教えて!鶴丸高校 (掲示板)
「偏差値」の検索結果:45件 / ページ数:5
[ 絞込み解除 ]
進路についての話題
内緒さん@一般人 [ 2019/03/10(日) ]
今年の東大合格者は何名ですか?
現役、浪人どうだったんでしょう?
[ 31件 ]の回答が省略されています。(全て表示
内緒さん@一般人 [ 2019/03/21(木) ]
昨年の週刊朝日の記事。
ラ・サール(鹿児島県)の安原大熙(だいき)さんは、東大文学部に進む。幼いころから絵本が大好きで、自分でも書いていたという。両親が読んでいる本を通じて文学に親しんだ。学校の授業がきっかけで、中3のころから文芸の創作活動を始めた。

「中3の国語の授業で紹介された短歌に感銘し、短歌を作り始めました。高1の授業で鑑賞した漢詩にも興味を持ち、ネットで調べた漢詩の会に入った。毎月、添削指導を受けました」

文芸部の部長を務めた安原さんは、高1の秋に「諸橋轍次博士記念漢詩大会」で賞を取った。高2の秋には「九州高等学校文化連盟文芸大会短歌部門」で最優秀賞を受賞し、推薦入試を考えるようになったという。

東京大学 推薦入試2019
理学部
市川、筑附、栄光、初芝富田林、灘、筑紫丘、ラ・サール、武蔵(私立)
卒業生の@保護者 [ 2019/03/21(木) ]
まあ、ここは東大入試についてのスレッドなので、医学部入試の話を絡めると話がややこしくなります。
個人的には地方の国立医学部入試はいかに弱点を作らないかが重要で、東大をはじめとする難関大学はいかに高いレベルで得意科目を増やしていけるか、にかかっていると思います。
九大長大の数学がハイレベルと言われたので、時に予備校も解答を間違える難関大学の数理のレベルをご存知なのかと思いまして。
もしそうなら医学部以外の学部の生徒はほとんど得点できないことになりますね。
通常理系ならその大学の工学部に合格する生徒が5-6割得点できるレベルの問題を出してきますから、偏差値を考えると九大長大の数学の問題がそんなに難問で有るはずはありません。
理3を受験しようとしてたほどの人ですからこれは釈迦に説法ですね。

私立医科大の入試が情実だらけなのは、20年も前のことを思い出せばわかることです。
鹿児島県選出の国会議員が私立医科大入試の斡旋を依頼されたメモを国会の会議中にすっぱ抜かれて、支持者の希望に応えるのは国会議員としての突然の義務であると高らかに宣言したのを聞いて職場で椅子から落ちそうになったことを思い出します。

あと微積分を使った物理は、大学受験では禁じ手です。
しかし物理法則を本質的に理解するのに微積分無しには不可能なことです。単振動は二階微分方程式の解ですから。
今は予備校でしか生徒はこの微積物理に接することができません。あ、東進の先生が参考書をだしてますね。ですので推薦枠の生徒が知らなくてもその生徒の落ち度ではありません。塾に通ったり、自分で参考書で勉強していた尖った生徒しか知らないのです。知ってる前提がおかしいのです。本来、高校でも微積物理をやるべきですが、数学3をマスターしている前提ですのでそこからでは間に合わないと言うことでしょう。

私は高校時代、山本義隆先生の必修物理に出会って物理に開眼しました。
数年前ヤフオクで上下巻4万で売っているのを見つけて懐かしくなり落札しました。独学で読破した青春の思い出です。私の人生を変えた一冊になりました。そう言うことが東京にはいくらでも転がっているのです。探しに行かなくてもそこにある。

よく知らずに子供達を鶴丸に行かせましたが人生レベルの誤算でした。二度と関わるつもりは無いのでどうでもいい事なのですが、ここ限定の世界観で自分が劣っていると勘違いする生徒がこれからもたくさんいると思うと黙っておれませんでした。
子供達は今は希望の大学に進学して幸せになりました。年月が経ってもう笑って話せますが、子供達から微笑みを奪い、さらになんの成果も無いこのシステムを私は許せませんね。納税者ですからこのくらいのことは言わせてもらいます。子供達によると私は執念深いそうですが。
で、これを最後にここから去ります。

鶴丸高校合格が在校生の皆さんの人生のピークにならぬ様祈ります。それこそつまらぬことです。

内緒さん@卒業生 [ 2019/03/24(日) ]
東大(理系)と地方国立医学部の違いを簡単に例えると、最難関中学入試(灘、神女など)と公立高校入試の違いみたいなものだね。両方とも相当ながり勉で突破することは可能やけど、極少数の高IQの人間なら前者の方が大分楽に感じると思う。しかし、大多数のがり勉人間にとって前者は後者よりもかなり高い壁に感じると思う。理由は単純で数学(または算数)の難易度の違いやね。本当に賢い人間が短期間に教科書と過去問演習程度で東大数学4完以上解ける一方で、凡人は3年間膨大な時間を費やして、青チャや新数学演習などの問題集をこなしたのにもかかわらず、数学は2完2半程度が精々で理科と英語で勝負するしかない。もちろんそれだけがり勉すれば、地方国立の数学なら(一部の単科医大を除く)普通に9割以上取れるのだが。
BJ@一般人 [ 2019/03/24(日) ]
認めるね。理3相手の問題で、常に完璧な解答を出していたのがラサールの同級生で、ラサール時代首席を貫き、理3に現役合格された前村君だった。今は長崎大学の循環器内科の教授を務めておられる。僕は彼に負けたくなくて寮生として猛勉強を続けていたが、数学だけはどうにもならなかった。進学校の理系で学んで思うのはともに学んでいて頭の出来不出来がはっきりしている。頭脳にもいろんな役割があることは医学解剖学的にも知られていることなので。だが二人の娘の勉強を傍ら見ていながら自分の考えに少し疑問を持つようになった。それは二人とも自分よりも難関の数学を得意そうに時間をかけずに解き続けているからだ。(お前たち、そんなに数字が好きなのか?)笑顔でうなづく手品師のような二人について妻が話してくれた。(どうやら進学塾の数学の先生が優れた人らしいですよ。教室からは何人も東大や京大に生徒さんを合格させておられるそうですから。)やがて娘たちもそれぞれの大学受験を戦うことになり妻の語る意味がわかってきた。
福岡市の進学校の優等生のみを集めたその精鋭クラスからは東大と京大の受験者は全員合格していた。ところが驚いたのは国立医学部に合格していたのは上の娘の場合は娘がひとりだけだったことだ。センターでは、ほぼ全員が9割前後の点数を獲得しており二次に対する条件は全員がほぼ等しかったと記憶している。妻は話した。(これは私の邪推ですけれど、あの塾の理数科の先生方は東大や京大理学部を大学院までいかれた最優秀な方々だったそうですよ。おそらく二次試験に対しても数学の手習いは最高レベルだったんじゃないでしょうか?国立医学部の二次は小論文面接などでわけのわからん就職試験のような内容だったので生徒さんの実力が十分に生かされなかったのかも知れませんね。面接では実力よりもはったりのほうが効くことがあります。ああ見えても彼女は貴方に似て気が強いですから。)
世の中に天才はさほど多くはおられるはずはないが、天才が教育すれば天才になれずとも凡人より少しはマシになれるようだ。ショパンの曲は誰も作曲出来ないが、ショパンは多くのピアニストが演奏できるのと同じでね。
内緒さん@卒業生 [ 2019/03/24(日) ]
BJ氏(ラサール卒がこの掲示板におられるのに驚いたが笑)の投稿に対し思うことがあるので言わせもらう。初めに貴方が上記でおっしゃりたい事は『鷹が育てれば、蛙も鷹に成りうる』という事だと思うが、私の様な凡人には『鷹が鷹を産み、鷹が育て、当然鷹になった』と解釈してならない。投稿内容から察するに、貴方はラサール全盛期の年代だと思う。当時のラサールは日能研中学偏差値で70を記録しており、これは開成中学と同等である。その最難関(中学入試はIQが重要であり東大入試より難関)を突破した貴方はまさに『鷹』であり『蛙』の我々鶴丸とは異なる。自己評価は自分の所属している集団内での相対評価で形成されていくものだと思うので、異次元の環境で育った貴方の自身への評価と世間一般のそれとの間に、大きな乖離があるのは当然なのかもしれないが。二つ目は『蛙も鷹に成りうる』とした場合、貴方の御息女が通われた様な塾が鹿児島に存在するのか?若しくはその様なハイレベルな教員を鶴丸に配属することが可能なのか?という事なのだか、現実的にかなり難しい気がしてならない。

BJ@一般人 [ 2019/04/04(木) ]
鶴丸卒のベテラン先生へ

ラサール中の試験に一度目落ちたとき何ともいえぬ悔しさと涙がこみ上げました。夏の追試験で合格するのは補欠のような意味があり、感無量ではありましたが心の底から喜べる気持ちにはなれませんでした。どうやら貴殿と僕は、どこか似た性質があるのかも知れません。

80年代と90年代の国立大学入試のシステム上の一番大きな違いは、学費が高騰したこと、法人化への移行に合わせて推薦入試(AO入試を含む)が横行したことだと僕は考えております。
ちなみに自分が80年に九大医学部に入学したときの学費は年間18万円でしたからね。あの頃、日本のどの国立医学部にも推薦はありませんでした。

今年自分の娘や、知人や友人たちの優秀な子供さんたちがどのような進路を得たか、つたない
情報ですが今後の受験のあり方を論じるうえで参考にはなると思いますので書かせていただきます。

父親 娘
自分 80年代九大医学部 地方国立医学部
得点8割9分 センター9割

友人 80年代九大法学部 息子
得点8割2分 防衛医大医学部
センター9割2分

友人 80年代鹿大医学部 息子
得点8割5分 一浪して国立医学部
センター8割8分

友人 シングルマザー 息子
生活保護 国立大学理学部
センター9割

自分の独断と偏見ですが、80年代、90年代、
2000年代 2010年代と比較すると,どう考えても経済的に優位な御家庭ほど難関と呼ばれる大学学部に合格入学しやすい環境が全国的に生まれ育っているようにしか自分には考えられないのです。防衛医大や自治医大は、僕らの時代であれば、ど貧民家庭の質実剛健優秀な子供さんが進学するための大学というイメージがありましたが、今は中流家庭以上の御子息令嬢が入る大学に変化しています。ちなみに今の時代はど貧民は医学部へはほとんど行けないような時代だと思います。

ちなみに僕の親父は自転車小売店を営んでおり
年収180万円ほど、鹿児島市には100円ラーメン
のりいち、というお店がありますが、あそこの
息子さんも僕レベルの貧乏家庭のラサールの奨学金同級生ですが、東大医学部に現役進学されています。あの時代は、ど貧民でも努力さえすれば最難関へ行ける時代だったですよね。

BJ@一般人 [ 2019/04/04(木) ]
上記一部、投稿記載が失敗しましたので、その部分を変更します。

自分

父親 、80年代九大医学部 、得点8割9分

娘、地方国立医学部、センター9割

友人、80年代九大法学部 、得点8割2分

息子、防衛医大医学部、センター9割2分

友人、 80年代鹿大医学部、 得点8割5分

息子、一浪して国立医学部、センター8割8分

友人 、シングルマザー 、生活保護

息子、 国立大学理学部、センター9割
内緒さん@一般人 [ 2019/04/26(金) ]
だから何?学校関係者が見るわけないだろ
塾とか予備校、卒業生のデータやサンプルが随時見れるから
こんなしょぼい内容見てなんも足しにならんだろ
BJ@一般人 [ 2019/04/26(金) ]
統計とは全然関係はないが主観的な事実だということだ。塾や予備校が正確なデータを出しているから確かに僕が書く必要はないけどね。
一人ひとりの個人が、どのような経過を辿ったかを見るというのはその時代背景を含めて大事なことでね。総合データの分析も大事だが、個人の成功あるいは失敗の理由を冷静に考えるのも同じくらい大事だと思うね。
医者が個人を見ずにエビデンスばかり見て治療にあたるのは危険なのと同じことさ。
BJ@一般人 [ 2019/04/26(金) ]
ちなみに僕が問題としているのはシングルマザーのもとで育った、進学校のある優等生の受験に関する事実のことだ。下の娘の同級生だが、塾や予備校に行かずも国立医学部に行ける成績を独学で維持していた。娘に言わせれば(破格の天才少年)とのことだが、進路指導の先生方は何とかして国立医学部を受験させようと懸命に御努力をされていたそうだが、お母様も御本人も家庭の御事情をかんがみ理工学部に進学されたとのことであった。幼い頃からの娘の同級生であっただけに、かつては自分も同じような環境で育っただけに胸が痛くなるような気がした。医師の子として何不自由ない環境で医学部にいくまで勉学できる二人の娘たちは極楽のような環境だと複雑な気持ちなのさ。名は伏せるが自分が所属している福岡市の政治団体を通して自分も何度か国立大学の学費については仲間たちと値下げについての話し合いを政府に持ちかけたことがある。だがいずれも門前払いだったね。今の資本家らや自由民主党の圧倒的な強さの前には、野党の組合組織など飛んで火に入る虫に過ぎないようだ。御存知と思うが福岡県は今度の知事選で政府と県連が対立したことから元自民党の県知事が半ば野党化し、その知事が大勝したことで、ずいぶんと労組の力が強くなっている。にもかかわらず文部省との交渉については教育委員会は及び腰らしく野党案であれば建設的な内容でも受けれないようだ。現実的には実力がありながら難関に進めない子供さんが少なからずいるのは確かなのだが、、、。
内緒さん@一般人 [ 2019/04/29(月) ]
医学部に行かずに理工学部に進学したのがそんなに胸が痛くなるような悲しい話なのか?
人はみんなできることなら医学部に進学したいのだと本気で思ってるのだろうか。
そうすると医者じゃない人間は、医者になりたかったけどなれなかった人たちだと言うことになるよ。
価値観がヤバすぎるよ。
内緒さん@一般人 [ 2019/05/01(水) ]
医学部だけではなく難関理工学部も同じなんじゃない。何かの資料で今の東大生の親の年収を調査したら一千万円以上が大半を占めていたという報告を読んだことがある。今の鶴丸の置かれた状況と必ずしも無関係ではないような気がする。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
一般的なことについての話題
鹿児島県民@一般人 [ 2018/10/18(木) ]
鹿児島県内では、大学名よりも高校名が学歴として重要視されている気がしています。それをふまえてあえて質問させて頂きます。1.鶴丸の県内での評価はどのようなものなのですか。鶴丸は漠然と偏差値だけで評価されてきたのでしょうか。鶴丸がこれまで鹿児島に貢献してきたことやいま求められているものは何なのでしょうか。2.高校の差別化(鶴丸・甲南・中央…)などについてどう考えますか。鹿児島はあまりに高校の学歴に固執し過ぎている気もします。この偏差値至上主義は必然なのでしょうか。
どちらか一方でも構いませんので皆さんの意見を伺いたいです。
匿名@一般人 [ 2018/10/19(金) ]
鹿児島は、高校卒業から就職する人がどこの都道府県よりも多い。
だから、最終学歴が高い所になるよう奮闘してるからじゃない?
内緒さん@卒業生 [ 2018/10/19(金) ]
高校にこだわる人が多いのは、単純に田舎で頭の古い人間が多いからです。

1.公立トップ校という位置づけですね。最近の進学実績はトップ校とは言い難い。現役合格率が上がるように、学校も指導方法を変えるべきでしょう。今年は新設校の楠隼に、東大現役合格数で負けました。

2.鶴丸・甲南・中央については偏差値輪切りでしょうが、最近は甲南の方が人気があります。正直、新大学入試にはスーパーグローバル指定校の甲南や中高一貫校の方が有利です。

本当に優秀な人は高校へのこだわりは少ないものです。鶴丸卒以外にとりえのない人ほど、いくつになっても学校名に固執します。辛口かもしれませんが、五十台になり実感していることです。
エンジェル@一般人 [ 2018/10/20(土) ]
受験ナビでは時々偉そうにしゃべらせていただいている生意気女医です。上3名の先生方の述べられているうち、、、第2ランキング(?)の甲南高校の卒業でして、鶴丸には半世紀近くもの間、ライバル意識と闘志を燃やして(?)独身で頑張ってまいりました。現在福岡市のとある病院の街医者を務めていますが、、、

高校を現役で卒業国立医学部に進学し、医師になってからも毎年自分の目標を決めて自分なりに努力してまいりましたが、、、いろんな意見はおありでしょうけれど、田舎の診療所でお仕事していても都会の大病院で研究しているときも、やはり自分が甲南を卒業した学生であることと鶴丸に(良き意味で)ライバル意識を持つことは脳裏から離れることはなく、それはそれで自分自身を勇気づけていたと思いますね。鹿児島県人が西郷大久保を誇り高く意識しているのと同じようなものだと思うのです。

高卒後、長崎県と福岡県に合わせて30年以上住んでいるのですが、長崎の人々もグラバー園やオランダおいねさんやさだまさしさんに大いなる尊敬と誇りがありますし、、、福岡市は著明な学者や芸能人があまた生まれていますので
また久留米付設や修ゆう館高校にも、鹿児島市以上のエリート意識がありまして、高校に対するこだわりは、、、どこの県もさほど違いはないなと郷土愛のひとつなのかしら、、、と最近は思うようになりましたね。

先の先生方が述べられているようにエンジェルも高校の偏差値などというのは人間の価値を決めるものではなく、進路を決めるための羅針盤のひとつに過ぎないと考えております。どの高校を卒業したかではなくその生徒さんが高校で何を学び習得し、それを大学や社会でどのように生かしていくかで決まるのだと思いますね。

とはいうものの、学生の本分が勉学である以上やはり進学校と呼ばれる学び舎への入学を許された以上は、そこで与えられた課題を着実にこなし自分が目標とする大学に(現役での)合格を目ざすのは一番大事なことだと思います。中高一貫の学び舎から難関をめざすのもよいことですが、六年教育の連中に、、、3年で追いつき追い越す努力を続けるのもまた楽しく意味のあることだと自分は考えております。

実業系、運動系の高校大学で鍛えられた経営者たちの仕事ぶりにもすさまじいまでの努力が見られ病院の経営においては、しばしば医師たちに高飛車になることもあります。経営に協力しつつも患者さんらのために医療として譲れない一線を守るのも医師の仕事ですが、こんなときに自分の心を奮い立たせてくれるのも高校から積み重ねてきた学問であり、勉学としてさまざまな関門を乗り越えたことへの自信です。

実はエンジェルも10月20日で五十路を迎えます。ここは鶴丸高校のカテゴリーですので、鶴丸の生徒さんがたへの応援のメッセージとして受け止めてくだされば幸いです。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
学校生活についての話題
内緒さん@一般人 [ 2018/10/13(土) ]
鶴丸の偏差値が高い理由って
模試慣れしてるからだろ?聞いた話、模試の直前期になると過去問題の演習しかしないと。それも10回とかえぐい回数をこなすんだろ?
また、成績不振者には模試を受けさせないって聞いた。
普通に高くなるはそんな高校は。所詮、応用なんてできないんだろ?
内緒さん@一般人 [ 2018/10/16(火) ]
模試慣れ、成績不振者に受けさせない、どちらも聞いたことない。
医学生@卒業生 [ 2018/10/18(木) ]
少なくとも私が在学していた数年前までは、そのような事実はありませんでした。模試はその時点での実力をはかるために受けるもので、皆たいして特別な対策をしていなかったように思います。そもそも学校としてはセンター演習でさえギリギリまで行いません。鶴丸が県内で上位校としての評価を受けてきたのは、3年間を通して不断の努力を重ねる生徒が多い結果ではないでしょうか。努力する者を讃え目標とする風潮が学校全体に根付いています。
内緒さん@一般人 [ 2019/01/29(火) ]
誰に聞いたのでしょうか?
そんな事実はありません。
鶴丸に入学もしないで憶測で言わないようにしましょう。

↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
一般的なことについての話題
内緒さん@一般人 [ 2018/05/03(木) ]
トップクラス校の同世代を母集団に想定した平均偏差値は以下の通り
筑駒77.30 灘77.22 開成75.14 東大寺74.80 甲陽74.74
桜蔭74.51 駒東74.05 附設73.80 聖光73.32 栄光72.98
麻布72.34 ラサール72.61 星光72.53
鶴丸67.18
==========
上位大学のボーダーと入学者平均偏差値
東大理三:82(入学者平均84.5)
京大医:80(入学者平均82)
東大:74.5(入学者平均78)
京大:72(入学者平均74.5)
一橋:72.5(入学者平均74)
東工大:70.5(入学者平均72.5)
阪大:69.5(入学者平均71)
名大:68(入学者平均69.5)
東北大、神戸大:67.5(入学者平均は東北大69.5、神戸大69)
九大:67(入学者平均69)
慶応大、北大:66.5(入学者平均68.5)
早大、茶女大:66(入学者平均68)
==========
ラ・サールの真ん中で京大の合格ラインギリギリ、鶴丸の真ん中でほぼ九大のボーダーとなる。
修猷館あたりと違い、校内で真ん中付近の人は無理に九大に執着せず広大などに志望変更する人が多い。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
進路についての話題
内緒さん@一般人 [ 2018/05/03(木) ]
学校HPで進路状況が未だに更新されないのはなぜですか?
人生適当@一般人 [ 2018/05/05(土) ]
楠隼高校に進学実績負けて、オワコン説。
現に入学説明会で、医学部や東大京大志望は塾行って、浪人しろだって(要約したらな)。
もう適当になって、遊び呆けてる学生が多いからでは?
内緒さん@一般人 [ 2018/05/05(土) ]
↑どう要約しても、塾行って浪人しろなどとは言っていませんでしたよ。
合格者集合でも、鶴丸は4年生高校とか浪人を勧めているとか言っている人がいますが、全くそんなことはありません!と断言していました。
叩くだけではなく、もう少しあたたかく見守っていただけると嬉しいです。
内緒さん@一般人 [ 2018/05/05(土) ]
学校側の説明と進路実績、卒業生や在校生とその保護者の生の声を聞けば、そう言ってると受け取れる訳です。
内緒さん@一般人 [ 2018/05/08(火) ]
今年は国公立医学部医学科33人 現役合格14人

鹿児島大29人、大阪大1人、広島大1人、九大1人など

医学科の結果は例年より良いと思います。鹿児島大に関しては地域枠があるので、学力の判断材料としては最大5名マイナスで考えた方がいいでしょう。下のレスで校内偏差値50位で鹿児島大医に合格とありましたが、地域枠なら学力はその程度で充分です。
内緒さん@一般人 [ 2018/05/10(木) ]
三年の普通高校で国立医学科現役14名は健闘してますよ。医学科の平均合格率は7%といわれてますし、多浪生や中高一貫上位の生徒と競うわけですから。
↑の方がいわれている様に、地域枠に関しては別です。各大学の工学部レベルの学力があれば、あとは面接で決まります。
内緒さん@卒業生 [ 2018/06/24(日) ]
医学科合格者・平均三浪のご時世に、これだけ現役合格できるのは結構頑張ってますよ。中高一貫校は数学の進度も一年くらい早いですからね。おまけに塾に行ってる生徒も多いです。

ただ、かなり医師過剰になるので2022年からは定員が減っていくそうですよ。
内緒さん@一般人 [ 2018/07/26(木) ]
他県との比較ツールとしては用いることができないほとんど地元医学部の合格者数を引き合いに出されても、否定も肯定もできないわな。
内緒さん@卒業生 [ 2018/10/03(水) ]
浪人を勧めている訳ではないでしょうね。
結果的に浪人せざるを得ないだけで。
内緒さん@卒業生 [ 2018/10/13(土) ]
頭いい公立高校ほど大学進学は難しい。
公立だから授業プログラムに従わないといけないから、自分のしたい勉強ができない。
私立やバカな高校で単位とって独学で大学進学をオススメするよ。
俺卒業生だけど、浪人したし友達とも仲良くなかったから、何のための高校生活だったんだろうなって思ってる。
一年間勉強やり直して、独学で偏差値8は上がった。やっぱり行かない方が正解だな。
内緒さん@一般人 [ 2018/11/15(木) ]
今年のはろばろとが来たけど、進路状況のところには去年のデータが記載されてる。大学入試の総評も昨年、つまり平成29年春の入試について書かれてる。それ何の意味があるの?
もうその入試で合格した生徒は大学2回生の後半に入っとるよ。

やっぱりどうかしてるな。この学校は。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
一般的なことについての話題
内緒さん@一般人 [ 2018/04/29(日) ]
鶴丸の凋落は止まりますか?
[ 15件 ]の回答が省略されています。(全て表示
1990年代後半@卒業生 [ 2018/09/13(木) ]
上記補足します。
・○いめい、○児島高校特進クラスなどの合格者 → 特進クラス(英数科など)の”特待生”合格者、です。

鶴丸では当時、上記の特進クラスを併願し普通合格(特待生ではない)は、多数でしたので。
内緒さん@一般人 [ 2018/09/15(土) ]
結局は生徒の質の問題という話になるようだけど、おそらく間違いなく教師の質の問題。

基礎をバカにしているので一年から難関大学の入試問題を定期テストで解かせる。全く意味がないどころか逆効果。親もバカだから、一年生から東大の問題を学ぶ素晴らしい学校である、やる気の無い生徒の愚痴は聞かないよ、とこう来る。でも東大の問題をいくら解いても東大の問題が解けるようには全然ならないんだよねえ。基礎を高いレベルで示してあげれば、生徒は勝手に伸びていくものだよ。
ここは低レベル教師の過干渉。あるべきはハイレベル教師の不干渉。
逆なんだよなあ。

1990年代後半@卒業生 [ 2018/09/18(火) ]
>基礎をバカにしているので
おそらく、、、ですが、大抵の生徒が高校入学時に初学時に躓くのが、英語数学だと思います。私が在籍当時の数学の授業ですが、「基礎は自宅で読んできておいて。重要な例題は授業で取り扱います。」が基本的な学習スタイルで、あとは教科書の併用問題集でひたすら演習問題を解かせて、授業中に指名して板書させ、教員が回答を示す。という形で進行していました。定期考査はこの中から少し問題を捻ったものが出題され、実力考査は全く別次元でした。英語に関しては、何故か「暗記が中心」でした。600選はまず構文自体を暗記。教科書のリーディングが中心で時々、併用の文法系の問題集を解かされ、穴埋め問題の対策をおこなう。ヒアリングに関しては、ほぼセンター対策が始まるまではありませんでした。定期考査は、基本的に教科書の文脈理解と単語、イディオムの穴埋め。他表現への置き換えが基本で、実力考査はひたすら長文読解でした。
鶴丸は、”基礎”に関しては昔から「あまり時間を割かない、生徒の自主学習」が基本的な学習スタイルです。おそらく、基礎について”どれほど時間を掛けて重み付けするか”、は教員の裁量や経験値に依存していた気がします。なので、学習方法については「科学的な取り組みは確立していなかった」印象があります。
※これらに関して、個人的にできる改善策は別で書こうと思います。ありきたりの方法かもしれませんが。
したがって、初学で躓くとその生徒は、まず、定期考査を乗り切るために、数学英語の授業での取り扱い問題について、理解学習よりも先に「暗記学習が中心」となります。理解よりも暗記が先んじると、人の器にも容量の限界はありますから、「暗記が追いつかなくなる」というスパイラルに陥っていく傾向がありました。ドミノ倒しの板が前後関連付けされて順番に倒れていくのではなく、一枚一枚倒していかなければならないイメージです。
1年生の中間考査あたりにこの傾向が顕著になると、間違った学習スタイルが確立されるため、残りの2年間の学習が相当困難になります。
また、この時期にクラス編成とは別に数学英語に関しては、習熟度別に授業編成されるため、学習スタイルの見直しと合せて上位クラスへの移動を頑張らないと、長期休暇(夏季休暇や冬期休暇)の補習授業で1時間多めに補講を受けなければならず、部活動やプライベートな活動に相応の支障を来たすことになります。したがって、良かれと思い学校側が実施した中下層引き上げ策も生徒自身の生活バランスを考えると、もなかなか功をなすことはなかった記憶があります。というのも、その方法は、「学習方法による解決ではなく、時間と量を裁くことでの解決」にしかなっていないからです。おそらく、この方法論について、科学的な手法がとられているのが「予備校での教育」なのかもしれません。
当面、鶴丸の場合、教育委員会の意向や影響も大きく刷新や改革に関しては、相当の時間を要するかもしれませんので、その中で唯一学校側が主体的に取れる方法としたら、「長期休暇中の補修は止める」ことではないかと思います。若しくは希望制にする。鶴丸くらいに進学する生徒は、自分の弱点補強に何が必要かは、主体的に判断できるはずです。この長期休暇中に学校以外の学習の場(予備校や英語の専修学校の利用など)を活用できるチャンスは与えてやるべきだ、と自分の経験からは感じています。実際に東京の都立(日比谷、青山、西など)の生徒はそういった学習機会を活用しています。因みにですが、都立では部活動も週3日制をとっている学校もあります。土日の練習は必要に応じて判断し、実施しているようです。都立と鶴丸の大きな違いは「学校生活における柔軟性」と感じています。
1990年代後半@卒業生 [ 2018/09/19(水) ]
以下、入学直後にスムーズな発進(調子を掴む)を促すスタートアップ対策です。
私は入学直後のスタートアップが上手くいけば、高校3年間も上手くいくと考えています。
なお、時間や生活変化、入試制度改革などに合わせて見直すこともお勧めします。

国語力を鍛える。
→ 高校からの学習では問題・出題の意図をハッキリと認識しなければ、解答を導き出せません(問題・出題の言い回しや表現が難しくなります)。実際に数学の出題において、「問題の”意味”がわからない」といった声が聞かれ始めます。入試は語学以外の試験では、日本語でしか出題されません。しっかりと出題の意味を認識できる国語力を身につけることが大切です。
日常の空いた時間に多少難しい内容の本を読むことをお勧めします(岩波文庫、新書などお勧めします、鶴丸では発展学習で読まされる書籍もあります)。慣習化すれば、入試レベルの出題文章といった一般的な文章を易しく感じるようになります。

数学英語の学習を重点的に。
※私の在籍時の経験では、鶴丸での学校生活でまず躓く生徒の多くの傾向は、数学英語で学習障害が出ることです。これらでまず習熟度別に授業クラスが再編成された(現在も同じ?)のも記載したとおりです。
→ 国公立&私立どちらの受験にも共通科目であり、受験の持ち駒が優位になります。
可能な限り頑張って、早期に捨て科目にならないようにしましょう。
数学英語、理科系以外の科目は、基本的に暗記中心であり、思考力が期待できなくなります。暗記力には限界があります(正確に記憶しなければ解答がままならない)。思考系は伸び代が期待できる分、得点力に繋がる可能性が大きいです。

・センター試験での得点力を意識する。
→ 鶴丸の学習は早期から2次対策重視です。1年生の頃からこちらへの学習に比重が置かれます。ただし、受験の基本はセンター(共通)試験の得点力です。センター得点力(基礎力)軽視では、まず二次試験の得点は期待できません。常に3年間、センター試験の得点力を意識して下さい。私大(早慶など難関大学含む)のセンター受験も可能です。早々にセンター試験の受験は諦めないでください。
1990年代後半@卒業生 [ 2018/09/19(水) ]
つづき↓

・課外活動の取り組み。
→ 部活、個人的な習い事などは必ず多面的な成長に繋がります。成績不良や教員からの指摘を理由にそれらの取り組みを控えるようなことはやらないでください。
もし、取り組むことで相応の実績も上げたいなら、学校外で専門の指導を受けることをお勧めします。

・土日どちらかは半日若しくは終日オフ。
→ 受験は長丁場です。必ず精神的にリラックスできる時間を設けることをお勧めします(習い事、ペットと遊ぶ、家族団欒、友人と出かけるなど)。
ただし、息抜きにアルバイトはお勧めしません。

・学校以外の教育機関を積極的に利用する。
数学に関して不安がある場合、予備校などの現役クラスの受講をお勧めします。その場合、必ず標準レベルのクラスからの受講が良いと思います。最近は公立学校以上にチューター制度が整っているようなので、相談しながら現状と習熟に併せてスケジュールを組んでみてください。
英語に関しては、予備校など受験指導機関よりも語学専修学校や会話系のスクール受講をお勧めします。語学に関しては、センスが重要です。会話の往復などで苦手意識を克服し、自然とリスニング能力を身につけることでリーディング力にも繋がります。幼児期に言語取得したのも親の発音を聞き、言い真似たことがスタートのはずです。リスニングがスタートです。こと受験に関しては、書くことから始めてしまいがち(鶴丸も書くこと中心)ですが英語=語学です。語学の学習という正攻法を取ることをお勧めします。
上記の通学は父兄の方々の経済的負担になりますが、できうる環境がある場合は是非お勧めします。
私が在籍当時、鶴丸では、夏季休暇中の補習を公欠し、海外留学する生徒に教員は難色を示していましたが、その生徒は現役で東外大に合格しました。留学経験は語学系の大学の受験にやはり有効なようです。

・どうしても比重を置き換えるなら、数学英語で。
英語はあらゆる受験に必要となります。学習比重は必ず優先して下さい。また、得意になれば将来的な就業の幅も広がります。将来投資、という意識も必要です。
・学校の課題完答は目指さない。
→ 鶴丸の教材の難易度は高いです。標準レベルの教科書でも発展問題中心に進行します。
あわせて、教員作成のオリジナル問題集もあります(基礎力は付き難いと思います)。
これらは難関大学の受験を意識して編成されています。そのため、初学で太刀打ちできず戸惑うこともあるかと思いますが、無駄に時間を掛けて完答し、授業に備えなくても良いです。正直、解答に時間が掛かった部分で受験では負けですので。どちらに重きを置くかの判断ですが、常に標準レベル&センター試験レベルです。難問、奇問は受験準備時期に本格的に突入したとき、それまで貯めてきた基礎力で解答できれば十分です(部分点でも充分)。

・あなたは東大を目指しているのですか?という問い掛けを。
→ 鶴丸に入学した限り目標とせざるを得ない人もいるでしょう。ただし、自身の学力としっかり向き合い、現実的な対策を常に立ち止まりながら取ることをお勧めします。
高校生活を東大(難関大学)合格の部分満足に目標設定するのではなく、課外活動も含めた全体のバランス構成で臨むことをお勧めします。人生は受験以上に長丁場です。ひょっとしたら受験以外の取り組みがあなた自身に思いがけない受益をもたらす可能性もあるのです(勿論、東大が射程に収まりそうな可能性がある場合、短期間、そちらに注力するのは充分あり、です)。

因みに私は浪人反対派、です。
1990年代後半@卒業生 [ 2018/09/20(木) ]
改めて日比谷高校HPの直近の合格実績を拝見すると圧巻ですね。現浪もきちんと仕分けてる、海外の大学へも進学しているetc.進学指導内容も細かく記載されていますね。数学など傍用問題集の利用など鶴丸とも類似していますが、授業の進め方や構成内容など興味がわきますね。補習、補講があるのも同じ。具体的に何が違うのか、教員や生徒が短期交換留学できると良いかもしれないですね。1学年あたりの生徒数は鶴丸より少ないので、きめ細かく指導ができるのかもしれません。
内緒さん@一般人 [ 2018/09/20(木) ]
!!国語を強化したらダメですよ。国語を論理と言うなら正しいでしょう。国語力ではなく論理力です。学校の国語には文芸的要素があり、これは論理とは対極にあります。論理的な文章をきちんと理解し、論理的に反論するということなら大賛成なんですがね。問題はどうもこの学校と言うか鹿児島の国語教師の中にハルキスト的傾向が強く見られことです。公立高校の入試問題の長文がハルキストで有名な作家の作品であったこともあり、このような世界観が国語科の教師の中にあると、やればやるほど論理的思考力から離れていくと思います。だって、受けるのは高校生ですよ。論理と非論理、論説と文芸を上手に切り替えるのは困難でしょう。まずいことにすでに鶴丸高校は国語に重きを置く高校であると公言しています。村上春樹を理解できない人間はセンスがない、と言う風潮がありますので、誰も異を唱えられないのではないでしょうか。まるで裸の王様です。
東大入試は知識より論理的思考力を試されるので、このような教育は全く逆効果です
。ですので基礎と論理的思考力を軽視するこの学校に、少なくとも東大合格者数に関しては未来は無いと思います。
信じた人ほど遠ざかる。でも生徒に罪はない。
ここで生徒の資質の問題と言う人達は間接的にこの状況を後押ししていると思います。
内緒さん@一般人 [ 2018/09/21(金) ]
県外の某全国系有名予備校の講師が、名前を上げて、鹿児島に鶴丸高校というトンチンカンな学校があります、と公言しているという事実は最後に述べさせてもらっておきます。もっと楽に、学校生活も受験もクリアできるんですよ、本当は。
第一志望にはほとんど行けない。そして自己評価を不必要に下げて残りの人生を歩く人が多いのです。
鶴丸高校合格が人生のピークにならぬよう祈ります。
内緒さん@卒業生 [ 2018/09/23(日) ]
「九州財界」(だったかな?)の今月号に昴の西村社長の意見が出てました。内容は、校名こそ挙げてなかったのですが、4年生高校が県内の進学校にあって、それが県全体に悪い影響を与えているとのこと。なぜ、西村社長がこのことを言っているのかですが、鹿児島県は圧倒的に現役進学率が落ちてきている。たしか、ワースト2が北海道でそれでも確かー1%位、鹿児島はー6%位だっと思います。これは、多くの親の現役合格の希望とかけ離れてると言っていました。

地元の大手塾の社長ですから傾聴すべき意見なんだと思いますし、何よりも彼女は鶴丸のOGなんですね・・。非常に考えさせる記事でした。
たしかに、最上位層が減りつつある現在、学校側も浪人してでも難関大学という方針または校風は考える時期にきているのかもしれません。上の方が言われるように教師または学校のやり方でこれは克服できるのか、あるいは生徒の学力に応じた現実路線に転換したほうがいいのか・・。
1990年代後半@卒業生 [ 2018/09/25(火) ]
私は一浪後の進学からずっと東京で生活していますが、こちらはごく普通レベルの高校から早慶など難関私大も抵抗なく受験します。ある意味、高校までの偏差値は意識的にリセットしている感じです(普通レベルでマーチクラスの推薦枠もあります。首都圏内の生徒は確実に進学してくれるという大学側の期待もあるのでしょう)。塾通いも普通にしています。私大についても定員厳格化でニットウコマセンレベルでも難化傾向が出始めています。元々、鶴丸は早慶上智の現役合格者は少ないです(1〜2名は推薦合格、東大受験者などの併願合格も含まれている)。今は景気は人手不足もあり売り手市場ですが低迷するとそれなりの大学を出てないと入り口で厳しくなります。私は第二次ベビーブーマーで大学も中堅以下だったので就活も苦労しました。私の世代は中高年ニートも多い世代です。高校進学以降は、将来に影響が大きいイベントが続きますので相応な対策が本人も必要ですね。
内緒さん@一般人 [ 2018/09/25(火) ]
健康的にのびのびと育ってきた当たり前の人間ほど、それまでの自分の経験のみから導かれた世界観から抜け出すのは難しい。それは生まれつき才能が無いという事とは無関係です。
人類は観測事実がそれまでの宗教的世界観では論理的には説明できないことから、科学を生み新しい法則を見つけてきましたし、地動説も相対論も量子力学も、もとは常識を疑う冷徹な論理から生まれた仮説だったのが、今や人類共通の知となりました。哲学だって当たり前とされていることをとことん疑うことから始まったと思います。
それは個人でも同じ事で、おぎゃあと生まれてこの自然豊かな鹿児島の地でのびのびと育った子供が、その様な知性を個人として内在させているはずはないし、最初一人でそれが上手にできないから能力がないなどと言うのはあまりに乱暴な話です。
数学なら自然数から複素数まで、人類が何千年もかけて受け入れてきた歴史を生徒個人がたどるわけで、そこで強烈な葛藤があったからと言って能力が低いなんてことはまったくありません。オイラーやガウスなら話は別でしょうけど。
豊かな情緒的世界で育ってきた子供達に、その非常な論理の世界への橋渡しをすることが進学校の役割でしょう。

基礎から論理をツールとして膨大な学問の体系が形成されていることを理解する事が最重要です。その事を理解するためにのみ高校での問題演習があると言っていいと思う。
東大入試はまさにそれを測っている。
内緒さん@卒業生 [ 2018/10/03(水) ]
鶴丸は来年は復活するでしょう。
なんてったって、東大現役合格1人ですから、これ以上下がったら「ゼロ」しかない。
1人が2人になるか、3人になるか、5人になるかもしれませんが、
普通の都道府県のトップ校で言えば誤差のレベルで上向くはずです。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
進路についての話題
高校浪人者は語る@一般人 [ 2018/03/25(日) ]
楠隼に東大合格者率負けてね?あっちは開校して間もないはずだが?これからは楠隼の時代だな
内緒さん@卒業生 [ 2018/03/25(日) ]
楠隼の学習環境はかなり恵まれています。もちろん教員・生徒の頑張りあっての実績です。

夜間学習の指導者は教員とは別にいますし、希望者は予備校の指導も受けられるそうです。高校2年全員、海外大学での研修も受けられます。全寮制の大変さはありますが、勉強したい子にはこれ以上ない位の環境です。

これだけの環境を今の鶴丸生に与えられたら、どれだけ伸びることだろうと思うこともありますよ。
内緒さん@一般人 [ 2018/03/25(日) ]
三年前の入学時の偏差値は鶴丸の方がずっと上でしょうから、入学後の指導で明暗が分かれたという事なんでしょうね。
内緒さん@卒業生 [ 2018/03/27(火) ]
楠隼に優秀な教員を集めてるという話も聞きます。いい環境と優秀な指導者に恵まれたら、高校入学時の成績なんてそれほど関係ないんでしょうね。鶴丸も指導方法を変える時期なんだと思いますよ。
内緒さん@一般人 [ 2018/03/29(木) ]
鶴丸はこれまでも、3年間では学力をつけられず、大量の浪人を出し、浪人した卒業生は、予備校で力をつけ大学合格を果たしていた❗これまでの鶴丸の合格実績は、予備校の実績である。かつての鶴丸は、東大現役合格が6割を占めていたのに、ここ20年近く鶴丸から東大現役合格は、極わずか‼東京都内の公立高校は、3年間だけで大量の現役合格を果たしている。この差を鶴丸の教員はどう受け止めているのか?自分たちの力の無さを謙虚に反省して、精神主義、根性主義で効率の悪い今の鶴丸の指導方法を根本的に変えないと、今後も凋落し続け、進学校の体を無さなくなるだろう‼鶴丸の再生を切に望む!
内緒さん@卒業生 [ 2018/03/30(金) ]
センター試験があと二年で終わったら、もっと実績が悪くなるんじゃないかと危惧しております。
今よりも応用力が必要になり、学外体験も重要視されるようになります。はっきり言って、新入試は中高一貫校の方が有利でしょう。
鶴丸が県内トップ校の立場を維持するために何が必要なのか、早急に検討すべきです。
内緒さん@卒業生 [ 2018/04/01(日) ]
今日の南日本新聞に出ていたが、どうして鶴丸はスーパーハイスクール校の指定を受けないんだろう。甲南や池田は、今までのスーパーハイスクール校としての実績が東大推薦入試に反映されていると思う。今のままだと鶴丸は時代の流れに合わなくなる可能性がある。
内緒さん@一般人 [ 2018/04/02(月) ]
今甲南が指定されているスーパーグローバルハイスクールについては、鹿児島県から鶴丸と甲南の2校が申請したと聞いています。結果は甲南が指定を受けたということのようです。
内緒さん@卒業生 [ 2018/04/04(水) ]
新大学入試は、中高一貫校やスーパーハイスクール校の方が有利です。その中で鶴丸がどうやって存在感を残していけるのか、OBとしては心配しています。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
進路についての話題
内緒さん@一般人 [ 2018/03/11(日) ]
東大7人と大惨敗。

東大
42 ラ・サール
24 久留米附設
19 修猷館
13 熊本
09 大分上野丘
07 鶴丸
[ 59件 ]の回答が省略されています。(全て表示
内緒さん@卒業生 [ 2018/04/08(日) ]
↑東大より医学科志望が増えていることは否定しませんが・・・浪人や退学・不登校の多さを考えると、鶴丸の指導方針はどうなっているのかと心配になります。
内緒さん@一般人 [ 2018/04/08(日) ]
優秀層が甲南に流れていること、鶴丸ブランドにこだわりすぎる下位層(受験強行突破組)が多いことも全体の学力低下に繋がっているのでは。
ただ、上位層はかなり優秀なことに間違いはないので、入学後の環境に問題があるのか。
現高3は優秀らしいので期待したい。
内緒さん@一般人 [ 2018/04/08(日) ]
東大は、キホン現役(7割)で入学する大学なので、現役1人(=楠隼の20分の1の確率、少数精鋭の樟南文理と同数)は、進学校としては、ほぼ落城に近い惨状だと思う。
国医シフトによる減少ではなく、純減なのが悲しいところ。
たたでさえ、中高一貫進学校とは、進度で1年のビハインドがある状況で、宅習の課題等は合格に直結する効果があるのか、逆に非効率で時間を奪っていないか、再検証の必要があろう。後者の可能性が僅かでもあれば、課題はゼロにして、生徒の自主性や予備校に委ねるのが最善の選択だろう。
前回の東大合格数一桁陥落時の翌年は、確変V字回復しており、背水の陣の来年に期待したい。
内緒さん@保護者 [ 2018/04/09(月) ]
この辺のほんとうの事情は一浪して東大に合格した連中が一番わかっているのではないだろうか。振り返った時、現役時代には足りなかったものが鶴丸に存在していたのかどうか。
ほとんど合格者がいないのに進学資料と称して理3まで目標校内偏差値が書いてあるが、どこをどうやって統計取っているのか。東大の欄はバツしかなくマルを探すのが大変。医学部イコール東大と言うが、あの資料では鹿大医は校内偏差値50台でも受かるが、東大は非医でも70で普通に落ちてる。東大現役合格数は完全ではないが他県の学校との比較において明確な指標となり得る。地元医学部進学数の方があてにならない。
内緒さん@一般人 [ 2018/04/09(月) ]
大変有益な情報をありがとうございます。

「鹿大医は校内偏差値50台でも受かる」→これは鹿大医・地域枠でしょうね。鹿大医・一般入試は鶴丸の学年一桁でも現役では難しいそうです。実際、地域枠はセンター7割程度でも合格者がいます。鹿大の工学部や理学部レベルです。

上の方がおっしゃるように、県内の高校の鹿大医合格者数は必ずしも学力を反映しないということですね。
内緒さん@保護者 [ 2018/04/09(月) ]
もう捨ててしまったけど、過去数年間、地域枠なら50台ではなく、50前半でも合格していた記憶があります。一桁でも難しいと言うのは間違いだと思います。これは事実ですので、ああ言えばこう言うの医学部上げは無用に願います。
内緒さん@卒業生 [ 2018/04/09(月) ]
地域枠なら医学部もわりと簡単ということですかね。
内緒さん@卒業生 [ 2018/04/09(月) ]
地域枠じゃなくて一般入試で医学部を目指すならラ・サールか志學館がいいと思いますよ。中高一貫じゃないと現役二次試験の数3が間に合わないです。
内緒さん@一般人 [ 2018/04/11(水) ]
鹿大医・一般入試の現役合格はラサで学年40〜50位かな。自分たちの頃は、ラサの最下層が鹿大医を受けて合格してたから隔世の感がある。
内緒さん@一般人 [ 2018/04/16(月) ]
大学受験だけなら鶴丸行かずに高等予備校に3年通って大検受けた方がマシ。その場合大学行かないと中卒になってしまうが。高校は受験だけのために行くところではない、と言う意見には賛成だが、その受験以外のものが鶴丸にあるかと言われたら、これが無いんだよなあ。
内緒さん@一般人 [ 2018/05/29(火) ]
がんばれ鶴丸。もう一度、進学校として復活してほしいです。残念ながら、今の実績では進学校とは言えないです。
内緒さん@一般人 [ 2018/06/13(水) ]
難関大や国立医学科は中高一貫でないと、現役合格は無理。国立広島大学の近くに県立広島中高と新しい県立一貫校があって、そこは、今年東大8名合格している。
そのうち、現役は7名(男2、女5)。
一期生から、東大3京大9阪大16を叩き出しており、東大10もそろそろ現実味を帯びてきている。

↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
高校受験についての話題
内緒さん@中学生 [ 2017/03/24(金) ]
鶴丸高校の首席の生徒はどのくらいの偏差値なのでしょうか?

回答よろしくお願いします。
せれ@卒業生 [ 2017/09/23(土) ]
校内偏差値で90はきらないです。
センター得点98%でt大に行ったようです。
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合
高校受験についての話題
内緒さん@中学生 [ 2017/03/07(火) ]
中2です。
この前のテストで、偏差値62でした。
今までで最高の偏差値は69です。

頑張れば、鶴丸合格目指せるレベルでしょうか?
↑ この話題にコメントする。
名前:

新しく質問する場合

[ 検索結果の続きを表示 ]

[ 全て ] [ 受験 ] [ 生活 ] [ 部活 ] [ 進路 ] [ 学費 ] [ その他 ]
質問テーマを限定して表示
[ 全て ] [ 受験 ] [ 生活 ] [ 部活 ] [ 進路 ] [ 学費 ] [ その他 ]

[ 検索結果の続きを表示 ]

鶴丸高校の情報
名称 鶴丸
かな つるまる
国公私立 公立
共学・別学  共学
偏差値 72
郵便番号 890-0042
住所 鹿児島県 鹿児島市 薬師2-1-1
最寄駅 0.6km 鹿児島中央駅 / 指宿枕崎線
0.6km 鹿児島中央駅 / 九州新幹線
0.6km 鹿児島中央駅 / 鹿児島線
電話 099-251-7387
公式サイト 学校公式サイト
Copyright (C) 2006- 高校受験ナビ All rights reserved