、31番線 - 「上竜尾町」バス停下車、徒歩約5分
・ 南国交通…「上竜尾町」バス停下車、徒歩約5分 「清水町」バス停下車、徒歩約10分

同窓会
関東玉龍会・関西玉龍同窓会・福岡玉龍会

沿革


第二次世界大戦中の国家状況を反映して、軍関係への志望者が増加、それに伴って中学校(旧制)進学希望者数も増加したが、当時鹿児島市内の旧制中学校は公立2校(一中と二中)、私立1校(鹿中)のみであったため、市議会の議決により設立に至った。

第二次世界大戦終戦直後の時点で鹿児島市の管轄下にあった、鹿児島市立中学校、鹿児島市立高等女学校、(私立鶴嶺高等女学校
)、鹿児島商業学校、鹿児島市立女子興業学校などの学校が、終戦後の混乱を経て、鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校、鹿児島市立鹿児島商業高等学校、鹿児島市立鹿児島女子高等学校へと再編された。

鹿児島市立中学校
・ 1940年2月 - 鹿児島市立中学校・鹿児島市立高等女学校新設計画案が市議会にて可決
・ 1940年4月16日 - 鹿児島市稲荷町に第二高等小学校校舎として予定新築された建物を市立中学校校舎とし、第一回入学式挙行(4学級200名)
・ 1948年4月 - 学制改革に伴い、鹿児島市高等学校第一部と改称

鹿児島市立高等女学校
・ 1940年4月10日 - 鹿児島市天保山町の八幡小学校校舎を市立高女校舎とし、第一回入学式挙行(4学級212名)
・ 1945年10月 - 校舎焼失のため、バラック校舎を建築、鶴嶺高女と中郡小学校の一部を借りて授業再開
・ 1948年4月 - 学制改革に伴い、市立鹿児島商業と私立鹿児島中学を合併、鹿児島市高等学校第三部と改称

私立・鶴嶺高等女学校
・ 1896年 - 島津サエ子により鹿児島市平之町にて開校
・ 1909年 - 鹿児島市清水町へ移転
・ 1940年3月 - 鶴嶺高等女学校並びに鶴嶺女学校、市に移管
・ 1946年4月 - 市立高女に吸収合併

鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校
・1950年4月 - 鹿児島市高等学校改組に伴い、第一部と第三部普通科が統合し「鹿児島県玉龍高等学校」と改称。全日制普通科課程、男女共学として発足、新たな校地として玉龍山福昌寺跡への移転が決定、工事開始。校舎完成までは市高等学校第一部校舎を使用。なお、第一部商業科と第三部女子商業科とが統合し、鹿児島県鹿児島商業高等学校と改称
・1951年1月 - 現在地に移転
・1951年2月 - アメリカ民事部主催の学校図書館コンクールにて県下第一位となる
・1952年5月11日 - この日を本校の開校記念日と定め、「勧学祭」を実施
・1954年11月 - 全校舎の新築落成、落成式挙行
・1957年 - 鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校と改称
・1965年 - 校訓の制定
・2006年 - 鹿児島玉龍中学校を併設、中高一貫校となる
・2012年3月 - 鹿児島玉龍中学校1期生が高等学校(62期生)を卒業

著名な出身者

政治・行政
・尾辻秀久 - 国会議員(参議院副議長)、閣僚(厚生労働大臣)
・加治屋義人 - 国会議員(参議院)
・長野祐也 - 国会議員(衆議院)
・山之内毅 - 国会議員(衆議院)
社会運動・社会活動
・増元照明 - 政治活動家、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局長
経済・実業
・稲盛和夫 - 京セラ名誉会長、日本航空名誉会長
報道・マスコミ・ジャーナリズム
・三ツ井康 - 扶桑社社長、フジテレビ副社長
・今末真人 - エフエム徳島・エフエム鹿児島アナウンサー
学術・研究・文筆
・有川節夫 - 情報科学者、第22代九州大学総長
・久保千春 - 医学者(心療内科)、第23代九州大学総長、元九州大学病院院長
・郷正文 - ドイツ文学者、立教大学名誉教授、小説家
芸術・クリエーター・芸能
・加藤久仁生 - アニメーション映画作家・監督、アカデミー短編アニメ賞受賞者
・東野純直 - シンガーソングライター
・草野大悟 - 俳優
・重田千穂子 - 俳優、声優
・涼乃かつき - 宝塚歌劇団・星組
・野呂圭介 - 俳優・タレント、陶芸家
・坂口香津美 - 映画監督、テレビドキュメンタリー監督
・富山智帆 - 俳優、リングアナウンサー
スポーツ
・花増幸二 - プロ野球投手(日本ハムファイターズ)、プロ野球コーチ
・里隆文 - プロ野球トレーニングコーチ
・小橋口祐嗣 - バレーボール選手
・西眞一 - サッカー選手(ヴォルカ鹿児島)、知的障がい者サッカー日本代表監督
・豊永稔 - プロレスラー、総合格闘家
・下釜優次 - ラグビー選手

著名な教職員

・島津長丸(旧制鶴嶺女学校・鶴嶺高等女学校校長) - 国会議員(貴族院)、治子の夫
・島津治子 (旧制鶴嶺女学校・鶴嶺高等女学校校長) - 教育者、社会活動家、長丸の妻
・池田清志(旧制鶴嶺高等女学校教諭) - 官僚(官選栃木県知事)、国会議員(衆議院)

参照文献


・accessdate:2009-02-23

外部リンク


鹿児島玉龍中高教育一貫校公式ホームページ
 玉龍高等学校関東同窓会
 関西玉龍同窓会
〜active_action:repository_view_main_item_detail&page_id:13&block_id:21&item_id:612&item_no:1 鶴嶺女学校について 二見 剛史、研究紀要. 鹿児島女子大学、1984-02-29

お探しの情報がみつかりませんか?
鹿児島玉龍高校のページで質問することもできます。
このページの出典:Wikipedia (65775416)
Copyright (C) 2006-2018 高校受験ナビ All rights reserved