ホーム > 高校の学費 > 高校の学費など更新 
高校の学費
高校の学費
学費は国公立高校と私立高校とで大きく異なります。入学金や授業料、諸費用を含めた場合に3年間で国立が約130万円、公立が約150万円の学費であるのに対して、私立は約300万円必要です。ただし、私立は学校によって大きな幅があるので注意が必要です。国公私立ともに金額は目安となります。
公立高校の学費(初年度)の平均
総額:平均580,000円 (約58万円)

入学金:5,650円 (約6千円)
年間授業料:118,800円 (約12万円)

その他に必要な費用
諸費用:平均325,000円 (約33万円)
内容:PTA会費・生徒会費・教材費・制服・学用品代・旅行積立金・通学費など

学外費用:平均132,000円 (約13万円)
内容:学習塾・家庭教師・部活動費・図書費など

※国立高校の入学金は 56,400円 です。
私立高校の学費(初年度)の平均
総額:平均1,177,000円 (約120万円)

入学金:平均330,000円 (およそ20〜40万円)
年間授業料:平均320,000円 (およそ25〜35万円)

その他に必要な費用
諸費用:平均450,000円 (約45万円)
内容:PTA会費・生徒会費・教材費・制服・学用品代・旅行積立金・通学費など

学外費用:平均176,000円 (約18万円)
内容:学習塾・家庭教師・部活動費・図書費など

※入学時の寄付金(10〜50万円程度)は含まれていません。
私立高校の寄付金
私立高校には任意の寄付金・学校債の募集があり、それぞれ一口10万円程度が一般的です。 あくまで任意ですので負担する義務はありませんが、協力する家庭も多いです。

協力しない生徒(家庭)が不利な扱いを受けるといった事は通常は考えられませんが、手紙などで催促に近いことをする高校もあります。なお、学校債は債権(投資)ですので、寄付金とは異なり卒業時に返還されます。記念品などと引き替えに、預けた学校債をそのまま学校に寄付するケースもあります。
続いて >> 公立・私立高校の学費の比較 >>
高校の学費 掲示板
Copyright (C) 2006-2014 高校受験ナビ All rights reserved