教えて!鶴丸高校 (掲示板)
「勉強」の検索結果:105件 / ページ数:11
[ 絞込み解除 ]
進路についての話題
中学生の保護者@一般人 [ 2021/06/13(日) ]
鶴丸高校の先生方は、他県のトップ公立進学校の先生方に比べてかなり見劣りすると、最近よく聞きますが、事実なのでしょうか?
鶴丸の進学実績が振るわない一番の原因なのでしょうか?
[ 18件 ]の回答が省略されています。(全て表示
内緒さん@一般人 [ 2021/06/26(土) ]
宿題が多いのは単純に勉強させたいという教師の考え方もあるが、締め切りを守る大切さや大量の宿題をどう時間配分してこなすのかという要領の良さを見ていることも多々あります。

社会人になって大量の仕事を家に持ち帰った場合や残業する場合はどんなに多い量でも締め切りを守ってやり遂げる力や大量のものをどうさばくかは大変重要です。
「出来ませんでした」は社会に出たら通用しません。宿題と同じで量が多いとか言ってこなせない人は、何の仕事を与えても使えない人が多いです。

毎日出されている宿題は単に全ての先生が出来もしない量をむやみやたらに出しているわけではないと思いますヨ。高校時代から身に着けとけばとの思いもあるように感じます。

BJ@一般人 [ 2021/06/27(日) ]
その宿題とやらが、たとえ超膨大な資料であろうとも、すべてをやりこなしたときに、難関合格への道のりに確実に繋がっておれば問題はないと思う。量をこなすことが、本質への理解へとつながり質を凌駕するというのは、おそらく教える側の教師たちが一番ご存じのはずだと思うからね。かつてラサールで六年間を学んだ自分も、そのような内的経験をさせていただいた思い出はある。ラサールの早期教育と膨大な宿題は、それらをやりこなすだけでせいいっぱいではあるのだが、九大医学部の合格に確実に繋がっていた。ちなみに九大の試験に関して言うならば、解放のテクニックやチャート式参考書を、どのページを開いてもすらすらと口ずさめるほどに記憶マスターしておけば、理数科目なら満点取れるという自信があった。だが東大医学部に関して言うならば、当時のラサール教育といえども、あの高度な思考力を要する二次問題を全問正解するのは不可能だと思っていた。ところが娘たちを名門予備校で勉学させて分かったのは東大や京大をtagetにして、難関の二次試験で満点を取らせることを目標に、無駄なく合理的に編まれている参考書や問題集がつくられているという事実だったね。もしラサール時代に自分もこの参考書で学んでいたら東大医学部も確実に合格出来てたんじゃないかと妄想したよ。量をこなすことが自ずと質を凌駕する、という仮説は、たとえどれほどの膨大な内容の宿題であれそのすべての問題を理解し記憶し終えたときに、目指す難関大学の二次試験に対応できる学力に到達しているのか否か、というのが大事な分け目になるのだと自分は考えている。ラサールに関して言うならば、母校の卒業生として敢えて強く言うが、教師たちは完全なる時代遅れである。福岡市のダブルスクール教育と比較しても、難関や国立医学部に合格させうる力を
半減させている。その証拠に、娘たちが進学した医学部さえも現役数は少なく浪人させてやっとの状況ですからね。おそらくは娘たちより頭の良いまじめな努力家達が、浪人してナンボという状況に陥ってるんじゃないかとの情報を聴くと母校の先輩医師としてはいたたまれない気持ちになる。母校には定期的に寄付もしているだけになおさら煩悩が生まれるのだ。

我が子が、深夜まで授業の予習に一生懸命取り組んでいる姿を見ると、こんなに真摯に努力する鶴丸高校生を現役合格させることのできない鶴丸の先生方に強い憤りを感じます。

この文章を、馬鹿な母親の戯言と足蹴にするのは簡単なことだ。だが、この母親自身が鶴丸高校の同門生であり、おそらくは鶴丸卒の成功者であるからこそ、わが子を母校に入れたのだと思えば僕は深く同情するね。もし自分の娘が男の子だったら、自分と同じラサールに入れた可能性は十分にあるからだ。

親ばかの自分への嘲笑を込めてホンネで言うが、二人の子が二人とも女の子でよかったというのが正直な意見だね。ラサールに行かせたら、たぶん今でも浪人中だったろうし、もしかすると医師への道を断念していたかも知れないからね。

最後にひとこと、質を越える膨大な量の学びを本質を悟るまで続けることが大事なのは難関合格の基本であり、自分や娘たちもそうしてきたし、今の鶴丸生も多くはそうしているのであろう。だが難関合格に繋がる確実な情報環境がなければ、あらゆる努力は徒労に終わり時には真面目な学生を破滅へと追い込む危険性のあることも教師は知るべきである。

卒業生@卒業生 [ 2021/06/27(日) ]
毎日のように7限まであったり長期休暇中もガッツリ補習があったりすると、量をこなしたくてもこなせないと思います。鶴丸だとそれに加えて生徒の実力に見合わない高レベルの課題が出るとのことですので、消化不良になってかけた時間の割には量をこなせていないという事態になりがちなのではと考えます。量が質を凌駕するレベルになるまで量をこなせていないのではないでしょうか。
東京の進学校は、たいてい3時位で学校が終わったり授業中に内職して塾の課題をやっても干渉されないらしいので、鉄緑の課題でも対応できてしまうのではないかと思います。
内職を許容しろとまでは言いませんが、きちんと生徒が勉強のやり方を考えたり学んだことを確実に消化したり、あるいは途中で理解が追いつかなくなったら追いついたりするための時間を鶴丸は確保すべきではないでしょうか。
卒業生@卒業生 [ 2021/06/27(日) ]
あと、一度現在の鶴丸の宿題や授業など見てみたいですね。でないと、ここでいくら議論しても母校の問題点を正確に洗い出せないので…
内緒さん@在校生 [ 2021/06/27(日) ]
受験ナビ見て危機感持って勉強頑張ってる高一ですが高一の間はそんなに宿題多くないと思います。
授業の質は…高いとは言えないと思います。
鶴丸に入って授業で感動するようなことがあるかなーって思ったけど1教科もそんな事ありませんでした。
分かりずらい授業も結構あります
あと質問なんですが上位10人くらいはほんと頭いいと思うんですがその人たちはどこに行くのでしょうか?
卒業生@一般人 [ 2021/07/01(木) ]
昭和の昔なら全員東大か帝大医学部ですね。しかも全員現役で。今年の鶴丸の進学状況を概観すると、東大京大阪大で現役合格数10名を越しているから、上位陣はよく頑張ってるんだと思います。(国立医学部は別だと思うので。)ただ少子化で生徒数が減少していることを考慮に入れても、難関への合格数は激減しています。昭和平成初期の頃までは、国立医学部は上位200番まで、九大は中くらいでも現役で行けると言われた時代がありました。都会の難関大学への進学数は、甲南や中央を圧倒的に引き離していましたから、三年制の公立進学校としては九大も問題にならないほどの強さがあり、全国に名前を轟かせたゆえんです。
内緒さん@一般人 [ 2021/07/07(水) ]
他県のトップ進学校出身者です。長文お許しください。最近鹿児島の進学の低調ぶりが話題になっていますね。特にこの学校では卒業生の落胆ぶりが大きくその批判の一部が教師へと向かっているようで、驚くのはその教師の学歴まで言及されていることです。随分上から目線だなと・・。私の学校も含めて私の地元ではそのようなことはあまり聞いたことがありませんので。余りにも過去の栄光(東大進学が公立では全国有数であったこと)が大きいのでしょうか。

今ではどの県の公立校でも戦後しばらくの混乱期と異なり、東大京大出の教師は少ないと思います。その分多くは地元大学出身の教師だと思います。ですからここだけがということではないと思います。現に私の学校では昔と変わらない数の東大京大合格者を出しています。それと学校の教育のやり方がおかしいとの話もありましたが、それも一概にそうとも言えないような気がします。横浜翠嵐高のように学校からの課題とテストで公立一二を争う東大合格者を出しているところもあります。ここの学校とやっていることは大して違わないような気がします。もちろん詳細を調べて参考にすることは必要ですが。

私が一番気になるのは、鹿児島県の学力レベルの低下です。全国学力テストというのを文科省でやっていますが、直近の都道府県ごとのランキングを知っていますか?私が調べたところ、高校直前の中学校の学力は鹿児島県は全国で下から3番目です(都市は指定都市のみのランキングです)。興味深いのはこのランキングは各県の東大合格数と比較的一致しているのです。例えばランキング上位の北陸や東北など公立でもかなりの東大合格者を出しています。そこでの予備校の活用は知りませんが、確かに都会と地方の情報と経済の格差は有るでしょう。でもそれらの県は鹿児島と同じ地方の県ですから条件はあまり変わらないような気がします。鹿児島県が明治以来の人材供出県であり続けたことも影響しているのかもしれません。またこの学校に関して言えば、同じ市内に有力私立があるのも不利に働いているのでしょう。
いずれにしても、鹿児島県の課題は、高校だけの問題ではなく中学校も含めた学校教育の在り方に問題がありそうな気がします。幸い小学校はそんなに低いランキングではないようですので一縷の望みはあります。まずは県全体の学力レベルアップが課題ではないでしょうか。

最後に差し出がましい事かもしれませんが、この学校の生徒の意識と上記の学力低下の件がどうもマッチングしていないような気がします。一部の教師と生徒は過去の東大実績を見て目標を依然として高く見据える。結果として現役合格が難しくなり全国有数の浪人率になっている。学校は今の生徒のレベルを知っているから一層宿題等の課題を増やす。一種の悪循環があるのではないかとも思えます。
要は、県全体の学力アップを図りながら一方で学校では現状の学力レベルを見据えた教育が求められているのではないでしょうか。予備校の活用は経済的条件等が揃えば出来るに越したことはないでしょう。話の次元は少し違いますが、即効的には中高一貫導入も考えられます。県全体のことを考えればただ単にここを中高一貫にするのではなく、多くの県のように学校間の競争原理が働くような導入が望ましいでしょう。何よりこれだと家計負担がかかりません。ただ、そちらの知事はラ・サール卒のようですから実現へのハードルは高いのかも知れません。
以上、よそから大変差し出がましい書き込みをお許しください。失礼しました。皆様のご健闘をお祈りします。
エンジェル@一般人 [ 2021/07/09(金) ]
学問は目標決めたその日から勝利の道が輝いている

おそらくは大都会の名士あるいは教授先生のご助言とお見受けしましたが、非の打ちどころのない素晴らしい文章を本当に有難うございました。自分も完全に同意しております。そのうえで少しばかりお喋りさせていただければと思うのですが。鹿児島県の中学生の学力が(指定都市すなわち鹿児島市さえも)全国ランキングがビリから三番というのはエンジェルも存じておりました。実は兄ミカエルの親友で、母校甲南高校から九州大学文学部を現役でご卒業され、鹿児島市の中学社会科の先生をされていたS先生と二十年ほど前に、兄と三人で晩餐をさせていただいたことがあったのですが、S先生は言われました。(教師のレベルは問題ないのですが今の時代は、中学も高校もご父兄が、僕や君のお兄さんが中高の頃よりもうるさく苦情を言ってきます。宿題を多く出せませんし、クラブ活動に力を入れることを求められ肝心の勉学がおろそかになりがちなんですよね。高校の推薦入学が開始になるんですが実力の伴わない生徒をご父兄の圧力で鶴丸や甲南、中央に、推薦しなければならぬ時代です。少子化で競争が少なくなり、かつてのような学力競争がない分に生徒さんの学力が年々低下しているように感じています。あまり良いことではないのですが)。
鶴丸の授業時間が七時間と聴いて少し驚きました。自分や兄の時代は、甲南でさえ一日補講を含め八時間授業で、夏休みはたったの一週間、残りは強制夏季補講というのがありましたし、宿題の枚数もこなすのがせいいっぱいなほどに多かったので、まさしく量が質を凌駕するといえるほどの勉強量ではあったと思います。昔からこんなことが言われていました。鹿児島市の教育は中学までの義務教育は、のほほんとしてレベルが低いが、高校の三年間とりわけ鶴丸甲南中央は、わずか三年間で六年一貫校が六年かけて成し得る勉学に追いつかなければならない。だから高校の勉強は地獄の苦しみなんだけれど、国立大学難関に現役で合格した時の喜びは爽快だぞ。
その日を目標に死ぬ気で頑張れ!!確かに高校三年間の猛がり勉で、長崎大学医学部への首席合格を果たしたことは、自分のそれからの人生にゆるぎない自信を与えたことは確かなのです。
中学までのんびりして、高校三年間で死力を尽くして勉学するのは合理的だと自分は考えています。なぜなら十五歳までは心も体もまだまだ子供ですし、中学受験で落ちると未熟で初心な幼心に取り返しのつかない心の傷を負わせるような気がするからです。単純な考え方かも知れませぬが、自分は鶴丸や甲南の宿題情報は原則今のままでいいと思っています。ただしまずは全教科の基礎学力を高校2年までに終えなければなりませんから、急がせる分、例えば宿題の解説と解答はあらかじめ予習の段階で生徒さんに与えておき教師が教える先に自分で学ばせ、授業の段階で完全に理解記憶させるようにすれば、かなり多めのプリントもこなせるようになるんじゃないでしょうか?実はこのやり方を長崎の医学生時代にバイト先の進学塾や予備校で実践し、自分は教え子全員を目指す難関国立や医学部に合格させた経験があるのです。両校の高校3年生は、本格的な受験生ですから小さなことにこだわる暇はないと思います。国立大学を、医学部帝大難関コース、準帝大難関コース、熊鹿非医学部コース、芸術系コースとかに分類し、それぞれを目指す生徒さんらが、校内実力模試や対外模試で合格圏内に入っているのか否か
を担任教師が過保護にチェックし成績の良い順にご本人が希望する進学予備校や課外学習への参加を許可し定期的に面談しながら進行状況を見ていけばいいのではないでしょうか?もちろん熊鹿非医学部コースは、甲鶴の先生方が夜なべをして編まれたシラバスだけで十分合格で出来ますから朝から夕まで学び舎で勉学しとけばいいと思います。もちろん予習の段階ですべてのプリントに解説解答をつけていただくことが大前提ですけれども。
校内学習、ダブル参加をこのような形で強化すれば
これまで浪人しなければ合格できなかった学生さんも現役で目標大学に受かるようになり、鶴丸の進路状況は現在合格数を、ほとんど現役で維持できるようになるはずです。鶴丸の復活を心から祈り信じております。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
高校受験についての話題
内緒さん@一般人 [ 2021/05/30(日) ]
鶴丸高校ってラサール蹴って入学してくるやつはいますか?
九州は公立志向の強い地域だから。
内緒さん@一般人 [ 2021/06/02(水) ]
1人ぐらいは、そういうの居て貰いたいですね。笑笑
エンジェル@一般人 [ 2021/06/03(木) ]
天才は過保護な形式主義憎む甲南よりも独学好む

無関係な人間が横槍さして大変申し訳ないのですが、面白いエピソードを少しばかり、甲南の掲示板でも書いたのですが、甲南の自分の同級生にラサールに関連する二人の少年が入学しました。ひとりは自分も含め女の子の誰もが憧れるほどの色白でアルチュールランボーを思わせるような美少年、公立の中学校からラサール高校に高得点合格していながら、ラサールを蹴って甲南に入学しました。成績は一年時より抜群に良く、対外模試では全国順位1000番以内に載るほどの優秀な生徒さんでしたが
高校の規律になじめず、長髪や靴のブランドが甲南の規律に合わないとしばしば教師達から注意を受けていました。頭が良すぎて授業がつまらないのか、ノートを取らずにリクライニングスタイルで授業を受けていたら数学教師から激怒され、一年で退学に追い込まれました。しかるに天才美少年は、その後通信制の高校をご卒業され、現役で一橋大学に進学、その後ジャーナリストとしてご活躍されていると聴いております。もう一人の男の子はラサール中学で落ちこぼれて、ラサール高校に進学できずに成田教頭先生のお勧めで甲南高校に来ていました。最初は恥ずかしそうな顔をしながら授業を受けられていましたが、次第に周りとも仲良くなり、ラサールでの屈辱を晴らさんと猛勉強され、見事に九州大学法学部に現役合格、いまは地方上級公務職でお仕事されています。

一を聴いて十を知るような天才秀才型は、ラサール鶴丸どちらも合うでしょうが、自分のような凡人努力型は甲南のほうがよさそうです。鶴丸高校が、最初の二年間で高校のカリキュラムを成し終え、最後の一年を一流ブランド予備校と提携する高度受験システムを確立すれば、ラサールを蹴って入学する天才秀才が県外からも来るようになるかも知れませんね。

自分のような凡人以下の努力家は、甲南がいいと思います。
内緒さん@一般人 [ 2021/06/04(金) ]
久留米大附設には附設を蹴って公立に通う人がいるのに、ラサールは違うんですね。
内緒さん@卒業生 [ 2021/06/04(金) ]
今は甲南のほうが自由で課題も少ないそうですよ。宿題の量はだいたい鶴丸の半分らしく、「自走」が求められるようです。なので、締め付けの厳しい鶴丸を敬遠して甲南を選ぶ層もいるとかいう話を聞いたことがあります。
内緒@一般人 [ 2021/06/04(金) ]
英進館の高校合格者名簿を見ると、
毎年、福岡のトップ公立高校には、灘蹴りが2、3名、附設、ラ・サールが各10名ずつが蹴っているのが分かります。
昨年からは、新聞紙面がなくなって?、英進館のHP掲載だけになったようです。
内緒さん@保護者 [ 2021/06/11(金) ]
息子の同級生は、ラサールと灘に合格しましたが、そちらには行かず鶴丸に入学しましたよ。
おそらく上位にくいこむのでしょうね。
内緒さん@関係者 [ 2021/06/23(水) ]
ラサール蹴って
鶴丸に入学するのは

東大蹴って
課題に入学するようなものです。

ラサールは名実ともに進学校ですが
鶴丸はもはや進学校ではありません。
内緒さん@一般人 [ 2021/07/13(火) ]
熊本学園大付属が熊本で急進しており、近い将来にラサールや久留米附設に並ぶと言われています。
鹿児島から熊本学園大付属を受験される方はいますか?
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
進路についての話題
名無し@一般人 [ 2021/05/24(月) ]
医学部を目指しています
家が裕福でないので、新聞奨学生か民医連を検討しています
他に学費負担軽減は、どのような方法がありますか?
内緒さん@一般人 [ 2021/05/24(月) ]
新聞奨学生はきついだけで勉学に支障をきたすようです。民医連は卒業後に関連病院のの業務が義務化されており、政治活動があるようなので、やばいと思います。

国公立大学の学費減免制度や地域枠を活用したほうが将来、良いと思われます。

ネットで色々と調べてくださいね。
内緒さん@一般人 [ 2021/05/25(火) ]
所得制限はありますが、大学無償化が良いでしょう。
成績が良ければ返済無しの奨学金があります。医学部は少ないですが。
私的には新聞奨学生と民医連はやめた方が良いと判断します。
BJ@一般人 [ 2021/05/27(木) ]
とても真面目で切実なご質問だと思いますので、授業料免除及び奨学金卒業生のひとりとしてお答えさせていただければと思います。現役九州大学医学部卒業の医師で、福岡の総合病院の院長を務めております。
貴方が国立医学部に合格された場合、その日から色々な経済負担の支援策の情報が入ってきます。ひとつは家庭教師や進学予備校教師のアルバイトです。大学生協や学生課を通して、あるいは同大学の先輩方から様々なお話を得られると思います。国立医学部の学生ですと、少なくとも受験学力においては完全なる信頼がありますので仕事条件はかなり良いです。生徒さんおひとり様、一回二時間、週二回の個人授業で、二人教えれば生活費は十分に稼げます。大学のカリキュラムに合わせた自分の時間をつくりやすいので、大学の勉学との両立が一番得られやすいのです。進学塾や予備校の教師としても、かなり優遇されています。受験勉強で勝利を獲得した医学部生徒さんには、アルバイトとしては受験対策教師が一番お勧めですね。僕も大学在籍の六年間家庭教師を続けていました。
入学と同時に学費負担の困難な生徒さんへの対策として授業料免除申請が、大学側から言われてきます。僕は、父が失業し非正規雇用労働者でしたので
母の内職を合わせても年収150万程度でした。大学の成績は普通程度でしたが、医学生はお金持ちが多いせいか、審査の上すぐに免除がおりました。ホントに助かりましたね。勉学は優秀じゃなくても留年さえしなければ、実家の年収さえ低ければ六年間授業料免除を与えられます。(日本は好い国です。)
日本育英会の無利子の奨学金も、申請して二月ほどで許可が下りました。医師になってから十年以上かけて返済しましたが、安定した医師の年収からすれば返済はさほど大きな負担には感じませんでした。
大学も、三年生以上の高学年になると、大学の卒業試験のみならず医師国家試験の準備が必要になります。国試で八割以上の高得点を取るためには、受験専門予備校が出している参考書や問題集、傾向と対策などのまとまった本を、大学の専門書とは別に購入しなければなりません。これはかなりの負担になります。親の仕送りのない自分は、熟慮を重ねたうえで民医連の奨学金を、大学4年から3年間借りることにしました。お金のかかると言われる医師への道程もこれで十分でした。
医師国家試験合格後は福岡市の千鳥橋病院で臨床研修を終え、外科医として研鑽を積み上げ五十過ぎてから医師会からお呼びがかかり総合病院の院長に就任しました。民医連は、共産党系の病院だから思想がヤバいという先生方もおられます。学生や研修医の頃は、自分のリベラルの先生方の懇談会や政治活動にも参加していました。だが医師として実力をつけ、医療のお仕事が忙しくなりすぎると、それどころではない日が多くなり、民医連以外のいろんな病院で仕事するうちに思想とは関係なく、どの先生方とも仲良く対話するようになりましたね。院長の今では自民党も共産党も自分の親友だという気持ちがあります。医学部卒業までは、経済的な安定はとても大切です。ご参考になれば幸いです。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
進路についての話題
内緒さん@一般人 [ 2021/03/11(木) ]
東大 2021

36 附設
32 ラ・サール
17 修猷館
16 熊本
12 大分上野丘
10 鶴丸
[ 10件 ]の回答が省略されています。(全て表示
愛する母校鶴丸@卒業生 [ 2021/05/28(金) ]
最近の鶴丸の東大現役合格が少ないのは当然の結果です。

理由は明白です。

私が鶴丸高校在学時代、50年ほど昔ですが、各教科に東大卒の力のある先生がいらっしゃいました。

現在のような、人事異動もなく、鶴丸に20年以上勤務されている先生ばかりでした。

東大を受験する生徒は、それらの先生から高度な指導を受けていました。したがって、現役でも14〜15名東大に合格していました。
合格者は浪人より現役が圧倒的に多かったです。

東大に合格するためには、それなりの高度な論理的思考力が必要です。

残念ながら現在の鶴丸の先生方にそのような高度な論理的思考力を指導できる先生はいらっしゃらないようです。

現在の鶴丸の先生方の学歴を見ても、よくて広島大学、多くが鹿児島大学と聞きます。高校時代、東大入試問題に手も足も出なかった先生方ばかりです。

鶴丸の先生方に、東大受験を指導できる力量がないのに、現役東大合格という結果を求めるのはあまりにも無理があります。

東大合格を夢見て鶴丸に入学した生徒が気の毒でなりません。

そこで、提案ですが

鶴丸高校生に東大現役合格をさせたいのであれば、

高校三年時の授業を午前中で終了し、午後からは指導力のある先生が揃った予備校に通わせてはどうでしょうか。

現在の鶴丸卒の東大合格者は、高校卒業後予備校で学力をつけた生徒ばかりです。

我が愛する母校鶴丸の後輩たちのために、
鶴丸高校の先生方に、自らの指導力の不足を自覚し、鶴丸での指導を放棄し、予備校に指導を委ねる勇気と英断を望みたいです。
エンジェル@一般人 [ 2021/05/29(土) ]
お受験で最新鋭を備えれば普通児さえも難関超える

上の先生のご意見には心から同意しています。自分もこの掲示板で何度か書いているのですが、自分の書き方が悪いのかなかなかご理解いただけないようですけれど、高校三年生の受験システムは、鹿児島県ナンバーワンの公立進学校を標榜する鶴丸の場合には、生徒さんを東大や京大に現役で多数送り込むためには、ここに多数現役合格させている四谷学院などの最強の予備校のシステムを組み込ませる以外に方法はないと、自身、医学部学生時代に高等予備校で生徒さんらを長年教えていた経験からも切実に感じています。(自分の母校の甲南高校の場合には、二番手の進学校ですから、少子化で生徒数が減少している状況を踏まえると、今も昔もあのようなものかな、、と現状に満足しているのですが、超格差社会という時代の逆風にさらされて、お金持ちのインテリ組が六年一貫校に自分の子供さんを進学させたがる現状を踏まえても、鶴丸の立場は厳しいと思います。だが全国にその名を知られている県のブランド校が低迷を続ければ、長期的にみればおそらく他の進学校の士気も下がる可能性がありますよね。やはり鶴丸は他の進学校とはひと味もふた味も違うんだ、、という歴史をこれからも築き上げてゆくにはエンジェルの知る範囲では公立進学校と有名進学予備校が強力なタッグを組んだようなシステムを鶴丸高校に作ることが必要なんだろうと信じております。生徒さんの精神力の強さだけに期待して難関を乗り越えようとすることは、竹やりを持って米軍に突撃する旧日本軍の考え方と同じであり、どう考えてもナンセンスだと自分は考えております。

士族の美学にこだわった西郷隆盛が西南戦争で多数の英才を死なせた私学校と同じ運命を鶴丸がたどらないことをエンジェルは切にお祈りしております。
内緒さん@一般人 [ 2021/05/31(月) ]
鶴丸高校の難関大学合格における現役合格率が他県の公立進学校に比べると著しく劣っていることから

鶴丸高校教師陣の指導力の欠如は明白である。

今年の東大現役合格2名
過年度卒8名
合計10名

という結果を鶴丸の先生方はどう受け止めているのか?ここ十数年この傾向は変わらない。

鶴丸の卒業生は高校3年間で十分な学力が身につかず
卒業後予備校で学力をつけてもらって希望校に合格している。

優秀な生徒を入学させているにも関わらず、その能力に見合った指導のできない鶴丸の教師陣に、教師の実力、実態に合ったカリキュラムの改善を、ぜひ実施してほしい。

予備校とタイアップした受験指導の構築を強
く求める。

それが不可能ならば、午前で授業を打ち切り、午後から希望する生徒には予備校に通うことを認めてほしい。

この改善がなされれば
鶴丸の現役合格率が確実に向上するはずである。

うーん@卒業生 [ 2021/06/04(金) ]
教師の実力不足や悪いカリキュラムのせいなのか、中学卒業までの学力が他県の生徒に及ばず3年間で巻き返せない生徒のせいなのか、最近わからなくなってきました。県外在住ですし…
県全体の学力が低下しているとはいえ鶴丸の学区の学力は全国平均より上というデータを見たことがあるので、個人的には前者の影響のほうが大きいと思っていますが。
エンジェル@一般人 [ 2021/06/04(金) ]
伝統の美学が時に禍(わざわい)をもたらす受験もコロナと同じ

少し話がずれるのですが、感染症医師あるいは末端の医科学者として話したいことがあったので、つまらぬ意見かも知れませぬが一言、、、私は鶴甲の生徒さん方は当然のこと日本人の合理的科学思考というのは、さすがこれほどの文明国を成し得るほどに皆が賢い民族であると考えています。ところが優れた先進科学的思考よりも伝統美学を重んじすぎる傾向があり、時に時代を先駆けるほどの先進的な科学が、伝統美学の犠牲にさせられるような現象があることを不思議に思うことがあります。例えば現時点においては東京五輪を中止にする方が国民の犠牲を最小限にとどめる意味でも価値があると医科学者はほとんど全員がそのように考えているのですが、与党政府は五輪は世界の祭典、国家の美学だから必ず成し得なければならないと菅総理は一歩も引きませぬ。鹿児島大学感染学教室の西教授は、聡明な医科学者でありながら、(五輪成功のためには国民の多少の犠牲は、やむを得ない)とコロナパンデミックが増えても五輪開催することを支持されておられます。感染症学会会長の尾身茂先生が反対の立場を表明されてもです。エンジェルは感染症専門医師のひとりとして、五輪は早めに中止し、その代わり五輪期間をコロナ封じ込めキャンペインとして、ゼロベースまでコロナを追い込む(一億総コロナ封じ込め五輪)を開催すべきだと信じているのですが(詳細は省きますが今の日本の医科学技術があれば必ずできます。)政府はなかなか重い腰を上げようとしません。鶴丸高校の、聡明な紳士淑女の先生方が、今の時代にあった受験教育の提言をされても、いっこうに教育の改革をされようとしないのも、鶴丸美学が鹿児島県全体の体質にしみついているからではないかと思うのです。鶴丸生は天才だ、難関に行くのに一二浪して何が悪いか、、、という、コロナ時代の五輪美学のような精神が、教師や生徒のみならず鹿児島県全体をおおい尽くしているのかも知れませんね。予備校に頼らずとも、優れた生徒なら自分の精神力と根性だけで東大や国立医学部に行けるはずだ。そこを乗り越えられないのは精神力が弱いからだ、という鶴丸美学に、今なおこだわり続けている人々が多いのかも知れませんね。
内緒さん@関係者 [ 2021/06/23(水) ]
生徒に原因があるのではなく
先生方の指導力の欠如が一番の原因です。

他県の公立進学校のような
東大に合格させるカリキュラムとシステムが
鶴丸にはありません。
エンジェル@一般人 [ 2021/07/03(土) ]
受験では要らぬ精神主義よりも早く上手な学びこそ勝ち

宿題は予習で解説読ませれば授業でマスターし得るでしょう

上記掲示板で書かれている先生方の議論を精読しながらふと気づいたのですが、鶴丸甲南のカリキュラムでは、おそらく二年生の2−3学期までに、三年分の教科書とチャート式レベルの応用問題はすべて終えているので、本格的な受験を目指した高3の宿題は、予習の段階で解説解答まで、生徒さんに渡しておいたほうが効率的に自学自習でき、学習意欲も高まると自分は信じていますね。医学部学生時代に高等予備校で六年間教えていた経験からも、難問を自力で解かせることにあまりにも時間を使いすぎることは難関を突破するために膨大な資料をまとめるには無駄が多すぎると自分は感じております。
甲南時代も同じでしたが、現役医学部に進学した兄や従兄弟も同じ意見なのですが、受験を来年に控えた学生に対して教師が、難問の宿題を自力で解かせることを強要し解答を最後まで隠したがるのには疑問を感じておりました。高1や高2の段階では、基礎応用ともに、まず予習の段階で、自分で時間をかけて学習内容を理解し問題を解く、あるいは参考書で調べるという作業が、勉学技術を高める有用な基礎訓練になりますけれども、本格的な受験勉強では解けない問題に時間をかけすぎるよりも、なぜ自分が解けないのか知るために解説を先に熟読し、ノートに記録し自分なりに理解してから記憶する作業に時間をかけた方が効率よく学べると自身の体験からも確信しているからです。宿題を予習の段階で完全に理解しておいた方が、先生の講義も安心して聴けるし、集中力を高めれば講義が復習になり得て、時間的にも余裕が出ればz会やてつろくなるものを自学自習するゆとりもでるんじゃないかと思いますね。

エンジェル@一般人 [ 2021/07/03(土) ]
受験では要らぬ精神主義よりも早く上手な学びこそ勝ち

宿題は予習で解説読ませれば授業でマスターし得るでしょう

つづき

甲鶴の先生方の合格カリキュラムは、鹿大がtagetですからそれ以上の難関を目指すには自分で資料を集めるしかありません。鹿大非医学部が目標であれば先生方の宿題と講義だけで十分だと思うのですが
九大以上を目指すならば、通信教育を併用するか
予備校とのダブルは不可欠でしょう。さすれば先生方の講義内容もダブルスクールの情報内容も、すべて消化吸収できた方がいいので、宿題に要らぬ時間をかけすぎぬためには最初から解説解答付きの自己学習を継続する方が、はるかに効率は良いと思います。エンジェルの経験では、力のない教師ほど解説解答を隠したがり、自力で解かせることにこだわる人が多かったように思います。今の鶴丸にも、そんな教師がいるんだったら辞めさせるべきでしょうね。東大医学部に現役合格され、今は精神科医として、ご活躍されている和田先生は受験勉強では参考書や問題集は、自力で解くよりも解説解答を何度でも熟読せよ、、と教えておられます。エンジェルも大賛成です。(笑)

あと兄ミカエルから聴いた面白い話を一言、甲南高校で兄を教えていた恩師のひとりに高3の2学期まで、難関の宿題を自分で解くことを強いていた国語教師がおられたそうです。解けなければ大声で怒鳴りつけ太平洋戦争レベルのビンタを食らうそうで、その怒鳴り声は、隣の甲南教会にも響き渡り礼拝中の信者さんたちはサタンが来たかと恐れおののいておられたようです。物おじしない兄とは仲が良かったようですが、そのお方が鶴丸高校の校長先生に90年代に就任された時には、兄たちは(鶴丸はワッゼーかことになったど!)と鶴丸の将来を案じていたようですけれども、どうやら甲南の名物教師の精神主義が、その後の鶴丸の運命を決めてしまったかもしれないと噂されているようです。(ちなみに名物先生は、その後枕崎市長に就任されたそうですが、、、)

真面目な冗談はこのくらいにして、受験に精神主義は無用だと思います。如何に効率よく学ぶか、鶴丸には、本来その力があるはずです。名物教師の呪いから放たれ、早くかつての栄光を取り戻すことを心からお祈りします。(笑)
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
進路についての話題
内緒さん@一般人 [ 2021/01/07(木) ]
鶴丸高校から熊本大学ってどのぐらいのレベルなんですか?校内でどのぐらいの位置なら行けるのかも教えていただきたいです!
卒業生@一般人 [ 2021/01/08(金) ]
医学部は他大学と変わらず高いと思うが,その他であれば鹿大と同じくらいかと思う。普通に勉強しとけば、中より下でも現役で楽勝かな。
話は変わるけど、鶴丸はけっこう美男美女が多くて、それなりのカップルがいるよね。同級生が三年間つきあいながら、お二人とも仲良く中くらいの成績だったけれど、男の子は確か慶応大学で、女の子は熊本大学文学部だったと記憶している。お二人はけっきょく、いっしょにはならなかったけど、社会ではご活躍されている。
勉学に自主性を重んじるのが鶴丸の魅力かな。

内緒さん@卒業生 [ 2021/01/09(土) ]
真面目な御質問のようですのでお答えしたいと思います。上の方はおそらく東大レベルの方とお見受けしますので(違ったらごめんなさい)、実際熊大レベルだった私からもお答えしたいと思います。私は熊大落ちの鹿大進学ですが、上の方も言うように両方の大学はそんなに変わりませんし、私とは逆の合否パターンもありました。入試問題の向き不向きはあるかもしれません。
それで肝心の校内順位ですが、私は中の上というところでしょうか。決して真ん中から下ではありませんでした。確かに本番での番狂わせは有りますが(それはどこの大学でも一緒です)平均的に言えばそうだと思います。
鶴丸と言えど一公立高校ですからそんなに飛び抜けてる訳ではありません。やはり国立大学はそれなりに一定のレベルはあるのではないでしょうか。
内緒さん@質問した人 [ 2021/01/15(金) ]
お二方、回答して頂きありがとうございました!
熊大目指して頑張りたいと思います!!
内緒さん@一般人 [ 2021/01/24(日) ]
熊本大学は全国的に旧制五高としての輝かしい名門大学である。
池田勇人総理大臣をはじめ司法・行政・経済界・文壇に多数の著名人を輩出してきています。
九州地区の国立大の中では、九州大学に次ぐ難度です。
熊本大学非医・薬の現役合格は、鶴丸でも上位層になります。特に今年はコロナ禍の熊本大学入試は、九州大学とともに関東関西の大学受験を避けて地元志向が顕著にまると思われますので、更に難化するでしょう。
九州大学>熊本大学>長崎大学≒鹿児島大
卒業生@一般人 [ 2021/01/25(月) ]
そういえば、鹿児島大学の前身も自由主義の風土で誉れの高かった旧制七高だったよね。

長崎大学は、医学部の前身は長崎医学校、シーボルト医科大学と呼ばれる所以でもある。感染症免疫学についての歴史と伝統は、コロナと戦っている現在においてさえ九州大学医学部を上回ると言われる。
血液内科の骨髄移植や感染症や癌の免疫療法は、鹿児島大学医学部からわざわざ学びに来られる先生方もおられるほどですから。

ちなみに鹿児島大学医学部第三内科は、椿教授、井形教授の時代には、コロナならぬ血液病ウイルス、smon病、水俣病ら数々の難病の原因を特定し、それまで東大医学部でさえ(風土病)として無視していた数々の難病の原因を突き止め、治療法も確立し、公害問題として社会学的に大きく取り組み裁判でも無数の被害者を救って来られた歴史を忘れてはならないと思う。そこに取り組まれた医師の中には鶴丸高校出身の先生方も数多くおられたからね。

明治維新は(せごどん)でも言われたように、アジアアフリカを欧州列強から守り抜いた、自由主義革命や社会主義革命以上の、世界史的な革命だったから、その主役を担った九州の若者たちは、どの県の方々ももう少し自分の郷里に誇りをもっても良いのだと思う。

九大も長崎大学も熊大も鹿大も、それぞれに良き伝統を持ち、いまでも文理問わず世界的な研究やお仕事をされている。

偏差値を比較するのも良いが、それぞれ粒ぞろいの大学の歴史や現在取り組まれている方向を知り、自分が行きたいと思う大学学部を決められても良いのではなかろうか?
内緒さん@一般人 [ 2021/02/04(木) ]
地方の大学は、国立だろうが旧帝だろうがもう見向きもされないよ。卒業後を考えたら絶対に避けるべき。働くところがない。
内緒さん@一般人 [ 2021/02/05(金) ]

可哀想な人
内緒さん@卒業生 [ 2021/02/05(金) ]
よく言われることであれば鶴丸の100位で九大のラインだが近年の鶴丸レベル低下で70位でも九大は厳しい。熊大となると150位くらいでなんとかなるんじゃないだろうか。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
学校生活についての話題
内緒@一般人 [ 2020/10/05(月) ]
数学の先取りとして公文の高校過程終了は役に立つのでしょうか? もちろん計算力は数学の力の一部なのですが、進学校の進度の早い数学授業についていくために、計算だけでも、微分積分まですませておくと有効と思われますか? 公文の先生は、数学は高校過程まで終了してメリットを感じると。 中学までで終わらせた方がいらっしゃったら教えて下さい。
鹿児島子育てプランナー@一般人 [ 2020/10/18(日) ]
終わらせた生徒は、今のところ3名見てきました。確かに、計算だけでも高校課程まで終わらす、終わらせた事は、意味があるとは思います。
しかし、やり終えたまでの課程が重要だと考えます。
3名のうち、1人は、公立→東京工業に一浪で、もう1人は、県外の超難関私立高校に行き、現在学年トップ層です、恐らく目標の東大医学部は、現役ダメでも一浪では、可能でしょう。
もう1人は、鹿児島公立一貫校に通う高校生ですが、中学部に合格してから、パタッといまいちです。
私とすれば、公文で微積をそこまでさせなくとも、東大、医学部、超難関私立中学、高校にも行ける、行かせる方法パターンは、普通にあります^_^
計算力は、かなり有効になりますから、あるに越した事はないですが、そこまでさせなくとも全然大丈夫ですよ!
まあ、鹿児島の公立トップ高校の進路もそこまで早いわけではないので、安心して下さい。
上には、上の学校がありますから^_^
勉強が得意になるには、レベルに応じて手順がありますから、大丈夫ですよ。
ご家庭によって、色々な考えがあると思いますが、子供の特徴を理解していれば、公文じゃなくとも、普通に伸びていきます。その代わり。その子にあった教材、教材使い方が大事でしょうね!
あと大事な事は、刺激、様々な経験を積ませ、頭を使わせる事ですよ!
また、お役に立てることがあれば^_^
内緒@質問した人 [ 2020/10/21(水) ]
丁寧な返答ありがとうございます。 確かに「その子供にあった」やり方を見極めることが大切ですよね。 うちは、難関大学を目指している長女は公文歴なしで、もともと計算は得意です。 次女が計算苦手で遅く始めた(小6秋)で今中1です。 復習目的だったので一桁の足し算A教材からやりなおしH教材までいきました。 先生は公文数学は高校教材までやってメリットを感じるもの、とおっしゃるので、地頭(?)がそれほど良くない様子の次女に、なんとか高校数学で落ちこぼれることなくついていってほしいためです。 高校受験もあるので、そろそろ塾にもやりたいし、スケジュール的にも難しく悩んでいます。 優先順位を公文高校数学教材終了にするのが、高校受験にするのか。 本人のやる気と希望を尊重すべきですね。 周りに実際高校数学教材を終わらせて、大学受験を終えた人を知らないので、質問しました。 たいへん参考になりました。 ありがとうございます。
鹿児島子育てプランナー@一般人 [ 2020/10/22(木) ]
どの大学の学部に行きたいかで、優先順位は、ガラッと変わってきます^_^
優先順位を間違えないように。
できれば中学のうちからだと非常に計画が立てやすいです。その代わり、準備は、しっかりしなければなりません。わかりますよね?早ければ早い程良いです。
高校数学について行くため、公文が、有効とは限らないので、気をつけて下さいね。
毎年、2名ずつ位ですが、全国の超難関私立を目指し、また合格されたご家庭のプランナーをさせていただいています。
公文やってたお子様は約半数以下で、やり遂げたお子様は、私が関わった約30名は、ゼロです^_^
それでも、数学は、ほぼ全員できるようになりましたよ^_^できると言うか、自分の夢に必要な学力に到達できれば、いいので、やはりPlanが大切になります。
良くお子さんに関わっていらっしゃる、素晴らしいお母さまだと思います。
応援したくなります。
まずは、ご家庭で仲良く会話を楽しんで下さい。

鹿児島子育てプランナー@一般人 [ 2020/10/23(金) ]
わたしは、教育学や脳科学、医学、心理学の総合理論での教育法を趣味でやってて、口コミで色々お手伝いさせてもらっていますし、好きでやってますのでボランティアです。今は、我が子2人とも手がかからなくなりましたので、ゆっくりと相談にのってます^_^
ネットでは、具体的な名称や方法など、細かくは、お伝えし難く、遠回しの言葉で誤解を招くかもしれませんがお察し下さいね^_^
アドバイスとしては、親は、現在と先をしっかりみて、1日1日、子供との関わりを大切に!
良き師、良きライバルと出会わせるのも、しっかり準備があってのことかもです。
あと、ゲーム、スマホのご利用は、少しだけ注意かもです^_^
これも察し下さい。

鹿児島子育てプランナー@一般人 [ 2020/10/24(土) ]
あと、あまり、次女さんが計算が不得意とか思わないで下さいね^_^ 親は、そこです^_^
高校数学では、粘り強く解き、確実に正解まで持っていく力を養う事が大事です。
中学でも、ただ塾に行けば良いとかではなく、娘さんにあった塾を一緒に探してみると言うような心ある姿勢が、情操教育にもつながり、心と頭のバランスがよくなると思います。
勉強は、勿論今できる事が大事ですが、将来、いつか頑張らないといけない時に、自分で勉強できる自信を高校卒業迄に習得できれば、本当の意味を成せると思いますよ^_^
高校入試の勉強内容、特に公立入試は、実はかなり薄っぺらいので、直ぐに得点に結びつきます。
周りに煽られずに、一緒に先を見て、ワクワクしながら将来を見据えて頑張って下さいね^_^
あと、娘さんには、公文よりもっと良い学習があるような気がしてますが、どうでしょうか?^_^
脳にブレーキがかかってませんか?

内緒@質問した人 [ 2020/10/24(土) ]
丁寧なアドバイスありがとうございます。 公文はあくまでも「記号が混ざった見た目難しそうな計算を機械的にする力」をつけるためだけに習う目的です。 後の数学力「数学的読解力、思考力、図形など」は他でつけないといけないと考えています。 ただ、計算力が一番てっとり早いのと、次女は多少ワーキングメモリ低め?と感じるときがあり、そのために始めました。 繰り下がりのある引き算がとても苦手でしたが、公文の繰り返し学習で暗算のできるようになり計算には自信がつきました。文字式や方程式など中学教材の方が簡単に感じるそうです。 数学ができるようになるのに、子供のときからの外遊びや空間認知能力とか色々必要なんですよね? 入園前から毎日のように外遊び、や立体パズルなどはしてきましたが・・・。 高校数学は「さらり」と進んでしまうと聞いて、今から準備できることは?と考えてしまいます。 数学得意ないとこは「高校数学なんて簡単だから先取り必要なし」と言い、得意じゃなかった主人は「早く始めたからって得意になるわけじゃない」と・・・。 中間の意見はどうでしょうかね・・・。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
一般的なことについての話題
内緒さん@一般人 [ 2020/08/21(金) ]
みんなの高校情報というサイトでの進学実績が明らかにおかしいのですが単なるミスでしょうか?
それとも何かしら大規模な変革でも行ったのですか?
内緒さん@一般人 [ 2020/08/22(土) ]
サポート窓口
https://itokuro.zendesk.com/hc/ja/requests/new?ticket_form_id=461688

で問い合わせてください。
内緒さん@一般人 [ 2020/08/22(土) ]
鹿児島県公立高校入試を突破してきた鶴丸高校、甲南高校の学生であれば、九州大学や国立医学部などの難関大学へ進学したいと思っている学生も多いでしょう!同じ鹿児島県民として、私は心から応援しています。ただ難しい受験です!そういうご時世です。

その難しさの程度を分析し、乗り越え方についてお伝えしようと思います

1、想像以上に厳しい現役での進学実績
2、なぜ鹿児島県の難関大学合格者は少ないのか?
3、実は浪人しても厳しい進学実績
4、じゃあ難関大学に受かるためにはどうすればいいんだい?

1、想像以上に厳しい現役での進学実績
まずは下の表をご覧ください。これは2019年度、鶴丸高校・甲南高校における難関大学合格者数と合格占有率を表にまとめたものです。※(ここでの難関大学は、旧帝国大学の7大学に、東京工業大、一橋大、お茶の水女子大、東京外語大、横浜国立大、神戸大、国立大学医学部医学科を加えたものと定義しています。)

鶴丸高校進学実績
生徒数
320名

甲南高校進学実績
生徒数
320名

難関国立大学率
鶴丸38.1% 甲南 18.8%

難関国立大学率
鶴丸 12.5% 甲南 9.1%

2019年度、鶴丸高校の難関国立大学合格者数は87名(割合38.1%)、現役合格者数60名(割合18.8%)。

2019年度、甲南高校の難関国立大学合格者数は40名(割合12.5%)、現役合格者数29名(割合9.1%)。

ちなみに、2018年度、鹿児島中央高校の難関国立大学合格者数は5名(割合1.6%)、現役合格者数5名(割合1.6%)です。

※鹿児島中央高校の2019年度合格者数が不明だったため2018年度版で代用。※当社調べにより判明分のみ掲載。実際の合格者数とは異なる可能性もあります。

さて、この結果をみてどのように感じるでしょうか?
残念ながら鶴丸高校に進学すれば九州大学にすんなり合格できる時代ではありません。
これは2019年度に限ったことではなく、ここ10年以上にわたり難関大学進学実績は明確な低下傾向にあります。

実は、鶴丸高校においても甲南高校においても、最大多数の進学大学は鹿児島大学なのです。

鹿児島大学進学者数は、鶴丸高校において61名、甲南高校では116名となっています。医学部医学科以外の学部で、です。

2、なぜ鹿児島県の難関大学合格者は少ないのか?
それは単純に、鶴丸高校や甲南高校より、他県の進学校の学力の方が高いからです。特殊な要因が関係して難関大学への進学率が低いわけではありません。

今現在、最難関大学の合格者は関東や関西を中心とした中高一貫校に極端に集中しており、合格するにはそこの学生に割って入らなければなりません。

最難関の大学進学実績は、以下の高校が上位を占めています。

≪東京大学合格者数 2019年度≫

開成高校187名、筑波大学附属駒場高校113名、麻布高校100名、聖光学院高等学校93名、灘高校73名

≪京都大学合格者数 2019年度≫

大阪府立北野高等学校72名、洛南高等学校64名、堀川高等学校64名、甲陽学院高等学校49名、灘高46名(医・医26名)

≪国立医学部合格者数 2019年度≫

東海高校116名、灘高校90名、洛南高校78名、ラ・サール高校68名、開成高校65名、甲陽学院63、久留米大附設高校56名、札幌南56、東大寺学園54名

このように最難関大学への進学実績を占めているは中高一貫校なのです。

ここに食い込む中高一貫校以外の高校は、「奇跡の堀川」と呼ばれた堀川高校、大阪トップの北野高校などごく一部です。果たしてこのレベルの学校を相手取り、今の鶴丸高校や甲南高校がどれくらいの勝ち星を挙げられるのか。

例えば、ラ・サール高校と鶴丸高校を比較すればイメージしやすいです。鶴丸高校や甲南高校生の入学時の学力と、ラサール高校生の入学時の学力には既に大きな差があります。ラ・サール中では、鍛え上げられた小学生を中学受験で選抜し、3年間の中学生活の間に高校1年生〜2年初期のレベルまで進めています。
加えて、高校の3年間でもラサール高校は鶴丸高校よりもだいぶ速い進度と高い問題レベルで学習を進めていきます。入学時の学力差があるだけでなく、3年間でその差がさらに開きます。

これは困りものです。

東大・京大や医学部などの最難関大学へ進学するには、少なくともラサール高校内の順位で上位35%には入っていたいところです。つまり、鶴丸高校や甲南高校の学生が最難関大学へ進学するには、入学時にすでに差のついているラサール高校の同学年の学生に追いつき、かつ追い越さなければなりません。ラサール高校の学習スピードの方が鶴丸高校や甲南高校より速いのに、です。

最難関の受験を考えるなら、鶴丸高校・甲南高校入学と同時に逆転を目指さなければならないと言えます。

平均的な難関大学「九州大学」の進学実績で比較するとどうでしょうか。

≪九州大学 2019年度≫

修猷館高校126名、筑紫丘高校110名、福岡高校102名、小倉高校66名、熊本高校60名、明善高校54名、東筑高校53名、済々黌高校51名、大分上野丘高校47名(医・医6名)、久留米大附設41名(医・医25名)城南高校34名、長崎西高校34名、福大附大濠高校31名、宮崎西高校30名、山口高校30名、鶴丸高校30名

九州大学に限っては、鹿児島県勢は福岡、熊本勢に差をつけられています。長崎や大分にも完敗です。

参考までに福岡県トップ公立高校「修猷館高校(卒業生427名)」の進学実績は以下の通りです。

東京大学11名、京都大学18名、北海道大学3名、名古屋大学2名、大阪大学8名、九州大学126名、東京工業大学6名、一橋大学2名、国立大学医学部医学科29名、横浜国立大学(不明)、神戸大学(不明)、お茶の水女子大学(不明)

判明分だけで205名の難関大学合格者を出しており、判明分だけで難関大学占有率48%を超えています。神戸大学・お茶の水女子大学・横浜国立大学を加算した難関大学全体の占有率は50%超えると思われます。

これは強い…。

3、実は浪人しても厳しい進学実績
鶴丸高校の浪人率の高さは有名です。ただ、はなから浪人まで考えた4年間で難関大学を目指すことはお勧めしません。むしろ、難関大学を目指す学生ほど現役合格にこだわるべきです。

それは単純に浪人生における難関大学合格率も同様に厳しいからです。現役よりもっと厳しい可能性もあります。この章だけ一気に主観的な内容になりますが、ある優秀なプロ講師の感覚として読んでください。

例えば国立大学医学部合格への平均浪人年数は2.5〜3浪と言われますが、それは合格者の平均にすぎません。もし合格できるとすれば平均で2.5〜3年間の浪人を経て合格しているにすぎず、それに溢れた「合格できなかった」や「志望大学を変更した」受験生が膨大に存在しています。浪人当初の第一志望から下げずに、実際に合格できた浪人生は、鶴丸高校の現役合格率よりはるかに低いと踏んでいます。

※(これは私の主観でありエビデンスはありません。ただ個人的に計算したことがありますが予備校の公表している国立大合格実績を、その予備校の想定在籍生徒数で割ると生々しい数字が出ます。)

予備校の1年を過信してはなりません。午前中に必修授業、午後に必修授業の残り+選択授業で、そこから次の日の予習。実際に自分のための自学自習ができるのは夜だけになることがほとんどです。いや、高校生の勉強時間と変わらんやん。

本来、3年間の高校生活を効果的に使い切ることができれば、現役で難関大学へ合格することは十分に可能です(あくまで効果的に使い切ることができれば、です)。

ただ受験は合格率を上げることはできても決して100%にはなりません。十分に勝算がある受験でも当日の一発勝負で不運が起こる可能性はぬぐえないのです。そんなときにこそ浪人は積極的に考えるべきでしょう。浪人という選択肢は、私立受験や後期試験などのようにリスクマネジメントの一つとしてとらえるべきです。※(ロググラム予備校は最高です)。

4、じゃあ難関大学に受かるためにはどうすればいいんだい?

まずは在籍高校の現状を正確に把握することから始めましょう。中央高校でも玉龍高校の学生でも同様です。自分の志望する大学以上に何名合格者が出ているのか、現役合格者数は何名か。

そのうえで考えるべきです。はたして自分が目指す大学がこの学習状況の先にあるのかを、です。

勉強するのではなく、受かるための勉強をする。」

これが重要です。ただ勉強していればいいってわけじゃありません。

みなと同様の授業を受け、画一的に出された課題を3年間通した結果、志望する難関大学へ合格できる可能性はいかほどなのか?

高校3年間で難関大学を突破するには意味がない勉強や効果の薄い勉強をしている時間などありません。4年計画でもダメです。自分自身のために自分自身でする勉強が、みなが同様にしている画一的な勉強よりもはるかに効果的です。

受験はその結果の責任が100%自分自身にのみ掛かってきます。受かるのも自分、落ちるのも自分なのです。周りの人間はあなたが受かったら嬉しいし、落ちたら残念だとは思うかもしれません。
ただ、たったそれだけ。一時的な感情の発生です。

でも、あなたにとっては重みが全然違います。とっても重要なことです。

だったら、自分で勉強法に責任を負うべきです。結局は自分が一番、自分自身に対して親身になれます。

もちろん分からないことは信頼できる先生に聞けば良いと思いますし、アドバイスももらうべきです。ただ、最終的な判断は自分がするべきだという意味です。

勉強するのではなく、受かるための勉強をする」。

↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
学校生活についての話題
内緒さん@在校生 [ 2020/07/04(土) ]
進研模試は自称進学校が受けるとよく聞くのですが鶴丸も受けていますよね?公立では1番ですけど全国区で見ると自称進学校なんですか?
内緒さん@一般人 [ 2020/07/04(土) ]
まあ進研模試は練習試合みたいな感じですねー
余裕で偏差値80以上とれますので自己肯定感UPするのにいいかなー
高1@在校生 [ 2020/07/04(土) ]
進研模試初めて受けたけど数学簡単過ぎ
あれで100点取れない人いるの?
内緒さん@一般人 [ 2020/07/06(月) ]
それはそれは進学実績は凄いことになりそうですね。
高1@在校生 [ 2020/07/10(金) ]
進研模試 高1 7月の数学が簡単過ぎただけですw
みんな簡単だったと言ってましたから。
数学得意な奴は100点か少しミスっても90点以上は絶対に取れる問題でした。
内緒さん@一般人 [ 2020/07/12(日) ]
↑俺も自己採点したら100点だったわ
ロールケーキ問題が解けない奴バカ過ぎww
内緒さん@一般人 [ 2020/08/23(日) ]
鹿児島の公立高校は受けているというデータが出てました。鹿児島で受けてない進学校はラ・サールとかです。代わりにプレステージ模試とか受けてます。
内緒さん@保護者 [ 2021/01/09(土) ]
公立高校では全国で20〜30番位ではないでしょうか。東京大阪横浜のような大都会の公立、北陸3県の公立のような勉強熱心なとこは校内平均で200点を超えてきますから、勝てません。鶴丸は九州の田舎ではいいかもしれませんが、全国に目を移したらどうってことはありません。
ぴん@一般人 [ 2021/05/15(土) ]
現在は全国的に見ると自称進学校に近いかな。
鹿児島の中では威張れるのだけど。
いいのは、ほんの上位の生徒だけ。あとはどこの高校出ても一緒。
高校での伸びしろだね。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
高校受験についての話題
内緒さん@一般人 [ 2020/05/15(金) ]
中3の子を持つ者です。中学校にて高校説明会があり、鶴丸高校の教頭先生が来られて説明がありました。その際に資料が配られて、校訓や特色などが載っていました。当然ながら進学実績も載っていたのですが、その数字に関して質問があります。東大12、京大9、お茶の水4、阪大11、九大35など。これは現役浪人合わせてではないのですか?教頭先生が、今年の卒業生の実績と言われたので、驚いています。熱心な保護者数名が、今年は随分増えたのねーって驚いてます。もし、合わせた数字なら虚偽説明になりますよ。保護者は、進路実績なども参考にするのですから。どなたか、ご存知なら回答願います。
下手に夢見させてはダメですよ。
[ 10件 ]の回答が省略されています。(全て表示
子育てアドバイザー@一般人 [ 2020/07/04(土) ]
子育てアドバイザーをしております。
学校説明会の現役実績等は、あまりお気にならざらずに、勢い余って言われたことでしょうから^_^
県内ナンバーワン進学校の先生となれば、熱心な御発言もされるでしょう。
そんなことはさておき、鶴丸で東大、医科歯科(地方医学部は別)などの大半の生徒は、小学から難関中学受験である程度の実績や高校受験の際に難関私立を突破した、極一部の生徒と言うことです。
特に女の子は、優秀な子がいます。
そもそも、その親、子とも、初めから学校の授業に付いて行こうなんて思ってないと言う事です。
だからと言って、学校の授業を蔑ろにしたり、先生を馬鹿にしたりとか、そんな事はなく、学校の授業やテストを上手く利用するノウハウを教わってますから。
学校説明会よりも、中学受験や全国の難関高校を突破して、鶴丸や行かれた生徒の体験談の方が参考になります。
教頭先生の講話より、トップの現役生や今の大学1年生とその親の経験談が1番参考になると思います。
あとは、鹿児島の難関私立を高校から行かれた生徒、親の経験談だと思いますよ^_^
中学受験を経てなくとも、他の習い事で、しっかり頭を使うのを訓練されていた子が大体、高校でも頭角をあらわしています^_^
具体的にお伝えしたいのですが、あまりネットでは、色々ありますので、このあたりで。何が大事かをご判断下さい。頑張って下さい。
学校説明は、その時の勢いで色々あるかと思いますが、鶴丸は、素晴らしい伝統学校と思いますよ。
内緒さん@一般人 [ 2020/08/10(月) ]
質問した人は、情報収集能力が低すぎです。

5月15日の書き込み前に鶴丸高校のHPで大学実績が見ればすぐわかったのに。

『進路状況 公開日 2020年05月11日

大学別合格者数一覧

令和元年度卒業生合格者数一覧(令和 2年度入試)』

各大学の合格者数と現役数が載ってます。

内緒さん@一般人 [ 2020/08/10(月) ]
鶴丸高校の教頭先生に騙されたような印象ですが、例年の大学実績を見ればわかることです。
期待する方が間違いで現実を見ましょう。

鹿児島県内でラサールを除けば、県内の公立では鶴丸が1番です。
鶴丸が嫌であれば、大学実績の落ちる甲南にすればよいだけです。

鶴丸に余裕で入っても、上位に入るとは限りません。学部によりますが、九大以上だと70番以上でないと現役は無理だということです。甲南だと40番ぐらいです。

九州の県トップの公立進学高は伝統的に浪人が多いです。生徒も部活などで青春を謳歌して浪人する人が多く、教諭も4年生高校を容認する発言が多く見られます。本人の意思に反して浪人してでも目標の大学に行くべきと勧める先生が多くいます。結局のところ、大学実績作りともとれます。しかし、現役にこだわってほしいと思います。

課題が多く自学時間がないと言う人がいますが、甘えです。本当に時間がないのでしょうか?
本来は課題を解くぐらいでは足りないぐらいです。量は質を凌駕します。数多くの問題を解いた後に質が見えてきます。質が見えないのは量が足りないだけです。

大学受験は過去問を含め、多くの問題を解くことです。解法を知り、解答に費やした時間を知り、傾向を知ることで、弱点や課題、対策が出来ます。
予習復習をし授業も真摯に取り組み、定期テストもぬかりなく、スマホ、TVに見向きもせず、日々、休むことなく、3年間継続すれば、現役で九大医までは合格します。実際そうでした。

部活での先輩とのつながり、成績の優劣に関係なく友人は必要です。
先生がだめなら、友人から教えてもらうのが良いです。教える方もメリットがあります。教えるということは完全に自分が理解していなければならないからです。そのことは、脳裏に焼き付いてくるので入試問題等に役立つからです。
それと、コミュニケーション能力も高くなります。このことは将来、医学部に行ったときに役に立ちました。
今はLINE等で問題を撮影して送ってくる人もいます。問題を解いていると意外と息抜きになっていいものでした。

結局は、生徒本人のやる気と学習計画の作成、日々のたゆまぬ継続しかありません。

親は目標の大学の1次、2次の得点率、目標点、合否判定などの分かるエクセルを作成して、子供のモチベーションをどのように高め、持続させるかを考えるだけです。

内緒さん@一般人 [ 2020/08/12(水) ]
具体的にお伝えしたいのですが、あまりネットでは、色々ありますので

と、何のメリットもない書き込みの’子育てアドバイザー@一般人’とくらべると、実践的でさんこうになりました

日々、継続して勉強することの難しさは、自分本人が一番わかっているつもりです。ほんとうに実行している人は、ほんの一握りだとおもいまう。そのひとにぎりになろうと思います
内緒さん@一般人 [ 2020/08/12(水) ]
関東の学校と比較しての話ですが、鹿児島の公立高校の生徒は本当に時間がないと思います。正確に言うと学校に拘束される時間が長すぎます。
関東では朝や放課後や長期休暇の補習や7限授業はなかったり必修ではなかったりです。有名な中高一貫校でもそうです。そのかわり、難関大志望の学生は中学から鉄緑会などの塾に行ってハイレベルな授業と膨大な課題と優秀な同級生との切磋琢磨とで鍛えられるようです。学校は優秀な同級生や上級生下級生と関係を作る場という感じが強いです。学校外で忙しい感じですね。
鹿児島の学生も関東の学生もどちらも忙しいのでしょうけれど、費用対効果でいうとあまりに鹿児島の学生の方が分が悪いと感じます。課題を選べてかつそれをこなす時間を十分にとれる関東の学生と、選べない課題をこなした上でしか自分のやりたい課題ができない鹿児島の学生では、対等に受験で勝負するのは難しいでしょう。鹿児島にはいい塾がないから学校が鍛えている、という意見も確かにあるでしょう。しかし、例えば数学で予習を重んじてかつ夏休みも補習を入れる鶴丸スタイルでは一度理解が遅れるとあとは卒業まで追いつけないことなんてザラです。理解の早い生徒にはそれでいいのですが、例えば教科書の理解は遅いがその後応用するまでは早いような生徒には酷な話です。要は、学校が一律の課題を全生徒に与えて鍛えるというのは無理があるのでは、ということです。
だからこそ、鶴丸はじめ鹿児島の学生は限られた自由に使える時間を十分に活用するために気合と根性ではなく戦略的な勉強をしてほしいと思います。例えば「この課題は明らかに自分には不要なので効率よくさばくにはどうすればいいか」「膨大な課題やテストから志望校合格に必要なことを学んでものにするにはどうすればいいか」などなど。何も考えずにひたすらやるのが一番よくありません。勉強量は勿論重要な要素ですが、自分の現状と取り巻く環境と目指す目標を常によく理解して勉強するのがよいのではと思います。
あと、ちょっとでも楽しく勉強する方法も考えながらやってほしいと感じます。
内緒さん@一般人 [ 2020/08/13(木) ]
鉄緑会の一番の特徴は異常な先取り学習。カリキュラムがなかなかというか異常。

数学英語
中1…中学生の全範囲
中2,3…高校全範囲
高校…復習と東大対策

<鉄緑会の指定校は、13校>
開成中学校 937 名
桜蔭中学校 795 名
筑波大学附属駒場中(筑駒) 512 名
麻布中学校 361 名
駒場東邦中学校(駒東) 283 名
海城中学校 366 名
筑波大学附属中学校(筑大附) 344 名
豊島岡女子学園中学校(豊島岡) 306 名
女子学院中学校 197 名
雙葉中学校 199 名
渋幕(渋谷教育学園幕張中学校) 184 名
聖光学院中学校 94 名
栄光学園中学校 91 名

これで東大に合格しないはずはない。絶対に東大受かるよ。
内緒さん@一般人 [ 2020/08/14(金) ]
鉄緑会大阪校在籍者数
灘330名
洛南487名
神戸女学院269名
四天王寺188名
甲陽140名
高槻140名
東大寺137名
附池田135名
星光103名
洛星99名
西大和91名
清風南海71名
神戸大附69名

合格実績

2020年度合格者数

東京大学 515名
うち理III 59名 ※医学部推薦合格を含む
京都大学 95名
うち医学部 44名
国公立大医学部合計 499名
阪大医28名,京府医23名,大阪市大医11名,神大医17名,
奈良県医33名,滋賀医11名,和歌山県医9名 他

※2020年7月現在の判明分
内緒@保護者 [ 2020/10/23(金) ]
子育てアドバイザー@一般人’さんもしかして、プロですか?かなりの経験者ですね。
今更じゃなく、小さい時からの準備が大切だと言うことですね^_^
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
学校生活についての話題
内緒さん@一般人 [ 2020/03/27(金) ]
今年鶴丸高校に入学する者です。
新入生課題として、数学の発展問題が配布されたのですが、これは鶴丸高校の先生方が作られた問題ですよね?新入生テストはこのレベルの問題が出題されるのでしょうか。
正直言って難しいため、テストで赤点を取る未来しか見えません。
部活にも入りたいのですが、新入生テストで赤点を取った場合、部活への入部は認められない...ということはありますか?
最後に、春休みにしておくべきことを教えてください。
よろしくお願いします。
卒業生@関係者 [ 2020/03/30(月) ]
現役で東大に入った卒業生です。この度は合格おめでとうございます。
私が卒業したのは随分昔なので新入生テストや赤点と部活についてはコメントできませんが、春休みにやっておいたほうがいいと思うことを書いてみます。

どこの学校を受けたいか、効率のいい勉強方法は何なのか、これくらいは調べておいたほうがいいと思います。
ご存知かもしれませんが、鶴丸では世間で言われているのとは逆に課題や補習や模試がたくさん課されます。しかし、残念ながらそれをこなしても合格できる学力がつくとは限りません。教師達は学校の課題だけをこなせばとこにでも受かる、とか、鶴丸は全国屈指の進学校だ、とかことあるごとに行ってくるでしょう。ですが、その結果は現役の東大合格者数が4人というラ・サールはおろか他県の有名公立進学校と比較しても大幅に劣る結果なのです。全国レベルで見れば今の鶴丸はどこの県にもある普通の進学校です。なので、こういうことを教師から言われても、話半分に聞いておいて学校を当てにしすぎず謙虚に学習を進めるべきと考えます。

ということで、部活をしつつ希望する大学に入るためには、できるだけ早いうちから計画を練り、学校のための勉強ではなく志望校に受かるための勉強を効果的にやっていく必要があります。ここで早めに志望校を決めてどういう問題が出るか(教科数、試験科目など)調べておけば余計な勉強をしなくて済みますし教師から妨害に近い課題や補習を課されてもうまくさばくためのモチベーションになるのでは、あるいは学校の授業でうまく利用できるところを見出す指標になるのではと思います。勉強法も調べておくと、効率の良い課題のこなし方もわかるかもしれません。ググればいろいろみつかるはずです(「東大 現役合格 勉強法」とか)。

勿論現在鹿児島で最も締め付けが厳しいとされている鶴丸でこのような勉強を進めて行くのは難しいかもしれません。だからこそ早いうちから学校のためでなく自分のために勉強して、試行錯誤しながらなんとか方法論を見出してほしいと願っています。
また、集まってくる友人たちはなんだかんだ言って優秀だと思います。いい友人に恵まれる可能性が高いのが鶴丸のいいところですので、それを最大限に利用して協力しあいながら学校生活を送ってください。

がんばってくださいね!
内緒さん@質問した人 [ 2020/03/31(火) ]
ありがとうございます!!
将来は薬剤師か自分の好きな歴史に関する仕事に就きたいと思っているので、それらを学べる大学を今から調べてみようと思います。
卒業生@関係者 [ 2020/04/02(木) ]
やりたいことが特にないなら知名度で大学を選ぶのもありだと思いますが、やりたいことがあるならそれを軸に大学を選んでくださいね。夢があるのは素晴らしいことだと思います。
ちなみに、私の場合は東大にある有名ピアノサークルにどうしても入部したいというのが志望動機でした。
内緒さん@中学生 [ 2020/04/05(日) ]
鶴丸って補習あるんですか?
卒業生@関係者 [ 2020/04/08(水) ]
あるみたいですよ。
20年くらい前は任意出席で始業前と放課後、また希望者だけとはなっていましたがほぼ強制で夏休みと冬休みに1限から7限までありました。1・2年生は7月いっぱいと8月お盆明けから一週間、3年生はそれに加えて8月の第一週まであったように思います。さらに、入試直前でも特別講義として授業があり自分で入試問題を解く時間が削られたりしてましたよ(笑)。各種情報から考えると、多分今もこんな感じかそれ以上のようです。
夏休みと冬休みの補習は、補習と言っても普通にカリキュラムを進めるだけです。なので、夏休みに1学期の遅れを取り戻すとか自分の弱点を集中的に自習するとかするのは至難の業です…
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合

[ 検索結果の続きを表示 ]

[ 全て ] [ 受験 ] [ 生活 ] [ 部活 ] [ 進路 ] [ 学費 ] [ その他 ]
質問テーマを限定して表示
[ 全て ] [ 受験 ] [ 生活 ] [ 部活 ] [ 進路 ] [ 学費 ] [ その他 ]

[ 検索結果の続きを表示 ]

鶴丸高校の情報
名称 鶴丸
かな つるまる
国公私立 公立
共学・別学  共学
偏差値 72
郵便番号 890-0042
住所 鹿児島県 鹿児島市 薬師2-1-1
最寄駅 0.6km 鹿児島中央駅 / 指宿枕崎線
0.6km 鹿児島中央駅 / 九州新幹線
0.6km 鹿児島中央駅 / 鹿児島線
電話 099-251-7387
公式サイト 学校公式サイト
Copyright (C) 2006- 高校受験ナビ All rights reserved