ホーム > 都道府県の選択 > 滋賀県の高校 > 近江八幡市の高校 > 近江兄弟社高校 > Wiki更新(08/25) 
近江兄弟社高校のWiki
近江兄弟社高校 ナビランク(931位/5640校中)
基本情報
校名:近江兄弟社中学校・高等学校
過去校名:近江兄弟社高等女学校
国公私立:私立学校
設置者:学校法人ヴォーリズ学園
校訓:地の塩・世の光
設立年月日:1933年(昭和8年)
創立者:W.M.ヴォーリズ、一柳満喜子
共学・別学:男女共学
中高一貫教育:併設型
課程:全日制課程
単位制・学年制:単位制(普通科単位制課程)
学年制(普通科学年制課程及び国際コミュニケーション科)
設置学科:普通科
国際コミュニケーション科
学科内専門コース:国際コミュニケーション科国際コミュニケーションクラス
普通科学年制課程アーツサイエンスクラス
普通科学年制課程グローバルクラス
普通科単位制課程ヒューマンネイチャークラス
学期:5学期制(中学校)
2学期制(高等学校)
高校コード:25504B
郵便番号:523-0851
所在地:滋賀県近江八幡市市井町177
中学校公式サイト
高等学校公式サイト

caption:
'''近江兄弟社中学校・高等学校'''(おうみきょうだいしゃちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、滋賀県近江八幡市に所在するプロテスタント系キリスト教主義の私立中学校・高等学校(併設型中高一貫校)である。設置者は学校法人ヴォーリズ学園で、学園はウィリアム・メレル・ヴォーリズと華族の令嬢で教育者の一柳満喜子夫人によって創立された。

概要


1907年(明治40年)にヴォーリズが設立した「八幡英語学校」や満喜子夫人が1920年(大正9年)に開始した子どもへの教育事業「ブレイグラウンド」(後の幼稚園)などの教育活動や精神を受け継ぎ、勤労者へも中等教育の門戸を広げる目的で同校の前身となる女学校を1933年(昭和8年)に開校。しばらくして校名を近江兄弟社女学校(のちの近江兄弟社高等女学校)とした。

近江兄弟社幼稚園、近江兄弟社小学校と共に長い歴史を持ち、幼稚園・小学校〜高校まで通うことができる滋賀県唯一の私学である。県立高校の男子制服にブレザーが浸透する以前から同校では伝統的にブレザーの制服を着用している。

同学園の中学校と高等学校は、1983年から再び合同運営になり、中高一貫教育が開始され、中高一貫コース(Hクラス)が設置される。1984年に高等学校に「特進コース」を新設し、改めて普通(I類)コース、特進(II類)コース及び中高一貫(III類)コースの3コース制に再編される。現在でも近江兄弟社中学校から近江兄弟社高等学校へ進学する者が最多数である。

全国で初めて海外への修学旅行を実施するなど、中高通じて、古くから国際人教育や英語教育に熱心な学校として知られ、世界中に20校の姉妹校・提携校を持つ。校歌の歌詞が英語という、全国的にも珍しい学校の1つでもある。また、受験一辺倒に偏らない学究の校風も伝統的に息づく。

コース


中学校
特別なコースは設定されていない。

1年間を5期に区分した「5term」制を導入している。
高等学校
・ 全日制国際コミュニケーション科
  国際コミュニケーションクラス(International Communication Class:ICC)
・ 全日制普通科
  学年制課程アーツサイエンスクラス(Arts & Science Class:ASC)
 学年制課程グローバルクラス(Global Class:GLC)
  単位制課程ヒューマンネイチャークラス(Human Nature Class:HNC)
グローバルクラスは、2年時にはアーツサイエンスクラスへの編入が可能である。それに対し、国際コミュニケーションクラスは3年間一貫のコースである。

年間行事


中学校
入学式・新入生オリエンテーション合宿・新入生歓迎体育祭・花の日礼拝・英語暗唱大会・平和礼拝・文化祭・クリスマス礼拝・2年生沖縄研修旅行・1年生スキー合宿
・ 修学旅行としては、「沖縄研修旅行」があり、平和学習を中心に4泊5日の研修旅行。沖縄を中心とした平和事前学習に力を入れている。

高等学校
・ 修学旅行(分散型海外研修旅行)は、行き先をアジア諸国の7カ所から個人の希望に合わせて行く制度。

進学


中学校
併設の近江兄弟社高等学校への内部進学制度はないが、毎年卒業生の半数程度が同高校へ進学をしている。
高等学校
同志社大学との「キリスト教主義教育連携協定」のほか、立命館大学、龍谷大学とは「高大連携協定」を結んでいる。創立者のウィリアム・メレル・ヴォーリズが同志社大学や関西学院大学をはじめとしたミッション系大学の校舎を多く建築していることもあって、これらの大学とは縁が深い。伝統的に同志社大学への指定校推薦があり、サンデー毎日などで発表される同校の一般入試合格者の数よりも、実際には多くの生徒が同志社大学へ進学している。同時に関西大学、関西学院大学、立命館大学などにも指定校推薦枠がある。関西のみならず、青山学院大学や国際基督教大学、立教大学など、東京の有名私立大学への指定校推薦枠を持ち、選択肢が多い。一方、京都大学をはじめとした旧帝大クラスに合格する者もある。

キャンパスの環境


中学校校舎は学園本館を兼ねており、シンボル的存在となっている。5階建ての最上階には「ヴォーリズ平和礼拝堂」があり、中学校を中心として礼拝などの宗教行事に使われているほか、さまざまなイベントに一般公開もされている。中学校・高等学校の校舎と隣接して、前庭が広がり、1937年(昭和12年)にヘレン・ケラーが来校して講演を行った教育会館や、旧幼稚園舎のハイド記念館(ともに国の登録有形文化財)が建ち、古き良き戦前のキャンパスを感じることができる。キャンパスは、その美しさと雰囲気からパナソニックの広告や、映画「偉大なる、しゅららぼん」のロケに使用された。

交換留学制度


アジア各国・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドといった国の学生との、短期(2週間)〜長期(6ヶ月)の交換留学制度がある。現在までに2,000名近くの生徒が留学し、1,000名程の留学生を受け入れている。

姉妹校

・ 昌原南高等学校 韓国・昌原市
・ 江蘇省蘇州中学 中国・蘇州市
・ 淡江高級中学 台湾・台北市
・ 長栄高級中学 台湾・台南市
・ Roong Aroon School タイ王国
・ Wesley Methodist School マレーシア
・ Woodbridge School イギリス
・ Grand Rapids Christian High School アメリカ・ミシガン州
・ Village Christian Schools アメリカ・カリフォルニア州
・ Traverse City Area Public Schools アメリカ
・ John Paul College オーストラリア
・ St. Patrick's Coolege オーストラリア
・ Citipointe Christian College オーストラリア
・ Bethlehem College ニュージーランド

交流校

・ 蘇州大学付属中学 中国・蘇州市
・ 南京外国語学校 中国・南京市
・ 香港九龍華仁書院 香港・九龍
・ 聖士堤反書院 香港
・ St. Andrews Jr. College シンガポール
・ Chapman College ニュージーランド
・ コロラドカレッジ アメリカ・コロラド州
・ セントジョンズベリーアカデミー アメリカ・バーモント州

交通


・ JR琵琶湖線・近江鉄道八日市線 近江八幡駅より近江鉄道バス「ヴォーリズ学園前」下車 (約15分)
同学園は近江鉄道バスとの特別契約を交わしており、朝夕の通学時間帯に限り近江八幡駅・学園前間での直行便を通常便と合わせて運行している。

卒業生

・ 伊藤みき(モーグル選手)高校卒。在学中にトリノオリンピック出場。
・ 松居一代(女優)中学校・高校卒。
・ 福永祐一(騎手)中学校卒。競馬学校に入学のため高校は中途退学。
・ 有村治子(参議院議員・自民党・比例代表全国区選出) 内閣府特命担当大臣(第2次安倍改造内閣)特命事項のひとつとして女性活躍担当 中学校・高校卒。
・ 木村晟 (文学博士・駒澤大学名誉教授)高校卒。
・ 平松隆円(教育学者)中学校・高校卒。
・ 岡林信康(歌手)中学校卒。
・ 細野豪志(衆議院議員・民主党・静岡5区選挙区) 民主党幹事長(第13代)・環境大臣(第17代)中学校卒。
・ 徳永久志(参議院議員・民主党・滋賀選挙区)中学校卒。
・ 乾友紀子(アーティスティックスイミング)高校卒。リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト。
・ 三和英樹(競輪選手)高校卒。
・ 天華えま(宝塚歌劇団星組男役)高校第2学年修了。
・ 望月聖矢(サッカー選手・MIOびわこ滋賀所属)高校卒。在校時はガンバ大阪ユースに所属。
・ 前田高孝(元サッカー選手・清水エスパルス所属)中学校卒。
・ 佐賀龍彦(歌手)高校卒。
・ 安田裕信(レーシングドライバー)高校卒。
・ 尾崎清明(鳥類学者・公益財団法人山階鳥類研究所 副所長)ヤンバルクイナの研究者。中学校・高校卒。
・ 桃井一至(写真家)中学校・高校卒。
・ 横谷哲也(理学博士・金沢工業大学教授)中学校・高校卒。
・ 那珂大心(野球選手・OBC高島所属)高校卒。
・ 大野宏二朗(ミュージシャン)高校卒。

教職員

・ 大島襄二 (文学博士、地理学者、文化人類学者)京都帝国大学卒業、同帝大大学院入学。関西学院大学名誉教授。昭和20年代、近江兄弟社中学校・高等学校、同志社高校で教鞭をとった。
・ 高橋虔 (日本を代表する聖書文献学者。)旧制高等女学校時代の校長。戦後の共学化後も教鞭をとる。同志社大学神学部教授。
・ スティーブン・リーパー (翻訳家、教育者)国際コミュニケーションクラス学科長。
・ 松田保 (サッカー指導者・関西学生サッカー連盟理事)学校法人ヴォーリズ学園副学園長。

外部リンク


近江兄弟社高等学校
近江兄弟社中学校

お探しの情報がみつかりませんか?
近江兄弟社高校のページで質問することもできます。
このページの出典:Wikipedia (72523174)
Copyright (C) 2006-2018 高校受験ナビ All rights reserved