ホーム > 都道府県の選択 > 神奈川県の高校 > 相模原市の高校 > 相原高校 > Wiki更新(11/15) 
相原高校のWiki
相原高校 ナビランク(1385位/5657校中)
基本情報
校名:神奈川県立相原高等学校
国公私立:公立学校
設置者:神奈川県
設立年月日:1922年10月24日
記念日名称:開校記念日
創立記念日:10月24日
共学・別学:男女共学
課程:全日制課程
単位制・学年制:学年制
設置学科:畜産科学科
食品科学科
環境緑地科
総合ビジネス科
学期:3学期制
高校コード:14166G
郵便番号:252-0132
所在地:神奈川県相模原市緑区橋本台4-2-1
緯度度:35 緯度分:35 緯度秒:16.1
経度度:139 経度分:19 経度秒:35.6

'''神奈川県立相原高等学校'''(かながわけんりつ あいはらこうとうがっこう)は、神奈川県相模原市緑区橋本台四丁目にある公立高等学校。

1922年(大正11年)10月24日に認可、翌年に開校した。全国でも珍しい、農業科と商業科を併置する専門高校である。長らく男子校であったが、1963年(食品化学科2期生)から女子生徒の受け入れを開始した。

沿革


・ 1922年(大正11年)10月24日 - '''神奈川県立農蚕学校'''として、文部大臣より認可。この日を開校記念日としている。
・ 1923年(大正12年) 4月16日 - 開校。3学科を設置。
・ 1927年(昭和 2年) 3月31日 - 専修科が廃止される。
・ 1930年(昭和 5年) 4月1日 - '''神奈川県立相原農蚕学校'''に改称。
・ 1938年(昭和13年) 4月1日 - 蚕業科を農蚕科に改称。
・ 1945年(昭和20年) 4月16日 - 女子農業科を設置。募集はこの年と次の年だけ。
・ 1948年(昭和23年) 4月16日 - 定時制農業科を設置。
・ 1949年(昭和24年) 4月1日 - 普通科を設置。女子農業科は3月に新制中学として卒業。
・ 1954年(昭和29年) 2月1日 - '''神奈川県立相原高等学校'''に改称。
・ 1956年(昭和31年) 4月1日 - 工業化学科を設置。
・ 1957年(昭和32年) 4月1日 - 農業科を畜産科と農芸科に分科。
・ 1962年(昭和37年) 4月1日 - 食品化学科を設置。工業化学科は募集停止となる。
・ 1964年(昭和39年) 3月 - 3月に最後の工業化学科卒業生が卒業する。
・ 1965年(昭和40年) 4月1日 - 造園科と商業科2クラスを設置。普通科・農蚕科・農芸科は募集停止となる。
・ 1967年(昭和42年) 3月 - 最後の普通科・農蚕科・農芸科卒業生が卒業する。
・ 1970年(昭和45年) 4月1日 - 商業科を1クラス増設。定時制農業科は募集停止となる。
・ 1973年(昭和48年) 3月 - 最後の定時制農業科卒業生が卒業する。
・ 1990年(平成 2年) 4月1日 - 学科再編を実施。畜産科学科・食品科学科・環境土木科を設置。畜産科・食品化学科・造園科は募集停止となる。
・ 1992年(平成 4年) 3月 - 最後の畜産科・食品化学科・造園科卒業生が卒業。
・ 1992年(平成 4年) 4月1日 - 学科再編を実施。商業科1クラスを国際経済科に再編。
・ 1994年(平成 6年) 4月1日 - 学科再編を実施。商業科1クラスを情報処理科に再編。
・ 1995年(平成 7年) 4月1日 - 商業科が一部を残し、2クラス体制に。
・ 1997年(平成 9年) 4月1日 - 商業科が1クラス体制に。
・ 2013年(平成25年) 4月1日 - 商業科・国際経済科・情報処理科を総合ビジネス学科に再編。環境土木科を環境緑地科に再編。
・ 2019年(平成31年) リニア中央新幹線の途中駅である橋本駅の建設により、4月1日 - 同区橋本台四丁目に移転。

設置学科


・ 畜産科学科
・ 食品科学科
・ 環境緑地科
・ 総合ビジネス科

部活動


・ 陸上部が1970年(昭和45年)12月の第21回全国高校駅伝大会で優勝している(関東勢としての高校駅伝初優勝)。また、この年の相原高校のエースが、後に箱根駅伝で12人抜きを達成する服部誠。服部は、インターハイ5000m、国体5000m優勝、全国高校駅伝1区区間賞と、「長距離三冠」を達成した選手である。
・ 1990年代は女子バレー部が強く春の高校バレーやインターハイ出場、海外遠征などもしていた。
・ 2006年にボウリング部が第61回国民体育大会ボウリング個人優勝を果たす。(なお、当時のボウリング部は部員数1名)
・ 2009年に女子卓球部がインターハイ初出場を果たす。なお、神奈川県大会優勝は公立としては54年ぶり。

学園祭


・ 学園祭は「相陵祭」と呼ばれており、例年11月ごろ行なわれている。

交通機関


・東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜線、相模線、京王相模原線「橋本駅」南口より路線バスに乗車し、相模原協同病院バス停下車徒歩1分
・JR東日本横浜線相模原駅南口より路線バスに乗車し、相模原協同病院バス停下車徒歩1分(本数少)

著名な出身者


・ 加山俊夫 - 前相模原市長

リニア中央新幹線建設による校地移転


2013年9月18日、JR東海が神奈川県などに提出したリニア中央新幹線の環境影響評価準備書において、神奈川県に設置される駅位置について県や相模原市が誘致していた橋本駅前にある相原高校の地下に決定した。これに伴い、平成24年度末に小平市のキャンパスに移転した職業能力開発総合大学校の跡地を一部利用して当校を移転させることになり、移転後の新キャンパスは2019年(平成31年)4月に開校した。

その他


・ 移転前の校地は橋本駅の目の前にあったことから橋本高校と間違えられることがあった(後に校門の前や敷地の東端に神奈川県立相原高校という看板が設置されたことで間違いは少なくなったと思われる)。なお、橋本高校の最寄り駅は相原駅であり、移転前は逆転現象が起きていた。
・ 移転前の校地は開校当初、橋本駅南側から国道16号線までの間が学校の敷地だった。橋本駅周辺の開発に伴い、県有地という特性もあり敷地が削られていった。直近では京王橋本駅開設のために南口を拡張した際、土地を明け渡している。
・ 移転前の校地は橋本駅寄りの敷地に校舎や体育館、クラブハウス、プール、武道場、科別の実習棟、牧場などの施設があり、相模原駅寄りの敷地には広大な農場やグラウンド、テニスコート、雑木林、樹木見本林などがあった。
・ 校内には武道場もあり、柔道などが授業で行なわれている。
・ 敷地内には造園関連の学科かあるためか日本庭園や西洋庭園、芝生の広場などが随所にある。
・ 日本テレビ系列の番組「天才!志村どうぶつ園」の収録のため、福田彩乃が2013年〜2014年にかけて体験入学した。

外部リンク



Navboxes
title:部活動実績


お探しの情報がみつかりませんか?
相原高校のページで質問することもできます。
このページの出典:Wikipedia (86049095)
Copyright (C) 2006- 高校受験ナビ All rights reserved